インディアンの顔のあるモデルニスモ様式の建物「エル・インディオ(El Indio)」− バスク地方とバルセロナ旅行

December 06, 2018

エル・インディオ(El Indio)
バルセロナ|エル・インディオ(El Indio)

「エル・インディオ(El Indio)」は、ラバル地区にある美しい建物です。

「エル・インディオ(El Indio)」は、1870年に「F. Mitjans Indiano」によって創設され、1922年に「Vilarói Valls」によってモデルニスモ様式の装飾になりました。

 現在、建物は使用されていないようですが、外観をみてみました。

美食の街サン・セバスティアンでピンチョス祭り!シリーズ
今回は「エル・インディオ(El Indio)」 です。


「エル・インディオ(El Indio)」の入る建物「Casa Ramon de Martí」は、「Pau Sambró i Badia」によって設計、1861年に完成しました。



エル・インディオ(El Indio)の外観

エル・インディオ(El Indio)
エル・インディオ(El Indio)
「エル・インディオ(El Indio)」は、「カルメ通り(Carrer del Carme)」沿いにあります。
側面には、壁の装飾「ズグラッフィート(Sgraffito)」があったようですが、随分と劣化しています。



建物にはインディアンの彫刻もあります

エル・インディオ(El Indio)
エル・インディオ(El Indio)
現在は店舗としても使用されていないためか、彫刻にもほこりが、、

インディアンの彫刻の下には、十字架もありますね。

この後、オリーブオイルのハンドクリームを買いに「ラ・チナータ(La Chinata) Barcelona Raval」に行ってみました。


【 Next 】ラ・チナータ(La Chinata) Barcelona Ravalに続く

【 Back 】美食の街サン・セバスティアンでピンチョス祭り!に戻る


2018年5月


エル・インディオ(El Indio)


地図


スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 コメント