サン・セバスティアンの旧市街の散歩 − バスク地方とバルセロナ旅行

October 22, 2018

サン・セバスティアンの旧市街の散歩
サン・セバスティアン|サン・セバスティアンの旧市街の散歩

サン・セバスティアンは、旧市街の町並みも魅力的です。
朝も昼も、夜も散歩してみました。

美食の街サン・セバスティアンでピンチョス祭り!シリーズ
今回は「サン・セバスティアンの旧市街の散歩」 です。




サン・セバスティアンの旧市街の早朝

Enbeltran Kalea
Enbeltran Kalea
朝は小雨が降ったようで、道がまだ濡れていました。
通りの奥には、サンセバスティアンで最も古い劇場「Teatro Principal」が見えます。



Narrika Kalea
Narrika Kalea
静まり返った、旧市街の朝は
音楽隊が朝の演奏(?)をして、足早に通り過ぎていきます。

これだけでも、この街に豊かさや余裕を感じるのは
日々、車の騒音の中で生活しているせいでしょうか。。。(サン・セバスティアンの旧市街は車の乗り入れが禁止なので、歩きやすいです)


サリエギ広場(Plaza Sarriegi)
サリエギ広場(Plaza Sarriegi)
この広場の先には、旧市街の市場「ラ・ブレチャ市場(la Bretxa)」があります。



【彫刻】サン・セバスティアンの太鼓祭り

サリエギ広場(Plaza Sarriegi)
THE TAMBORRADA DRUM PARADE
市場の正面左横には「サリエギ広場(Plaza Sarriegi)」があり、彫刻家「Nino Barriuso」の作品「THE TAMBORRADA DRUM PARADE」があります。

この広場の名前が「サリエギ広場(Plaza de Sarriegi)」 なのも、このお祭りの考案者である「ライムンド・サリエギ(Raimundo Sarriegi)」に因んだものなのだとか(この彫刻の裏側には「ライムンド・サリエギ(Raimundo Sarriegi)」の彫刻もあります)。
毎年1月20日の聖セバスチャンの祭日には、太鼓祭り「タンボラーダ(TAMBORRADA)」が行われ、24時間街中に太鼓の音が満ちあふれ、白いエプロンにコック帽のコック姿、兵士の衣装を着た人々が街をパレードするそうです。

タンボラーダ(TAMBORRADA) 詳細はこちら

このお祭りのメイン会場は、やはり旧市街の中心地「コンステシオン広場(Plaza de la Constitucion)」だそうです。

コンステシオン広場(Plaza de la Constitucion)


バレ・レルスンディ広場(Plaza Valle Lersundi)

バレ・レルスンディ広場(Plaza Valle Lersundi)
バレ・レルスンディ広場(Plaza Valle Lersundi)
小さな広場には、水汲み場「Fuente de Kañoietan」があります。

先程彫刻にもあったサン・セバスティアンのお祭り「タンボラーダ(TAMBORRADA)」は、フランスのナポレオン軍に占領されていた19世紀初め頃に、街の水汲み場として使用していたこの場所で、ナポレオン軍が毎日太鼓をたたいて町を行進しているのを町の人々(料理人など)が水くみの樽をたたいて真似したのが始まりとのことです。


バレ・レルスンディ広場(Plaza Valle Lersundi)
バレ・レルスンディ広場(Plaza Valle Lersundi)
この広場には「ドラ・サラザール(Dora Salazar)」の作品
「La Reconstructora」があります。
1813年にサン・セバスティアンを襲った火の後に、街の復興のため
頭に乗せたカゴでレンガを運ぶ働きをした女性たちを表しています。


サン・セバスティアンの旧市街の散歩
サン・セバスティアンの旧市街の散歩
サン・セバスティアンの旧市街にもたくさんの犬がいました。
毎日散歩している、秋田犬らしき姿も見かけました。



トリニダード広場(Trinitate plaza)

トリニダード広場(Trinitate plaza)
トリニダード広場(Trinitate plaza)
普段の広場は、地元の子どもたちがサッカーをしているような長閑な雰囲気ですが、
ジャズフェスティバル等が開催されるそうです。

1963年に建築家「ルイス・ペニャ・ガンチェギ(Luis Peña Ganchegui)」によって設計されました。



サンセバスティアンで最も古い劇場「Teatro Principal」

Teatro Principal
Teatro Principal
旧市街を散歩していると、素敵な建物を発見しました。
狭い旧市街の中では、大きくて歴史のありそうな建物が目立ちます。

1843年に発足したサンセバスティアンで最も古い劇場「Teatro Principal」です。
現在の建物は1930年に解体された後に建てられたものだそうです。


Teatro Principal
Teatro Principal
1987年に市立劇場祭(現在は「Donostia Kultura」)として設立されました。
現在も劇場、舞踊、音楽、映画などの上映を行っているそうです。



夜のサン・セバスティアン旧市街

Teatro Principal
Teatro Principal


サン・セバスティアン・ダック・ストアー(San Sebastian Duck Store)
サン・セバスティアン・ダック・ストアー(San Sebastian Duck Store)
リスボンでも見かけたお店。
色々なキャラクターのアヒル(一部はもはやアヒルとは言い難い。。)がいて、楽しいお店です。

リスボン・ダック・ストアー(Lisbon Duck Store)


サン・セバスティアンの旧市街の散歩
サン・セバスティアンの旧市街の散歩
「J.M. LeClerc」



夜のバル街

バル・ネストール(Bar Nestor)
バル・ネストール(Bar Nestor)
今回は行けなかったのですが、肉とトルティージャの美味しいお店です。


アタリ・ガストロテカ(Atari Gastroteka)
アタリ・ガストロテカ(Atari Gastroteka)
お店の向かいには、サン・セバスティアンの守護聖人を祀った教会「サンタ・マリア・デル・コロ教会(Iglesia de Santa Maria del Coro)」があります。

サンタ・マリア・デル・コロ教会(Iglesia de Santa Maria del Coro)

サン・セバスティアンの旧市街の散歩
サン・セバスティアンの旧市街には、ここか城壁に囲まれた街だったことを思わせる場所もあります。


サン・セバスティアンの旧市街の散歩
夜の街灯に照らされてとても綺麗でした。

翌日はビルバオへの移動日、移動前に、サン・セバスティアンの旧市街にあるコインランドリー「Lavandería wash 'n dry laundry」に行ってみました。


【 Next 】Lavandería wash 'n dry laundryに続く

【 Back 】美食の街サン・セバスティアンでピンチョス祭り!に戻る


2018年4月


サン・セバスティアンの町の散歩


地図


スポンサーリンク

スポンサーリンク


You Might Also Like

0 コメント