手描き看板が存在感を増す、レトロな映画館「全美戯院(Chin Men Theater)」 − 台湾縦断旅行

March 23, 2016

全美戯院(Chin Men Theater)
台南市|全美戯院(Chin Men Theater)

「全美戯院(Chin Men Theater)」は、前進の「第一全成戲院」(1950年〜)から続く映画館です。
偶然、前を通ったのですが、映画館の前面には、専門の職人さんによって描かれた手描きの看板があって、思わず足を止めてしまいました。

グルメとアートを堪能!!年末・台湾縦断旅行シリーズ
今回は「全美戯院(Chin Men Theater)」 です。





全美戯院(Chin Men Theater)の外観

全美戯院(Chin Men Theater)
全美戯院(Chin Men Theater)の外観
手描きの看板に注目しがちですが、実は建物自体もバロック風で素敵です。


全美戯院(Chin Men Theater)
全美戯院(Chin Men Theater)
映画館を道路を挟んで反対側からみていたのですが
ふと、こちら側を見ると、近くて看板を描いている人が。
暫く、描いている様子を後ろから眺めていたのですが、脇目もふらず描き続けていました。


全美戯院(Chin Men Theater)
全美戯院(Chin Men Theater)
アカデミー監督賞2回受賞した台南出身の監督「アン・リー(Ang Lee)」さんもこの映画館の常連だったようです。


この辺りはブライダル系のお店が多くて、
そんなお店を覗いているカップルがいました。


ただ、町中にはこんな一角もあります。

この後、移動のため、台南駅から高雄に電車で向かいました。


【 Next 】台南駅ー高雄駅 自強号 121次(台湾鉄道)に続く

【 Back 】グルメとアートを堪能!!年末・台湾縦断旅行シリーズに戻る

2015年12月


全美戯院(Chin Men Theater)
Web:http://www.cm-movie.com.tw/

地図

スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 コメント