「ボルンカルチャーセンター(El Born Centre Cultural・Mercat del Born)」− バルセロナ・メルセ祭旅行

2015年9月
バルセロナ|ボルンカルチャーセンター(El Born Centre Cultural・Mercat del Born)

ボルンカルチャーセンター(El Born Centre Cultural)の前身、ボルン市場(Mercat del Born)は、ジョセップ・フォントセレ・イ・メストレ(Josep Fontsere)によって設計、1876年に完成したバルセロナでも最初の鉄の建物でした。
1920年から1971年まではバルセロナの中央市場として使用。
その後、図書館建設のための工事の際、バルセロナの貴重な遺跡が発見され、2013年9月からボルンカルチャー(El Born Centre Cultural)としてオープンしました。

メルセ祭(La Mercè)で賑わうバルセロナの旅行シリーズ
今回は「ボルンカルチャーセンター(El Born Centre Cultural・Mercat del Born)」です。

ボルンカルチャーセンター(El Born Centre Cultural・Mercat del Born) 
センター前で係員の人が仁王立ちしていますが、
センター内に入るのは無料です。


Cimbori central
建物正面には、バルセロナの紋章と建設の年「1876」があります。
中央のドームの模様が綺麗です。


ボルンカルチャーセンター(El Born Centre Cultural・Mercat del Born)内部
内部に入るといきなりこんな景色です。


見上げると、天井の鉄とガラスの造りがよくわかります。


鉄の市場はその後、
Mercat de Sant Antoni(1882)
Mercat de la Barceloneta(1884)
Mercat de La Concepció(1888)
Mercat d'Hostafrancs(1888)
Mercat de la Llibertat(1888)
などなど、次々と建設されたようです。


ボルンカルチャーセンター(El Born Centre Cultural・Mercat del Born)の案内図



こちらの階段を降りて行くには、有料のツアーに申し込む必要があります。


センター内には、1700年代当時のバルセロナの街の遺跡が広がっています。


バルセロナは、1714年にスペイン・フランス連合軍に征服され(スペイン継承戦争)。
この辺りを含む、現在のシウタデリャ公園(Parc de la Ciutadella)地域は取り壊され、中央政権がバルセロナを監視するため、当時ヨーロッパ最大の星形要塞が建設されました。


ここには、バルセロナがスペインに征服される前の街並み(9つの通り)、60の家の遺跡があります。


発掘の状況(動画)は
こちらでみることができます。


スペインに征服される前の「バルセロナの象徴」となっているボルンカルチャーセンター(El Born Centre Cultural・Mercat del Born)は、9月27日の選挙の日、開票を待つ会場の一つなり、建物の正面はTV局など詰めかけて、大盛り上がりでした。

この後、元は14世紀の邸宅、ボルン地区(El Born)にあるフードコート「Mercat Princesa」に向かいました。


【 Next 】Mercat Princesaに続く

【 Back 】メルセ祭(La Mercè)で賑わうバルセロナの旅行シリーズに戻る


ボルンカルチャーセンター(El Born Centre Cultural・Mercat del Born) 

定休日: 月曜日
Web: http://elborncentrecultural.barcelona.cat/


地図



スポンサーリンク


0 件のコメント: