アルル市庁舎(Hôtel de ville d'Arles)- アルル旅行

2014年12月
アルル|アルル市庁舎(Hôtel de ville d'Arles)

アルル市庁舎(Hôtel de ville d'Arles)は、1676年に完成。
この市庁舎の地下には、ローマ時代の地下回廊への入口があります。

2014〜2015年年越しヨーロッパ旅行(18泊21日+おまけ)シリーズ
今回は「アルル市庁舎(Hôtel de ville d'Arles)」です。


レピュプリック広場(Place de la Republique)
アルルの中心部に位置する
オベリスクと噴水のある広場で
この広場に面した場所に市庁舎(Hôtel de Ville)があります。


入口にはアルルの象徴「ライオン」がいます。


市庁舎1階
天井は曲線で不思議な形をしています。
中央部分はレピュプリック広場(Place de la Republique)に出る
入口です。
広場のクリスマスツリーが見えます。

反対側に通り抜けられる入口があり
そちらからはVan Gogh Cafe(夜のカフェテラス)で有名な
フォルム広場(Place du Foru)に行くことができます。


クリスマスツリー
シーズンなのでツリーがあります。
この1階部分は夜間も開いていました。


時計台がある市庁舎
アルルの青空に映えて綺麗です。
近くからはなかなか時間が見づらいですが。。。

この後、ローマ時代の地下回廊 Les Cryptoportiques (le forum souterrain)に行ってみました。



【 Next 】ローマ時代の地下回廊 Les Cryptoportiques (le forum souterrain)に続く

【 Back 】2014〜2015年年越しヨーロッパ旅行(18泊21日+おまけ)シリーズに戻る


スポンサーリンク


0 件のコメント: