ブリクストンの地域通貨が買える!!「マーケット・ロウ(MARKET ROW)」 − ロンドン旅行

2016年9月
ロンドン|マーケット・ロウ(MARKET ROW)

マーケット・ロウ(MARKET ROW)は、1928年にAndrewsとPeascodによって設計されました。
「ブリクストン・ビレッジ(Brixton Village)」そして「Reliance Arcade」のアーケードと同様に「英国の保存建造物 (Grade II listed building)」に指定されています。
「ブリクストン・ビレッジ(Brixton Village)」と比較すると狭く、人が少なかったのですが、ブリクストンの地域通貨が購入できる自動販売機があり、行ってみました。

EU離脱前!? グローバル都市をゆったり歩くロンドン旅行シリーズ
今回は「マーケット・ロウ(MARKET ROW)」 です。

ブリクストン・マーケット(Brixton Market)の地図
Webページ(http://brixtonmarket.net/)から
今回は「マーケット・ロウ(MARKET ROW)」です。


マーケット・ロウ(MARKET ROW)
「アトランティック・ロード(Atlantic Road)」側から見た入り口、少しシャッターが降りていますが、営業しています。
「ブリクストン・ビレッジ(Brixton Village)」に比べると、少し暗い雰囲気


マーケット・ロウ(MARKET ROW)
そして人気があまりありませんでした。


マーケット・ロウ(MARKET ROW)
綺麗に魚が並べられた鮮魚店。


マーケット・ロウ(MARKET ROW)
少し進むと、レストランなどがあり、人の気配がして、ホッとしました。


地域通貨「ブリクストン・ポンド(Brixton Pound)」の販売機
その奥に販売機を発見しました。
遠目に見ると、お菓子が販売されているようでした。


地域通貨「ブリクストン・ポンド(Brixton Pound)」
地域通貨「ブリクストン・ポンド(Brixton Pound)」
ブリクストン内で使用できる地域通貨。
金額により数種類のデザインがあります、地元出身のデヴィッド・ボウイ(David Bowie)がデザインされた10B£を買ってしまいました。


マーケット・ロウ(MARKET ROW)
お腹が空いていれば、寄ってみたいお店もありましたが、とんこつラーメンを食べたばかりで、何も食べられませんでした。


ブリクストン駅(Brixton tube station)周辺
駅前に戻ると、再びカリビアンの雰囲気に。。。

この後、アーガイル・ストリート(Argyll Street)にある1910年完成の劇場「ロンドン・パラディウム(London Palladium)」に行きました。


【 Next 】ロンドン・パラディウム(London Palladium)に続く

【 Back 】EU離脱前!? グローバル都市をゆったり歩くロンドン旅行シリーズに戻る


マーケット・ロウ(MARKET ROW)

Web: http://brixtonmarket.net/brixton-village/


地図



スポンサーリンク


0 件のコメント: