年末で賑わい、イルミネーションが綺麗な「コンコルド広場(Place de la Concorde)」の散歩 - パリ旅行

2014年12月
コンコルド広場(Place de la Concorde)
パリ|コンコルド広場(Place de la Concorde)

コンコルド広場(Place de la Concorde)は、1755年に設計された広場。
フランス革命の際にはギロチン台が置かれマリー・アントワネット等
沢山の人が処刑されていると考えると
現代の華やかな広場でただ浮かれているのもなんだか。。。

2014〜2015年年越しヨーロッパ旅行(18泊21日+おまけ)シリーズ
今回は「コンコルド広場(Place de la Concorde)」です。


コンコルド広場(Place de la Concorde)
コンコルド広場(Place de la Concorde)を眺める
コンコルド広場からは他にもモンパルナスタワー(Tour Montparnasse)エッフェル塔(La tour Eiffel)そして、現在国会議事堂(下院の国民議会)として使用されている
ブルボン宮殿(Palais Bourbon)が見えます。


コンコルド広場(Place de la Concorde)
期間限定の大観覧車(Grande Roue de la Concorde)
今回の期間は2014年11月14日~ 2015年2月15日。
乗り場には長蛇の行列が見えて
今回はすぐに諦めましたが
金・土曜日は夜1:00迄営業しているので、時間さえあれば乗れそうです。
直径65mもあるので見晴らしが良いようです。


コンコルド広場(Place de la Concorde)
ルクソールオベリスク(Obélisque de Louxor)
「クレオパトラの針」とも呼ばれ、1836年エジプトから贈呈されたもの。
元々はルクソール神殿の入口に対で立っていたもので
対のものはルクソールにあるそうです。
台座の部分にはどのようにして、このオベリスクを運んだかが記載されています。


コンコルド広場(Place de la Concorde)
コンコルド広場(Place de la Concorde)の噴水
中央で異様な存在感があるのが、マドレーヌ寺院(Église de la Madeleine)
青色のイルミネーションはまだ綺麗なバージョンです。


シャンゼリゼ通り(L'Avenue des Champs-Élysées)
シャンゼリゼ通り(L'Avenue des Champs-Élysées)と
エトワールの凱旋門(Arc de triomphe de l'Étoile)
明日(2014年12月31日)は歩行者天国になって賑わいそうです。


シャンゼリゼ通り(L'Avenue des Champs-Élysées)
シャンゼリゼ通りにはクリスマス・マーケットがそのままありました。


コンコルド橋からの眺め
コンコルド橋からの眺め
エッフェル塔とアレクサンドル3世橋(Pont Alexandre III)。
橋からはガラス屋根が青く光ったグラン・パレ(Grand Palais)の
イルミネーションも見えました。

橋の反対側から歩いてきたカップルの女性の方に
エッフェル塔ではなく
「あのグラン・パレを入れて、写真を撮って欲しい!!」と頼まれました。
そして撮影後「貴方達も撮ってあげる!!」と有無を言わせず
エッフェル塔ではなく、グラン・パレを背景して写真を撮ってくれました。
ほんの少しの時間でしたが
彼女のグラン・パレに対する情熱が半端無くて楽しかったです。

この後、歩いてホテルに戻り
翌日はノートルダム大聖堂に次ぎ、パリ第2の大きさをもつ教会
サン=シュルピス教会 (Église Saint-Sulpice)に向かいました。


【 Next 】サン=シュルピス教会 (Église Saint-Sulpice)に続く

【 Back 】2014〜2015年年越しヨーロッパ旅行(18泊21日+おまけ)シリーズに戻る



コンコルド広場(Place de la Concorde)



地図



スポンサーリンク


0 件のコメント: