モンパルナスにある庶民的な商店街「ダゲール通り(Rue Daguerre)」の散歩 - パリ旅行

2015年1月
ダゲール通り(Rue Daguerre)
パリ|ダゲール通り(Rue Daguerre)

ダゲール通り(Rue Daguerre)は、モンパルナスにある商店街で、軒先に屋台を出した商店があり庶民的な雰囲気があります。
年始なのに、ここは他の通りに比べて活気がありました。
通りの名前は、銀板写真法の開発で知られるルイ・ジャック・マンデ・ダゲール(Louis Jacques Mandé Daguerre)が住んでいたことに由来しているようです。

2014〜2015年年越しヨーロッパ旅行(18泊21日+おまけ)シリーズ
今回は「ダゲール通り(Rue Daguerre)」です。


ダゲール通り(Rue Daguerre)
ダゲール通り(Rue Daguerre)
モンパルナス駅から歩き、メーヌ通り側から 
ダゲール通り(Rue Daguerre)に行ってみました。
ここの通りにも日本食を始め様々な国のレストランがあるようです。

目指すはこの先の人通りの多い場所。。
年始なのでそれほど期待はせずに。。


ダゲール通り(Rue Daguerre)
Boulangerie Banette
通りにあるチェーン店のパン屋さん。


ダゲール通り(Rue Daguerre)
ダゲール通り(Rue Daguerre)
軒先にはクルミや栗など
商品が沢山あって見ているだけで楽しかったです。


カフェ・ダゲール(Cafe Daguerre)
カフェ・ダゲール(Cafe Daguerre)
営業していれば、本日はここでお昼をと思っていたのですが
流石に本日は閉まっていました。
仕方ないので、お昼は後回しにして、この辺りをもう少し散歩することにしました。


ダゲール通り(Rue Daguerre)
この写真の左側に、数百万人の骨を収容している地下墓所「カタコンブ・ド・パリ (Catacombes de Paris)」の入口があります。
本日は祝日(1月1日)なので入れません。

カタコンブ・ド・パリ (Catacombes de Paris)
Web:http://www.catacombes.paris.fr/


この後、年始からどうかとも思いますが、、、モンパルナス墓地(Cimetière du Montparnasse)に向かいました。


【 Next 】モンパルナス墓地(Cimetière du Montparnasse)に続く

【 Back 】2014〜2015年年越しヨーロッパ旅行(18泊21日+おまけ)シリーズに戻る



ダゲール通り(Rue Daguerre)



地図



スポンサーリンク


0 件のコメント: