12月の地中海の風に吹かれながら、日没前の「バルセロナの海辺の散歩(千鳥足編)」 - バルセロナ旅行

March 12, 2015

バルセロナ|バルセロナの海辺の散歩

バルセロの海岸を散歩したのは12月、それも下旬ですが、地中海に面した海岸は冬でも日差しが強く、暖かいので、昼間散歩するには最適です。

2014〜2015年年越しヨーロッパ旅行(18泊21日+おまけ)シリーズ
今回は「バルセロナの海辺の散歩」です。


※写真はバルセロネーター海岸にあるドイツ人「レベッカ・ホルン(Rebecca Horn)」によるモニュメント「L'Estel ferit」 (The Wounded Shooting Star)。

 
ビーチバレー
12月下旬ですが、白熱しているのか
半袖半ズボンだけでなく、上半身ハダカの人もいます。


ヤシの並木道


オリンピック港(Port Olímpic)
1992年のバルセロナ・オリンピックの時に建設。
周囲には、有名なバーやナイトクラブ、カジノがあります。


四輪車やスケボーでお散歩する人達


高級ホテル「Wホテル」が見えてきました。
この辺りは、波打ち際が近いので、
歩道を歩くだけでも、波の音が心地よく聞こえてきます。

途中、海辺にはお店もあり、沢山の人で賑わっていました。


海辺の歩道ではギターを弾く人もいました。
波の音とギターの音が相まって、ゆったりとした気持ちになります。
通り過ぎる人々もなんだか幸せそうに見えます。


この辺りはベンチもたくさんあり、ついつい長居をしてしまいそうです。


パッセージ デ ホアン デ ボルボ (Passeig de Joan de Borbó)
シーフードレストラン街。


バルセロナ港
刻々と変わっていく夕焼けとまわりの景色が、絵画の様に綺麗でした。


コロン通り(Passeig de Colom)
この写真のエビの尻尾あたりに
ロイ・リキテンシュタインの「バルセロナ・ヘッド」がありますが
巨大エビに気をとられてしまいました。


ラ・ガンバ(La Gamba)
ハビエル・マリスカルの巨大エビのモニュメント。


コロンブスの塔が見えてきました。
高いビルに囲まれていないので、遠くからも目印になって便利です。


コロンブスの塔で本日の海辺の散歩は終了。

翌朝は、ペトリショル通にある1947年創業の老舗のカフェ「グランハ・ラ・パジャレサ(Granja La Pallaresa)」に向かいました。


【 Next 】グランハ・ラ・パジャレサ(Granja La Pallaresa)に続く

【 Back 】2014〜2015年年越しヨーロッパ旅行(18泊21日+おまけ)シリーズに戻る


2014年12月


バルセロナの海辺の散歩


スポンサーリンク

You Might Also Like

0 コメント