台中の街中でみかけた、お洒落なあんぱん屋「稲村麺包(Inamura Barkary)」 − 台湾縦断旅行

2015年12月
台中市|稲村麺包(Inamura Barkary)

台中市や他の都市でもそうですが、街を歩いているとお洒落で高級そうな「あんぱん」をメインにしたパン屋さんをよく目にしました。
いつもは「あんぱん」を食べないのに、気になってちょっと行ってみました。

グルメとアートを堪能!!年末・台湾縦断旅行シリーズ
今回は「稲村麺包(Inamura Barkary)」 です。

稲村麺包(Inamura Barkary)
訪れたのは、金典緑園道1階に入っている「稲村麺包(Inamura Barkary)」 。
向かいにある台中廣三sogo店の15階にも店舗があり、もちろん台北にもお店を展開しているようです。
夜遅くに行ったので、看板商品のあんぱんは流石に売り切れていて、結局普通にパンを食べました。
肝心な味はあんまり覚えていないのですが、、ぺろりと食べてしまいました。


紅豆麺包の外観
台湾大道一段(Section 1, Taizhonggang Road)でみかけた「紅豆麺包」。
こちらも看板メニューは「あんぱん」のようです。
「紅豆」の中国語の発音は、日本語の「ほんとー」に近いらしいので、看板に「ほんと」という記載があるみたいです。
この他、上の「日本語のような」看板も気にならなくなるくらい、台湾の街中には日本語の文字があふれていますね。

翌日は、台中のカフェ業界では知らない人はいないという程有名なオーナーが経営する「The Factory Mojocoffee」に行きました。


【 Next 】The Factory Mojocoffeeに続く

【 Back 】グルメとアートを堪能!!年末・台湾縦断旅行シリーズに戻る


稲村麺包(Inamura Barkary)

Web: Facebook:こちら


地図



スポンサーリンク


0 件のコメント: