アメリカ初のゴシック様式の教会「セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)」 − ニューヨーク旅行

May 24, 2017

2017年3月
セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)
ニューヨーク|セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)

「セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)」は、1858年から1879年の間に建設、アメリカ初のゴシック様式の教会として1879年に公開されたそうです。
当初、中を見学する予定はなかったのですが、あまりに巨大で綺麗だったので、入ってみました。

春目前、まだ雪の残るニューヨークをふらっと観光シリーズ
今回は「セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)」 です。





セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)
セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)の外観
五番街(Fifth Avenue)を歩いていると、ゴシック様式の教会は、かなり目立ちます。
尖塔の高さは101mあるそうですが、周囲も建物も高い+フライング・バットレスがないので、ちょっと簡素な印象を持ちました。


セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)
セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)の外観
改修工事後なので、年代物だとは感じさせない、新しさを感じます。


セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)
セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)
入り口(拝廊)で手荷物検査を終え、中に入りました。
身廊(Nave)から主祭壇を眺めます。
クリアストーリ(採光用の高窓)は青色のステント・グラスで統一されているようです。


セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)
セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)
身廊(Nave)から後ろ(入り口)を振り返ると


セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)
セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)
バラ窓と大きな785本のパイプを備えたパイプオルガンが見えます。
後に作ったものなので、バラ窓を隠してしまっています。


セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)
セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)
ステント・グラス。


セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)
セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)|North Transept Entrance
翼廊部分には、入り口があり、こちらは「51th Street」から入ることができます。
ここからだと3層構成がよく見えます。


セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)
セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)| South Transept Entrance
こちらは「50th Street」から入ることができます。
ステント・グラスはイエス・キリストの誕生の様子が描かれているようです。


セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)
セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)|Statue of Saint Patrick
主祭壇の左側には聖パトリックの像(Statue of Saint Patrick)があります。


セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)
セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)|主祭壇


セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)
セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)
床のモザイクはどうやら「小麦=パンはキリストの躰、葡萄=ワインは血の象徴」というキリストのシンボルがひとつになっているようです。
周囲の四つ葉のクローバーに似ているのは、聖パトリック(Saint Patrick)のシンボル「シャムロック」でしょうか。。


セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)
セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)|説教壇(Pulpit)
主祭壇の右側には説教壇(Pulpit)があります。


セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)
セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)|説教壇(Pulpit)


セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)
セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)|周歩廊(Ambulatory)
ここから周歩廊を歩きました。
奥には礼拝堂(写真撮影禁止)もあり、厳かな雰囲気に包まれていました。


セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)
セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)|グアダルーペの聖母の祭壇(Altar of Our Lady of Guadalupe)


セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)
セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)|周歩廊(Ambulatory)


セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)
セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)|リジューの聖テレーズの祭壇(Altar of Saint Thérèse of Lisieux(the Little Flower))


セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)
セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)|ピエタ(Pietà)
このピエタは、彫刻家ウィリアム・オードウェイ・パートリッジ(William Ordway Partridge)による作品で、ミケランジェロ(Michelangelo)の作品と比べて3倍あるそうです。
バチカンに行った時、実際のミケランジェロのピエタ(サン・ピエトロのピエタ)をみたことがありますが、こちらはキリストが大きく、聖母マリアに寄りかかっている感じですね。


セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)
セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)|周歩廊(Ambulatory)


セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)
セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)|側廊(Aisle)
周歩廊をまわり終え、側廊部分も見学。
側廊にも座席が並んでいるのは、初めてみました。


セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)
セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)|聖ブリジッタと聖ベルナールの祭壇(Altar of Saint Brigid and Saint Bernard)
側廊(Aisle)からの眺め。


セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)
セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)|側廊(Aisle)


セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)
セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)|側廊(Aisle)


セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)
セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)


この後、「グランド・セントラル駅(Grand Central Station)」に行ってみました。


【 Next 】グランド・セントラル駅(Grand Central Station)に続く

【 Back 】春目前、まだ雪の残るニューヨークをふらっと観光に戻る


セント・パトリック大聖堂(St. Patrick's Cathedral)

Web:http://www.saintpatrickscathedral.org/
メモ:大聖堂内の地図(PDF)は、こちら


地図



スポンサーリンク

You Might Also Like

0 コメント