ヴィクトリー・アーチ(Victory Arch)が美しい駅舎「ロンドン・ウォータールー駅(London Waterloo station)」 − ロンドン旅行

2016年9月
ロンドン・ウォータールー駅(London Waterloo station)
ロンドン|ロンドン・ウォータールー駅(London Waterloo station)

ロンドン・ウォータールー駅(London Waterloo station)は、1848年に開業した英国最大の駅です。
ユーロスターのロンドン側の駅として「ウォータールー国際駅(Waterloo International station)」が使用されていましたが、2007年11月に英仏海峡トンネル連絡鉄道(CTRL)が全線開業し、現在は、ユーロスターのターミナル駅はセント・パンクラス駅(St Pancras station)へと変更しています。
フランスが敗れた「ワーテルローの戦い(Battle of Waterloo)」が由来となっている駅「ロンドン・ウォータールー駅(London Waterloo station)」に、フランスとイギリスを結ぶ「ユーロスター」が発着していたなんて知りませんでした。。

EU離脱前!? グローバル都市をゆったり歩くロンドン旅行シリーズ
今回は「ロンドン・ウォータールー駅(London Waterloo station)」 です。

※駅の建物の一部は、英国の保存建造物(Grade II listed building)に指定


ロンドン・ウォータールー駅(London Waterloo station)
ロンドン・ウォータールー駅(London Waterloo station)|Victory Arch
こちらは正面階段(5番)。
遠目から観ないと、全体像がわからないくらいの「ヴィクトリー・アーチ(Victory Arch)」の美しい建物。
夕方は、帰宅する人の流れが激しかったです。


ロンドン・ウォータールー駅(London Waterloo station)
ロンドン・ウォータールー駅(London Waterloo station)
メインコンコースの様子。
現在の建物は1922年に完成。
奥には4面の大時計があり、待ち合わせの場所となっているそうです。


ロンドン・ウォータールー駅(London Waterloo station)
ロンドン・ウォータールー駅(London Waterloo station)


ロンドン・ウォータールー駅(London Waterloo station)
ロンドン・ウォータールー駅(London Waterloo station)
こちらが先程の正面階段(5番)を登ったところ。


ロンドン・ウォータールー駅(London Waterloo station)
ロンドン・ウォータールー駅(London Waterloo station)
この「ヴィクトリー・アーチ(Victory Arch)」は駅再建の際、主任建築家J. R. Scottによって設計され、ポートランド石と青銅で作られています。

この後、グラフィック・アートで埋め尽くされた歩行者通路「リーク・ストリート・トンネル(Leake Street Tunnel)」に行きました。


【 Next 】リーク・ストリート・トンネル(Leake Street Tunnel)に続く

【 Back 】EU離脱前!? グローバル都市をゆったり歩くロンドン旅行シリーズに戻る


ロンドン・ウォータールー駅(London Waterloo station)


駅構内図: こちら
※PDFがダウンロードできます。


地図



スポンサーリンク


0 件のコメント: