【メルセ祭 La Mercè】鉄砲打ち(Galejada trabucaire)− バルセロナ・メルセ祭旅行

2015年9月
バルセロナ|メルセ祭 鉄砲打ち(Galejada trabucaire)

鉄砲打ち(Galejada trabucaire)は、 古代カタルーニャの山賊の格好をした人たちが、バルセロナの守護神聖女メルセ(La Mercè)の祝日(9月24日)の始まりをお知らせするため、街中を鉄砲を打ちながら行う行進(かなりの爆音)です。
鉄砲打ち(Galejada trabucaire)の様子を近くで見るのは楽しいのですが、音よりも振動で耳が痛くなります。。
そこで地元のおじさん達の秘策(?)を発見しました。。

メルセ祭(La Mercè)で賑わうバルセロナの旅行シリーズ
今回は「鉄砲打ち(Galejada trabucaire)」 です。

鉄砲打ち(Galejada trabucaire)の行進前には、
メルセ教会(Basílica de la Mercè)で聖女メルセ(La Mercè)花を手向け、
9:45分からポルタル・デ・ランジェル通り(Portal de L'Angel)→ノバ広場(Plaça Nova)→バルセロナ大聖堂前→ビズべ通り(Carrer del Bisbe)→サン・ジャウマ広場(Plaça de Sant Jaume)というように鉄砲を打ちながら行進します(町の人々の目を覚ますためだとか→本当に目が覚めるような音でした)。

10:00過ぎ頃には、サン・ジャウマ広場(Plaça de Sant Jaume)にやってきました。


朝ホテルで出掛ける支度をしていると、ゴシック地区(Barri Gòtic)のどこかからドカンドカン〜と音が鳴り響いて近づいてきたので、急いでホテルを飛び出しました。
音の発生源は、どうやらサン・ジャウマ広場(Plaça de Sant Jaume)のようです。


サン・ジャウマ広場(Plaça de Sant Jaume)
サン・ジャウマ広場(Plaça de Sant Jaume)に行ってみると、
広場には白煙が立ち込めていました。


バルセロナ市庁舎(Ayuntamiento de Barcelona)
サン・ジャウマ広場(Plaça de Sant Jaume)の中央に近づくと、
耳栓をしたカメラマンと


鉄砲を持った山賊の格好の人、数名が輪になって、
外向きに、そして順番にけたたましい音を発する鉄砲を打っていきます。
連続で打つと白煙が広場に立ち込めてきますが、それより強烈なのが、、


発砲時の振動です。
正直、1発でも振動が凄いのですが、連続で発砲されると、振動で耳が痛くなります(暫く耳に痛み残りました)。
近くのおじさん達も同じように痛いだろうと、何気に耳をみると、なんと耳に「はい、さっき、ちぎって入れましたよ〜」という感じでティッシュが詰まっていて、笑ってしまいましたが、これは耳が痛くなるよりましかも思いました(真似する勇気はないけど)。
最初は興味深々で広場にやってきた人たちも、さっさと写真を撮ると、一部は両耳をふさいで退散していきました。
※小さいこどもさんや高齢者は特に注意が必要です!!


鉄砲撃ちが終わると、写真撮影タイムです。


こちらは可愛いお嬢さん。


この鉄砲で打っていたようです。
こちらはちょっと海賊のような帽子。


バルセロナ市庁舎(Ayuntamiento de Barcelona)とヒガンテス(Gigantes)
この後、サン・ジャウマ広場(Plaça de Sant Jaume)ではこちらのヒガンテス(Gigantes)さん達がダンスを披露してくれます。
本日のサン・ジャウマ広場(Plaça de Sant Jaume)はイベントが盛りだくさんです。
絶え間ないイベントなので、このまま広場で待ちました。

この後メルセ祭(La Mercè)は、高さ4mの巨大人形のダンス(Mati Gegant.XXII Mostra de balls de gegants i Passada de nans i gegants)に続きます。


【 Next 】巨大人形のダンス(Mati Gegant.XXII Mostra de balls de gegants i Passada de nans i gegants)に続く

【 Back 】メルセ祭(La Mercè)で賑わうバルセロナの旅行シリーズに戻る



サン・ジャウマ広場(Plaça de Sant Jaume)



地図



スポンサーリンク


0 件のコメント: