レトロな建物「ガラス宮(Lasipalatsi)」の「ラヴィントラ・ラシパラツィ(Ravintola Lasipalatsi)」で伝統的なフィンランド料理を堪能 - ヘルシンキ旅行

2015年5月
ラヴィントラ・ラシパラツィ(Ravintola Lasipalatsi)
ヘルシンキ|ラヴィントラ・ラシパラツィ(Ravintola Lasipalatsi)とガラス宮(Lasipalatsi)

ラヴィントラ・ラシパラツィ(Ravintola Lasipalatsi)は、1930年代のレトロな建物「ガラス宮(Lasipalatsi)」の中にある、国産の素材を使用した伝統的なフィンランド料理のお店です。
料理もお勧めなのですが、、、個人的には、このお店の入っている建物「ガラス宮(Lasipalatsi)」や店内の雰囲気がお勧めです。

Vappuでピクニック・タリンで世界遺産の旧市街散策シリーズ
今回は「ラヴィントラ・ラシパラツィ(Ravintola Lasipalatsi)とガラス宮(Lasipalatsi)」 です。



ガラス宮(Lasipalatsi)
ガラス宮(Lasipalatsi)
1936年(1998年改築)完成のレトロ感満載の建物で
入るまではちょっと躊躇してしまいますが
入ってしまうと、店内の雰囲気もレトロな感じで気に入りました。

機能主義様式建築と呼ばれるこの建物は
ヴィリヨ・レヴェル、へイモ・リーヒマキ、ニーロ・コッコの3人の建築家によって設計。
建物内は、無料の無線LANが整備されているようです。


ラヴィントラ・ラシパラツィ(Ravintola Lasipalatsi)
ミートボール(Lihapyörykät)
ミートボールに定番の付け合せ
マッシュポテトと一緒にいただきました。


マンネルヘイム通り(Mannerheimintie)
マンネルヘイム通り(Mannerheimintie)
店内は比較的空いていたので、窓側の席に案内されました。
お店の窓からは「マンネルヘイム通り(Mannerheimintie)」沿いのSOKOSホテル、
人々や路面電車の行き交う様子がみえます。


ガラス宮(Lasipalatsi)
昼間のガラス宮(Lasipalatsi)1
この建物が気に入りすぎて
別の日にも訪れました。


ガラス宮(Lasipalatsi)
昼間のガラス宮(Lasipalatsi)2


ガラス宮(Lasipalatsi)
昼間のガラス宮(Lasipalatsi)3


ガラス宮(Lasipalatsi)
昼間のガラス宮(Lasipalatsi)4
偶然にも、今回借りたアパート(SATO HotelHome Lapinlahdenkatu)の部屋の壁には
こちらから撮影したと思われる写真が飾ってありました。


ガラス宮(Lasipalatsi)
ガラス宮(Lasipalatsi)
雨の日の夜
しつこいようですが。。

翌朝は、様々な時代の重厚な建物が残る「アレクサンドル通り(Alekusanterinkatu)」を散歩しました。


【 Next 】アレクサンドル通り(Alekusanterinkatu)に続く

【 Back 】Vappuでピクニック・タリンで世界遺産の旧市街散策シリーズに戻る



ラヴィントラ・ラシパラツィ(Ravintola Lasipalatsi)

営業時間: 月〜金 11:00〜24:00
土 14:00〜23:00
定休日: 日曜
Web: http://www.ravintolalasipalatsi.fi/
メモ: その他、定休日あり、事前にご確認ください。


地図



スポンサーリンク


0 件のコメント: