12世紀から独自の市長と議会、自治権を持つシティ(City of London)の市庁舎「ギルドホール(Guildhall)」 − ロンドン旅行

December 04, 2016

2016年9月
ギルドホール(Guildhall)
ロンドン|ギルドホール(Guildhall)

「ギルドホール(Guildhall)」は、「シティ(City of London)」の市庁舎の役割を果たす建物です。
1440年に完成しましたが、1666年の「ロンドン大火(The Great Fire of London)」と第二次世界大戦(1940年)によって焼失しました(地下礼拝堂とグレートホールの一部は残りました)。
広場には、かつてここにあった「ローマ時代の円形競技場(Roman Amphitheatre)」を示す円形があります。

EU離脱前!? グローバル都市をゆったり歩くロンドン旅行シリーズ
今回は「ギルドホール(Guildhall)」 です。


近くには池があり、鯉が泳いでいました。


ギルドホール(Guildhall)
ギルドホール(Guildhall)とギルドホール・アート・ギャラリー(Guildhall Art Gallery)
「ギルドホール(Guildhall)」の最初の記録は1128年からあり、建物は1440年に完成しました。
現在のホールの西側の地下礼拝堂は、13世紀後半のものと言われています。
1848年11月16日には、ピアニストショパンが最後の公開演奏を行ったそうです。
広場を見渡すと、黒いタイルで作られた円形が見えます。
これは、かつてここにあった「ローマ時代の円形競技場(Roman Amphitheatre)」を型どったもの。
「ローマ時代の円形競技場(Roman Amphitheatre)」は、1987年、建物下から発見されました。
「ギルドホール・アート・ギャラリー(Guildhall Art Gallery)」の地下を訪れると「ローマ時代の円形競技場(Roman Amphitheatre)」跡の一部を観ることができます。


ギルドホール(Guildhall)
ギルドホール(Guildhall)


ギルドホール(Guildhall)
ギルドホール(Guildhall) West Wing of Guildhall


ギルドホール(Guildhall) West Wing of Guildhall
ギルドホール(Guildhall) West Wing of Guildhall
ドラゴンをモチーフにした「シティ• オブ • ロンドン(City of London)」の紋章


St Lawrence Jewry
St Lawrence Jewry
こちらの教会は、元々12世紀にSt Lawrenceに捧げられた教会だったようです。
1666年の「ロンドン大火(The Great Fire of London)」で焼失し、イギリス王室の建築家「クリストファー・レン(Sir Christopher Wren)」によって設計再建されました。
その後の戦争で甚大なダメージを受け、再び再建されたそうです。



ギルドホール・アート・ギャラリー(Guildhall Art Gallery)
ギルドホール・アート・ギャラリー(Guildhall Art Gallery)

この後、地下に眠る「ローマ時代の円形競技場(Roman Amphitheatre)」跡を観るために「ギルドホール・アート・ギャラリー(Guildhall Art Gallery)」に行きました。


【 Next 】ギルドホール・アート・ギャラリー(Guildhall Art Gallery)に続く

【 Back 】EU離脱前!? グローバル都市をゆったり歩くロンドン旅行シリーズに戻る


ギルドホール(Guildhall)



地図



スポンサーリンク

You Might Also Like

0 コメント

Flickr Images