自由の女神を遠くに眺める「バッテリー・パーク(Battery Park)」 − ニューヨーク旅行

July 16, 2017

バッテリー・パーク(Battery Park)
ニューヨーク|バッテリー・パーク(Battery Park)

「バッテリー・パーク(Battery Park)」は、ニューヨーク港に面した公園です。
「ウォール街(Wall Street)」の散歩のついでに行ってみました。

春目前、まだ雪の残るニューヨークをふらっと観光シリーズ
今回は「バッテリー・パーク(Battery Park)」 です。

ウォール街(Wall Street)
ナショナル ミュージアム オブ ザ アメリカン インディアン(National Museum of the American Indian)
1907年完成の建物を利用した博物館。
以前は「アレクサンダー・ハミルトン合衆国税関(Alexander Hamilton U.S. Custom House)」だったそうです。

ナショナル ミュージアム オブ ザ アメリカン インディアン(National Museum of the American Indian)
Web:http://www.nmai.si.edu/visit/newyork/



バッテリー・パーク(Battery Park)に到着

バッテリー・パーク(Battery Park)
バッテリー・パーク(Battery Park)|Netherland Monument
寝方が大胆。。


バッテリー・パーク(Battery Park)
バッテリー・パーク(Battery Park)
先には「キャッスル・クリントン(Castle Clinton)」が見えます。


バッテリー・パーク(Battery Park)
バッテリー・パーク(Battery Park)
リスもアクティブです。



9月11日のテロの影響を受けたオブジェ「ザ・スフィア(The Sphere)」

バッテリー・パーク(Battery Park)
ザ・スフィア(The Sphere)
後ろには「キャッスル・クリントン(Castle Clinton)」。
「ザ・スフィア(The Sphere)」はドイツ人彫刻家「フリッツ・ケーニッヒ(Fritz Koenig)」の作品。


バッテリー・パーク(Battery Park)
ザ・スフィア(The Sphere)
「世界貿易センター(World Trade Center)」の広場に30年以上設置されていたオブジェですが、2001年9月11日のテロの影響で瓦礫の中から掘り起こされ、こちらに設置されています。


バッテリー・パーク(Battery Park)
永遠の炎(Eternal flame)
2002年9月11日に点火されたそうです。。



砂岩の砦「キャッスル・クリントン(Castle Clinton)」

キャッスル・クリントン(Castle Clinton)
キャッスル・クリントン(Castle Clinton)
1811年完成、米英戦争の際に築かれた砂岩の砦です。
かつてここは人工島でしたが、埋め立てられ、現在ここはマンハッタン島の一部となっています。
その後1824年に劇場として、1855年からはアメリカ初の移民局、1896年からはニューヨーク水族館、そして現在は博物館として使用されています。

キャッスル・クリントン(Castle Clinton)
Web:https://www.nps.gov/cacl/index.htm


キャッスル・クリントン(Castle Clinton)
キャッスル・クリントン(Castle Clinton)


バッテリー・パーク(Battery Park)
朝鮮戦争の慰霊碑(New York Korean War Veterans Memorial)


バッテリー・パーク(Battery Park)
朝鮮戦争の慰霊碑(New York Korean War Veterans Memorial)
周囲には、各国の犠牲者・負傷者・行方不明者が刻まれていました。


バッテリー・パーク(Battery Park)
Pier A Harbor House
元は1886年完成のニューヨーク市の港湾警察署でした。
2009年に修復が始まり、2014年にレストランとバーとしてオープンしたそうです。

Pier A Harbor House
Web:https://www.piera.com/



「リバティー・アイランド(Liberty Island)」へ向かうフェリーが発着

バッテリー・パーク(Battery Park)
バッテリー・パーク(Battery Park)
ここから「自由の女神(Statue of Liberty)」がある「リバティー・アイランド(Liberty Island)」へ向かうフェリーが発着しています。



バッテリー・パークから眺める「自由の女神(Statue of Liberty)」

バッテリー・パーク(Battery Park)
バッテリー・パーク(Battery Park)
今回の旅行で、一番近くに「自由の女神(Statue of Liberty)」を見たのがここでした。


バッテリー・パーク(Battery Park)
バッテリー・パーク(Battery Park)
「ルイス・サンギーノ(Luis Sanguino)」の作品「The Immigrants」


バッテリー・パーク(Battery Park)
バッテリー・パーク(Battery Park)
女神さんも、休憩中でしょうか。



映画「メン・イン・ブラック(Men in Black)」に出てくる本部の建物

ブルックリン・バッテリー・トンネル・ベンチレーション・ビル(Brooklyn-Battery Tunnel Ventilation Building)
ブルックリン・バッテリー・トンネル・ベンチレーション・ビル(Brooklyn-Battery Tunnel Ventilation Building)
左の四角い建物は映画「Men in Black」で本部の建物となっていた所です。
「キャッスル・クリントン(Castle Clinton)」を背後にベンチに座っているシーンもあります。

「1 ワールドトレードセンター(One World Trade Center)」も見えます。
この後、緑道「ハドソン・リバー・グリーンウェイ(Hudson River Greenway)」を散歩しました。


【 Next 】ハドソン・リバー・グリーンウェイ(Hudson River Greenway)に続く

【 Back 】春目前、まだ雪の残るニューヨークをふらっと観光に戻る


2017年3月


バッテリー・パーク(Battery Park)
Web:http://www.thebattery.org/


地図



スポンサーリンク

スポンサーリンク


You Might Also Like

0 コメント