緑の美しいポートランド最古の計画都市「ラズ・アディッション(LADD'S ADDITION)」の散歩 − ポートランド旅行

2016年3月
ラズ・アディッション(LADD'S ADDITION)
ポートランド|ラズ・アディッション(LADD'S ADDITION)

ラズ・アディッション(LADD'S ADDITION)は、ポートランドで最も古い計画都市で、アメリカ西部の中でも古い歴史のある住宅地のひとつです。
19世紀半ばのポートランド市長William Sargent Ladd (1826-1893)にちなんで、名前がつけられました。
今回は、ラズ・アディッション(LADD'S ADDITION)を斜めに走るサウスイースト・ラッド・アヴェニュー(SE Ladd Ave)を歩いてみました。
緑に囲まれた住宅街では、かわいい動物も姿を現してくれました。

クラフトビールとコーヒー三昧!!ポートランド旅行シリーズ
今回は「ラズ・アディッション(LADD'S ADDITION)」 です。

ラズ・アディッション(LADD'S ADDITION)
ラズ・アディッション(LADD'S ADDITION)
中央には広い車道があり、車道の両脇には各々の家の人の車が駐車してあります。
木々が立ち並び、緑豊かな街の造りが羨ましいです。

William Sargent Ladd(1826-1893)
カリフォルニアのゴールドラッシュ時に西部に、1851年にポートランドにやってきた商人。
銀行の設立、ウィラメット川(Willamette River)の東側の土地の開発を行い、1854年にポートランド市長となった。
ワシントンD.C.のピエール・ランファン計画(Pierre L'Enfant's plan)に触発され、1891年に126エーカーの彼の農地を細分化することを決めた。
彼の死後、1905〜1930年に開発されラズ・アディッション(LADD'S ADDITION)となった


ラズ・アディッション(LADD'S ADDITION)
ラズ・アディッション(LADD'S ADDITION)
家もそうですが、木々も大きいです。
通り沿いには、American Elms(ニレ)という木々が植えられており
最初のものは樹齢100年以上になるそうです。


ラズ・アディッション(LADD'S ADDITION)
ラズ・アディッション(LADD'S ADDITION)
ふと、目の前に「りす」がやって来ました。


ラズ・アディッション(LADD'S ADDITION)
ラズ・アディッション(LADD'S ADDITION)
歩道を通り抜けて。


ラズ・アディッション(LADD'S ADDITION)
ラズ・アディッション(LADD'S ADDITION)
近くの家の庭の木に登って行きました。
たまに車が通りますが、通りはとても静かです。


ラズ・アディッション(LADD'S ADDITION)
ラズ・アディッション(LADD'S ADDITION)
ラズ・アディッション(LADD'S ADDITION)の中央部(写真右)には
信号機のない車専用の道路(ラウンドアバウト)になっており
円形の公園(Ladd Circle Park )と4ヶ所の公園( Rose Gardens)があります。
1909年に設計され、現在は60品種、3,000本以上のバラが植えられているそうです。


ラズ・アディッション(LADD'S ADDITION)
ラズ・アディッション(LADD'S ADDITION)
通り沿いにはずっと
美しい家、手入れされた庭が続きます。
これらの家には「アメリカ合衆国国家歴史登録財」に登録されているものも多いようです。


ラズ・アディッション(LADD'S ADDITION)
ラズ・アディッション(LADD'S ADDITION)


ラズ・アディッション(LADD'S ADDITION)
ラズ・アディッション(LADD'S ADDITION)
こちらは、サウスイースト・ポプラー・アヴェニュー(SE Poplar Ave)

この後、キャンプ気分が味わえるフードカート「 ティドビット・フード・ファーム・アンド・ガーデン(Tidbit Food Farm and Garden)」に行きました。


【 Next 】ティドビット・フード・ファーム・アンド・ガーデン(Tidbit Food Farm and Garden)に続く

【 Back 】クラフトビールとコーヒー三昧!!ポートランド旅行シリーズに戻る


ラズ・アディッション(LADD'S ADDITION)

Web: http://www.laddsadditiongardens.org/


地図



スポンサーリンク


0 件のコメント: