桜並木が綺麗な「ジャパニーズアメリカン・ヒストリカルプラザ(Japanese American Historical Plaza)」の散歩 − ポートランド旅行

May 26, 2016
ジャパニーズアメリカン・ヒストリカルプラザ(Japanese American Historical Plaza)
ポートランド|ジャパニーズアメリカン・ヒストリカルプラザ(Japanese American Historical Plaza)

「ジャパニーズアメリカン・ヒストリカルプラザ(Japanese American Historical Plaza)」は、ポートランドにおける日系アメリカ人の歴史(第二次世界大戦中に、内陸収容所に強制送還された等)を後世に伝えるため造られた場所です。
設計は、様々な賞を受賞されている造園家「ロバート・ムラセ(Robert Murase)」さん。
3月には桜並木が綺麗とのことで、せっかくなので行ってみました。

クラフトビールとコーヒー三昧!!ポートランド旅行シリーズ
今回は「ジャパニーズアメリカン・ヒストリカルプラザ(Japanese American Historical Plaza)」 です。


ジャパニーズアメリカン・ヒストリカルプラザ(Japanese American Historical Plaza)
ジャパニーズアメリカン・ヒストリカルプラザ(Japanese American Historical Plaza)
かろうじて、枝に桜の花がありました。


ジャパニーズアメリカン・ヒストリカルプラザ(Japanese American Historical Plaza)
ジャパニーズアメリカン・ヒストリカルプラザ(Japanese American Historical Plaza)
桜の木とバーンサイド橋(Burnside Bridge)。


ジャパニーズアメリカン・ヒストリカルプラザ(Japanese American Historical Plaza)
ジャパニーズアメリカン・ヒストリカルプラザ(Japanese American Historical Plaza)


ジャパニーズアメリカン・ヒストリカルプラザ(Japanese American Historical Plaza)
ジャパニーズアメリカン・ヒストリカルプラザ(Japanese American Historical Plaza)
ウィラメット川(Willamette River)沿いから
一本入った小径には
13の石碑とともに桜並木が続きます。


ジャパニーズアメリカン・ヒストリカルプラザ(Japanese American Historical Plaza)
ジャパニーズアメリカン・ヒストリカルプラザ(Japanese American Historical Plaza)
桜並木と石碑。

ジャパニーズアメリカン・ヒストリカルプラザ(Japanese American Historical Plaza)
ジャパニーズアメリカン・ヒストリカルプラザ(Japanese American Historical Plaza)


University of Oregon School of Architecture and Allied Arts Portland
University of Oregon School of Architecture and Allied Arts Portland
ジャパニーズアメリカン・ヒストリカルプラザ(Japanese American Historical Plaza)の道路向かいには、素敵なゴシック様式の建物ビッケルブロックビル(Bickel Block Building)が。。
Justus Krumbeinによる設計(1883年)で、キャンディー製造業者のフレデリック・ビッケル(Frederick Bickel)が最初のオーナーでした。

ちなみに、この建物の前の通りは、日系アメリカ人のビル内藤(Bill Naito)にちなんで、内藤パークウェイ(Naito Parkway)という名前になっています。

フレデリック・ビッケル(Frederick Bickel)
ポートランドで最初の菓子屋を開業したドイツ人移民フランク・ディーカム(Frank Dekum)のビジネスパートナーで、その後2人ともダウンタウンの不動産開発の投資を行ったそうです。


White Stag building(Hirsch-Weis building)とバーンサイド橋(Burnside Bridge)
White Stag building(Hirsch-Weis building)とバーンサイド橋(Burnside Bridge)
有名な白鹿の看板(White Stag Sign)のある建物は
1907年完成のWhite Stag building(Hirsch-Weis building)です。

White Stag building(Hirsch-Weis building)
この建物はHirsch兄弟とパートナーのWeisが経営するテント等の工場兼倉庫でしたが、スキーチームに所属していたHirschの息子さんが工場の片隅でスキー衣料をつくりはじめ、社名をそれぞれのドイツ語の名前(WeisとHirsch)を英語に翻訳した白鹿(White Stag)として経営、業績が拡大し、1957年から看板に白鹿(White Stag)が登場するようになったそうです。
バーンサイド橋(Burnside Bridge)建設の際に
この建物は左(南)正面側が削られ
正面入口が東に移動し、4階建てから5階建てに改修されたそうです。

こちらは、大規模な改修工事が行われ、2つの建物を繋ぎあわせて大学が利用しているとのこと。


バーンサイド橋(Burnside Bridge)からの眺め
バーンサイド橋(Burnside Bridge)からは
桜と「スティール橋(Steel Bridge)」が見えます。

スティール橋(Steel Bridge)
アメリカの昇開橋としては100年以上と最古の橋。


この後、ポートランドのシンボルである「白鹿の看板(White Stag Sign)」を間近に観に行きました。


【 Next 】白鹿の看板(White Stag Sign)に続く

【 Back 】クラフトビールとコーヒー三昧!!ポートランド旅行シリーズに戻る


2016年3月


ジャパニーズアメリカン・ヒストリカルプラザ(Japanese American Historical Plaza)


地図


You Might Also Like

0 コメント

Flickr Images