中庭が美しい「副王の館(Palau del Lloctinent)」− バルセロナ・メルセ祭旅行

2015年9月
バルセロナ|副王の館(Palau del Lloctinent)

副王の館(Palau del Lloctinent)は、1549年〜1557年に副王の住宅としてAntoni Carbonell設計で建設、その後修道院、そしてアラゴン王の資料館となりました。
副王の館(Palau del Lloctinent)は、ドアが開放されていれば無料で入れます。

メルセ祭(La Mercè)で賑わうバルセロナの旅行シリーズ
今回は「副王の館(Palau del Lloctinent)」です。


コンテス通り(Carrer dels Comtes)
フレデリック・マレー美術館(Museu Frederic Marès)の中庭を散歩した後、コンテス通り(Carrer dels Comtes)を進むと。



副王の館(Palau del Lloctinent)
ドアが大きく開けられて、中庭に入ることができる場所があります。


副王の館(Palau del Lloctinent)
中庭を見上げると、上階の回廊と空が見えます。


副王の館(Palau del Lloctinent)
今回、観光客でごった返していたので、
中庭を突っ切って、王の広場 (Placa del Rei)に出ただけですが、
左の階段の木彫の天井そして、階段の途中にはカタルーニャ出身の彫刻家ジョセップ・マリア・スビラックス(Josep Maria Subirachs)によるカタルーニャ州の守護聖人、サン・ジョルディのドア(Puerta de Sant Jordi)があります(1975年)。

ジョセップ・マリア・スビラックス(Josep Maria Subirachs)の作品
Escudos de Barcelona
・サン・ジョルディのドア(Puerta de Sant Jordi)
受難のファサード(Fachada de la Pasión)
 ※サグラダ・ファミリア(Sagrada Familia)
Banco de Sabadell
Materia y Forma
・Monumento a Francesc Macià


王の広場 (Placa del Rei)
コンテス通り(Carrer dels Comtes)から中庭をまっすぐに突き進むと、写真左側の王の広場 (Placa del Rei)に出ることができます。

この後、とうとう!!バルセロナ市歴史博物館(Museu d’Història de la Ciutat)に行きました。この王の広場 (Placa del Rei)の下に眠るローマ時代の遺跡をめぐります。


【 Next 】バルセロナ市歴史博物館(Museu d’Història de la Ciutat)に続く

【 Back 】メルセ祭(La Mercè)で賑わうバルセロナの旅行シリーズに戻る



副王の館(Palau del Lloctinent)

メモ: 入場無料


地図



スポンサーリンク


0 件のコメント: