人懐っこいリスがお出迎え「ハイド・パーク(Hyde Park)」 − ロンドン旅行

2016年9月
ハイド・パーク(Hyde Park)
ロンドン|ハイド・パーク(Hyde Park)

ハイド・パーク(Hyde Park)は、王立公園です。
「ウェリントン・アーチ(Wellington Arch)」のついでに行ってみました。

EU離脱前!? グローバル都市をゆったり歩くロンドン旅行シリーズ
今回は「ハイド・パーク(Hyde Park)」 です。

Grand Entrance(Apsley Gate / Decimus Burton Screen)
Grand Entrance(Apsley Gate / Decimus Burton Screen
ハイド・パークの正面門。
公園を再設計したデシマス・バートン(Decimus Burton)の設計です。
中央とその左右の3つのアーチが馬車用の入り口、歩行者用は両端に2つあります。
門をくぐって、左側に行ってみました。


ハイド・パーク(Hyde Park) THE ROSE GARDEN
ハイド・パーク(Hyde Park) THE ROSE GARDEN
「ローズ・ガーデン(THE ROSE GARDEN)」にある噴水「Boy and Dolphin Fountain」は、「不思議の国のアリス」で有名な作家ルイス・キャロル(Lewis Carroll)の友人、彫刻家のアレクサンダー・マンロー(Alexander Munro)によって1862年に作られました。
元は、1860年代に創作されたビクトリア朝の沈床園に(現在「Joy of Life Fountain」の場所)あったそうですが、パーク・レーン(Park Lane)が拡張される時に撤去され、1962年に「リージェンツ・パーク(The Regent's Park)」に、そして1995年「ハイド・パーク(Hyde Park)」に戻ったそうです。


ハイド・パーク(Hyde Park) THE ROSE GARDEN
ハイド・パーク(Hyde Park) THE ROSE GARDEN


ハイド・パーク(Hyde Park) Serpentine Road
ハイド・パーク(Hyde Park) Serpentine Road
敷地が広大すぎて、、、広いのだけはわかりました。


ハイド・パーク(Hyde Park) Serpentine Road
ハイド・パーク(Hyde Park) Serpentine Road
芝生の上に寝転んでいたら


ハイド・パーク(Hyde Park)
ハイド・パーク(Hyde Park)
ふと気づくと、リスがいました。


ハイド・パーク(Hyde Park)
ハイド・パーク(Hyde Park)
雨雲がやって来たので
少し雨宿りをして


コンスティテューション・ヒル(Constitution Hill)
コンスティテューション・ヒル(Constitution Hill)

この後、お腹が空いたので「オネスト・バーガー(Honest Burgers)」に行きました。


【 Next 】オネスト・バーガー(Honest Burgers)に続く

【 Back 】EU離脱前!? グローバル都市をゆったり歩くロンドン旅行シリーズに戻る

ハイド・パーク(Hyde Park)

開園時間: 5:00〜24:00
Web: https://www.royalparks.org.uk/parks/hyde-park


地図



スポンサーリンク


0 件のコメント: