ライト・アップが綺麗な元銀行の建物「ウェイリン(Weylin)」 − ニューヨーク旅行

2017年3月
ウェイリン(Weylin)
ニューヨーク|ウェイリン(Weylin)

ウェイリン(Weylin)は、アメリカの建築家ジョージ・ブラウン・ポスト(George Browne Post)の設計で、1870年から1875年の間に「ウィリアムズバーグ貯蓄銀行(Williamsburgh Savings Bank)」として建設されました。
後にHSBCとなり、2010年にブルックリンの起業家のグループが購入、3年の修復期間を経て、現在は結婚式などのイベントスペースとして使用されているようです。

春目前、まだ雪の残るニューヨークをふらっと観光シリーズ
今回は「ウェイリン(Weylin)」 です。

※ニューヨーク市歴史建造物やアメリカ合衆国国家歴史登録財に登録

ウェイリン(Weylin)
ウェイリン(Weylin)の外観
「ダイナー(Diner)」の帰り道、偶然見つけて、とても綺麗な外観がライトアップされていたので、近づいてみました。


ウェイリン(Weylin)
ウェイリン(Weylin)の外観
ウェイリン(Weylin)」は19世紀のウィリアムズバーグの伝説のキャラクター「Weylin B. Seymour」にちなんで名付けられたそうです。


ウィリアムズバーグ橋(Williamsburg Bridge)
ウィリアムズバーグ橋(Williamsburg Bridge)

翌朝は、帰国のため「地下鉄+エア・トレイン(AirTrain)」でマンハッタンから「ジョン・F・ケネディ国際空港(John F. Kennedy International Airport)」に向かいました。


【 Next 】地下鉄+エア・トレイン(AirTrain)に続く

【 Back 】春目前、まだ雪の残るニューヨークをふらっと観光に戻る


ウェイリン(Weylin)

Web: http://weylin.com/


地図



スポンサーリンク


0 件のコメント: