チューブ型のエスカレーターが印象的な「ポンピドゥー・センター(Centre Georges-Pompidou)」 - パリ旅行

July 16, 2015

2014年12月
ポンピドゥー・センター(Centre Georges-Pompidou)
パリ|ポンピドゥー・センター(Centre Georges-Pompidou)

「ポンピドゥー・センター(Centre Georges-Pompidou)」は、ポンピドゥー大統領の提唱で計画され、1977年に開館した、映画館、美術館、図書館等が入った複合芸術施設。
ロンドンの「ロイズ(Lloyd's of London)」と同様にレンゾ・ピアノ(Renzo Piano)とリチャード・ロジャース(Richard George Rogers)が設計しました。
最上階は、パリの展望スポットのようです。

2014〜2015年年越しヨーロッパ旅行(18泊21日+おまけ)シリーズ
今回は「ポンピドゥー・センター(Centre Georges-Pompidou)」です。


そしてここポンピドゥー・センターは
「リサとガスパール」のリサの住処、らしい。。。です。


ポンピドゥー・センター(Centre Georges-Pompidou)
ポンピドゥー・センター(Centre Georges-Pompidou)
こちらも大行列。。。
行列に圧倒され、入るのを諦めてひと休みしました。
建物の全面にあるチューブ上のエスカレーターが特徴的です。


ポンピドゥー・センター(Centre Georges-Pompidou)
ポンピドゥー・センター(Centre Georges-Pompidou)
建物は完成しているのに、工事中の建物のようです。


ストラヴィンスキー広場(Place Igor Stravinsky)
ストラヴィンスキー広場(Place Igor Stravinsky) ストラヴィンスキー池
ポンピドゥー・センターの横にあり、1982年に完成したストラヴィンスキー広場(Place Igor Stravinsky)にある池です。
本来は水が吹き出すオブジェ「自動人形の噴水」があり、にぎやかな池ですが、
凍ってる。。


ストラヴィンスキー広場(Place Igor Stravinsky)
ストラヴィンスキー広場(Place Igor Stravinsky)
池の奥はサン・メリ教会(Église Saint-Merri)
「小ノートルダム」と呼ばれ教会内部も必見のようです。
「白鳥」で有名なシャルル・カミーユ・サン=サーンス(Charles Camille Saint-Saëns)がオルガニストを務めていました。

サン・メリ教会(Église Saint-Merri)
Web:http://saintmerry.org/


ストラヴィンスキー広場のカフェ
ストラヴィンスキー広場のカフェ
ストラヴィンスキー広場の周囲には、お洒落なものから庶民的なものまで沢山カフェがあります。
本日この時点で既に18.6キロ散歩していてさすがに疲れました。
右の建物は、カフェ内部から観た「ポンピドゥー・センター(Centre Georges-Pompidou)」です。
近くにはお洒落なユニクロがあり、レジは行列をなしていました。

この後、シテ島まで歩いて「パリのノートルダム大聖堂(Cathédrale Notre-Dame de Paris)の夜景」を観ました。


【 Next 】パリのノートルダム大聖堂(Cathédrale Notre-Dame de Paris)の夜景に続く

【 Back 】2014〜2015年年越しヨーロッパ旅行(18泊21日+おまけ)シリーズに戻る



ポンピドゥー・センター(Centre Georges-Pompidou)

Web:https://www.centrepompidou.fr/


地図



スポンサーリンク

You Might Also Like

0 コメント

Flickr Images