気分はクリスマス!!チューダー様式の老舗百貨店「リバティ(Liberty)」 − ロンドン旅行

2016年9月
ロンドン|リバティ(Liberty)

リバティ(Liberty)は、チューダー様式(Tudor style)が美しい創業1875年の老舗百貨店として有名です。
遠くから見ても目立つ外観に惹かれて、行ってみました。
9月なのに、、気分はもうクリスマスでした。

EU離脱前!? グローバル都市をゆったり歩くロンドン旅行シリーズ
今回は「リバティ(Liberty)」 です。

アーガイル・ストリート(Argyll Street)
「グレートマールボロー ストリート(Great Marlborough Street)」に面した場所に特徴的な建物が見えてきました。


リバティ(Liberty)の外観
リバティ(Liberty)の外観
チューダー様式(Tudor style)のとても綺麗な外観です。
この様式の特徴でしょうか、柱が外部に露出し、正面には煙突が並んでいます。


リバティ(Liberty)の外観
正面の入り口は、商品が並んでいます。
日本の百貨店と比較すると、こじんまりとしています。


リバティ(Liberty) 1階(グランドフロア)
中央が吹き抜けになっており、見上げると木製の美しい柱などが見えます。


リバティ(Liberty)
店内にはエスカレーターはなく、エレベーターはあるそうですが、
お店の奥にある階段を登りました。


リバティ(Liberty) 
木製の階段。


リバティ(Liberty) 5階(4階)
ここは日本で言うところの5階。
まだ9月ですが、ここは既にクリスマスモードになっています。


リバティ(Liberty) 5階(4階)
吹き抜けから見下ろすと、他の階が見えます。


リバティ(Liberty) 5階(4階)
本当に木製ですね。


リバティ(Liberty) 5階(4階)
クリスマスのオーナメント達。


リバティ(Liberty) 5階(4階)
こちらはちょっと。。。


リバティ(Liberty) 5階(4階)
こちらはゴールドで統一されているようです。


リバティ(Liberty) 5階(4階)
こちらは英国らしいものばかり。
少し早いですが、お土産にも良さそうです。

この後、ソーホースクエアに行きました。


【 Next 】ソーホースクエアに続く

【 Back 】EU離脱前!? グローバル都市をゆったり歩くロンドン旅行シリーズに戻る


リバティ(Liberty)

営業時間: 月〜土曜日 10:00〜20:00
日曜日 12:00〜18:00
Web: http://www.libertylondon.com/


地図



スポンサーリンク


0 件のコメント: