愛嬌たっぷりの巨大布袋様が有名な「宝覚寺(PaoChueh Temple)」の散歩 − 台湾縦断旅行

February 13, 2016

台中市|宝覚寺(PaoChueh Temple)

「宝覚寺(PaoChueh Temple)」は、「台中大仏」とも呼ばれる愛嬌のある巨大な弥勒大仏像(布袋様)で有名なお寺です。
「台中大仏」は高さ約30mで、台湾では2番目の大きさ。

グルメとアートを堪能!!年末・台湾縦断旅行シリーズ
今回は「宝覚寺(PaoChueh Temple)」 です。


この辺り、たまたまなのか、あまり人が歩いていなくて、逆に道を尋ねらました。


宝覚寺(PaoChueh Temple)
1928年に建立。
巨大布袋様は、この右側にあります。
巨大なので、塀の外からも見えます。


宝覚寺(PaoChueh Temple)
本堂は木製ですが、その周りをコンクリートの建物が覆っています。


宝覚寺(PaoChueh Temple)
ちょうどテントが邪魔になっていますが、本堂の前には日本の狛犬のようにゾウの彫刻が両側に建っています。


弥勒大仏像(布袋)


弥勒大仏像(布袋)
愛嬌のある顔です。
福耳が凄い!!


弥勒大仏像(布袋)
この大仏の耳を触ると幸福が訪れ、へそに触ると「へそくり」が増え金持ちになるらしく、手前には触るための小さい大仏像があるらしいです。


宝覚寺(PaoChueh Temple)
横には、日本的な建物もあります。


霊柩車
「宝覚寺(PaoChueh Temple)」の周囲を歩いているとみかけました、結構めだちますよね。

この後、「台中孔子廟(Taichung Confucius Temple)」に向かいました。


【 Next 】台中孔子廟(Taichung Confucius Temple)に続く

【 Back 】グルメとアートを堪能!!年末・台湾縦断旅行シリーズに戻る


2015年12月


宝覚寺(PaoChueh Temple)
営業時間:9:00〜17:00

地図


スポンサーリンク

You Might Also Like

0 コメント