ゴッホの名作「夜のカフェテラス(Van Gogh Cafe)」の舞台と「フォルム広場(Place du Foru)」- アルル旅行

April 16, 2015

フォルム広場(Place du Foru)・Van Gogh Cafe(夜のカフェテラス)
アルル|フォルム広場(Place du Foru)・Van Gogh Cafe(夜のカフェテラス)

「フォルム広場(Place du Foru)」は、神殿の二本柱の遺構が、ホテルの壁面に残る紀元前20年代頃に建造された古代ローマ時代の公共広場跡です(広場の場所と広さは当時とは違います)。
このフォルムと地下にある「地下回廊」がセットとなって、世界遺産「アルルのローマ遺跡とロマネスク様式建造物群」の一部として登録されています。

2014〜2015年年越しヨーロッパ旅行(18泊21日+おまけ)シリーズ
今回は「フォルム広場(Place du Foru)・Van Gogh Cafe(夜のカフェテラス)」です。


レピュプリック広場と違ってこの広場には人がいませんが、周りにある数件のカフェには人がいっぱいました。

そして、この広場の左側にあるお店が 「Van Gogh Cafe」。
アルルの観光スポットの一つです。



ゴッホ「夜のカフェテラス」の世界



Van Gogh Cafe(夜のカフェテラス)
Van Gogh Cafe
ゴッホの「夜のカフェテラス(Terrasse du café le soir)」で有名なカフェ。
外は寒いですが、この黄色い光が暖かくみえます。
この時間は営業中ですが。。。このお店は閑散としており
お客さんは写真手前にある、お隣のお店のテラスにいます。。。
お店は閑散としていますが、この雰囲気を感じられるだけでも、アルルに来た甲斐があったと思いました。

昼間も何度かお店の前を通りましたが、やはりゴッホが「夜のカフェテラス」として、あえて「夜」の様子を描いたことからもわかるように、夜のライトが灯ったカフェの雰囲気が良かったです。

この後、アルルの2ツ星レストラン「アトリエ・ド・ジャン・リュック・ラバネル」の隣にあるセカンドバージョンのビストロ「ビストロ・ア・コテ (Bistro a cote)」に向かいました。


【 Next 】ビストロ・ア・コテ (Bistro a cote)に続く

【 Back 】2014〜2015年年越しヨーロッパ旅行(18泊21日+おまけ)シリーズに戻る


2014年12月


Van Gogh Cafe(夜のカフェテラス)


地図


スポンサーリンク

You Might Also Like

0 コメント