古い建物と壁画アートの共演「新美街(Xin-mei Street)」の散歩 − 台湾縦断旅行

2015年12月
台南市|新美街(Xin-mei Street)

新美街(Xin-mei Street)は、台南市にある古い建物が残る通りです。
「台南洋行時光款款行」という本で見た「新美街125巷」壁のアートが気に入って、散策に行ってみました。

グルメとアートを堪能!!年末・台湾縦断旅行シリーズ
今回は「新美街(Xin-mei Street)」 です。

泉興たたみ(榻榻米)店
新美街(Xin-mei Street)を歩いていると、ふと井草の懐かしい香りがしてきました。
そこにはやっぱり畳屋さん。
店内に貼ってあるポスターにも日本語が見えます。
初代店主の李金水さんは16歳から畳を作り、現在はお孫さんがお店を継いでいらっしゃるとか(Web情報ですが。。)。
台南では、ホテルや国立台湾文学館(National Museum of Taiwan Literature)など色々なところで畳と出会いました。

泉興たたみ(榻榻米)店
Web:http://www.quanxing.com.tw/



新美街(Xin-mei Street)
街中で繋がれている犬を見るのは、初めてかも。。
台湾では、繋がれていない犬がよく街を歩いていますよね。


昭玄堂
新美街(Xin-mei Street)は、殆ど人通りがないのですが、ここだけ集団がやってきて賑わいました。


昭玄堂
数少ない、手作り提灯のお店のようです。

昭玄堂
Facebook:こちら



昭玄堂の外観


昭玄堂の外観
上部の窓の格子が綺麗です。


周囲にも魅力のある建物があります。


大天后宮
大天后宮とは、海での安全を守る女神「媽祖」のこと。
こんな所にひっそりとありますが、台湾最古の媽祖廟です。


新美街(Xin-mei Street)
この辺り、壁に絵が現れます。


新美街(Xin-mei Street)


新美街(Xin-mei Street)


新美街(Xin-mei Street)


新美街(Xin-mei Street)
画家許荷西さんの作品。


新美街(Xin-mei Street)


新美街(Xin-mei Street)
初期の美容室の様子が描かれています。


新美街(Xin-mei Street)
しかし、右側にある怪しい絵が気になってきますよね。


新美街(Xin-mei Street)
こちらは、全く違う絵ですが、こちらはこちらで面白いです。


新美街(Xin-mei Street)
この先は、民族路二段(Section 2, Minzu Road)という通り。
通りを渡ってまだまだ新美街(Xin-mei Street)は続きます。


新美街(Xin-mei Street)
民族路二段(Section 2, Minzu Road)という通りを渡ると、赤い提灯が通りの上に飾ってありました。


來了(Lai le)
こちらのカフェと画廊は、2015年の6月に完成したそうです。


來了(Lai le)
もちろん建物自体は年代ものです。
佇まいが素敵すぎて、見とれてしまいます。

來了(Lai le)
Facebook:こちら



漫半拍(Lento Hostel)
こちらにも古い建物を改装したお店がありました。


漫半拍(Lento Hostel)
手前においてあるベンチ、座りたくなりますね。

漫半拍(Lento Hostel)
Web:http://lentohostel.blogspot.tw/
Facebook:こちら



新美街(Xin-mei Street)


新美街(Xin-mei Street)
木と壁が一体化しているようです。


近くには、台南の有名な観光地、赤崁樓(Fort Provintia)や有名な擔仔麵のお店、赤崁擔仔麺(Chih Kan Dan Zai Noodles)があります。ついでにどうぞ!!


この後、台南の旬の新鮮なフルーツを使用したジェラートのお店「ELEPHANT Tree小象樹」向かいました。


【 Next 】ELEPHANT Tree小象樹に続く

【 Back 】グルメとアートを堪能!!年末・台湾縦断旅行シリーズに戻る


新美街(Xin-mei Street)

メモ: 住宅地の通りです。


地図



スポンサーリンク


0 件のコメント: