アプリ「カップス(CUPS)」を使ってお得にコーヒー「ザ・ビーン(The Bean)」 − ニューヨーク旅行

2017年3月
ザ・ビーン(The Bean)
ニューヨーク|ザ・ビーン(The Bean)

ザ・ビーン(The Bean)は、2003年創業のお店。
「トンプキンズ・スクエア・パーク(Tompkins Square Park)」で寛いだら、身体が冷めてしまったので、暖かい場所を求めてアプリ「カップス(CUPS)」で見つけた近くのカフェに寄ってみました。

春目前、まだ雪の残るニューヨークをふらっと観光シリーズ
今回は「ザ・ビーン(The Bean)」 です。

ザ・ビーン(The Bean)
ザ・ビーン(The Bean)の外観
向かいの交差点からも、目立つくらいに派手。

見覚えのある場所だと思ったら、先日見直したドラマ「パーソン・オブ・インタレスト(Person of Interest)」のシーズン3の22話で使用されていました。
しかも店内で銃撃シーンまでありました。


ザ・ビーン(The Bean)
ザ・ビーン(The Bean)
入り口すぐにカウンターで注文しました。
ここで以前から気になっていたアプリ↓を利用しました。


カップス(CUPS)
カップス(CUPS)

本来は「月額定額でコーヒー・紅茶などが飲める(電子回数券?)」というのが売りのアプリだそうですが。
・近くの「個人経営のカフェ」が地図上で表示され、探す手間が省ける。
・アプリで決済が可能。
・アプリをダウンロードし、ログインすると一杯無料のクーポンが貰える。
とクーポンを利用してお得に、コーヒーをいただきました。


ザ・ビーン(The Bean)
ザ・ビーン(The Bean)
窓際、奥の壁側はテーブル席。
一部はインターネットカフェのようになっています。


ザ・ビーン(The Bean)
ザ・ビーン(The Bean)
奥の中央にある大きなテーブルでは、みなPCに向かっています。
とても心地よい雰囲気なので、長居してしまう気持ちもわかります。
それでも、私が席を探しているように見えたのか「ここ使いたい??」と周りのお客さんがやさしく声を掛けてくださいました。


ザ・ビーン(The Bean)
ザ・ビーン(The Bean)
コーヒーと紅茶をいただきました。
こちらのテーブル席は、PCの持ち込みが禁止の席です。
トイレ(店内右奥)は、大きな個室がひとつで、大きなキーホルダーの鍵をお店の人からもらって利用するタイプです。

この後、夜の「エンパイア・ステート・ビルディング(Empire State Building)」に行きました。


【 Next 】エンパイア・ステート・ビルディング(Empire State Building)に続く

【 Back 】春目前、まだ雪の残るニューヨークをふらっと観光に戻る


ザ・ビーン(The Bean)

Web: http://thebeannyc.com/


地図



スポンサーリンク


0 件のコメント: