台北から台中へバス移動「台湾桃園国際空港ー科学博物館/台中市(飛狗機場巴士ーFree Go Airport Bus)」 − 台湾縦断旅行

February 03, 2016

飛狗機場巴士(Free Go Airport Bus)
台湾桃園国際空港ー科学博物館/台中市(飛狗機場巴士ーFree Go Airport Bus)

「台湾桃園国際空港(Taiwan Taoyuan International Airport)」から、バス「飛狗機場巴士(Free Go Airport Bus)」で台中市に向かいました。

グルメとアートを堪能!!年末・台湾縦断旅行シリーズ
今回は「台湾桃園国際空港ー科学博物館/台中市(飛狗機場巴士ーFree Go Airport Bus)」 です。


飛狗機場巴士(Free Go Airport Bus)
台湾桃園国際空港(Taiwan Taoyuan International Airport)バスのりば
台湾桃園国際空港(Taiwan Taoyuan International Airport)ー台中へ向かうバスは、バス会社が3社(国光客運・建明客運(飛狗機場巴士)・統聯客運)あります。
今回乗車するバスは、車体がピンク色の「飛狗機場巴士(Free Go Airport Bus)」。
こちらのバスを利用した理由は、時刻表を見たらちょうどよい時間に、台南市で宿泊するホテルの一番近いバス停「科学博物館(金典酒店)」行きがあったから。。
窓口でチケットを購入し、乗り場で待ちました。
乗り場の係のおじさんは優しい人で、心配になったのか、持っていたバス会社のパンフレットに、「これ、うんちゃん」とバスの運転手の人の名前を書いてくれました。


飛狗機場巴士(Free Go Airport Bus)
窓口で買ったチケット、もう既に過ぎた時間が記載されているのですが、どうやら「出発時間」ではなく、発行した時間らしいです(窓口のおじさんに聞くと「大丈夫!!」とひと言)。
一緒に購入した2枚のチケットですが、記載時間が違います。


飛狗機場巴士(Free Go Airport Bus)
飛狗機場巴士(Free Go Airport Bus)の座席
ちょっと古い感じ。。
ただ座席は、一人ひとり独立しており、大きいです。
荷物は、バスの床下トランクに預けます。


飛狗機場巴士(Free Go Airport Bus)
飛狗機場巴士(Free Go Airport Bus)
バスの乗り心地には、贅沢は言えませんが、、ずっと身体が跳ねているような状態です。
バスを降りた時に、かなりホッとしました!!


現在地
ただ、このバスの揺れと、バス車内に漂うローカルな匂いに(乗り込んできた人々が思い思いに好きなものを食べているので)、台湾に来たな〜という気分になります。
車窓からの景色は、日本の郊外のものとあまり変わらないので。。


飛狗機場巴士(Free Go Airport Bus)
飛狗機場巴士(Free Go Airport Bus)
このバスの前の表示、何を表示しているのか疑問です、今19:13分。


台湾大道三段(Section 3, Taizhonggang Road)
台湾大道三段(Section 3, Taizhonggang Road)
やっと台中の街中に到着したようです。
約2時間、車中では、インターネットで台中の情報収集をしました(ガイドブックを持っていないので)。


飛狗機場巴士(Free Go Airport Bus)
科学博物館/台南市到着
ここで降りるのは、私達のみでした。
ピンク色のバスは、荷物を降ろすと凄い勢いで去って行きました。


この後、晩ごはんを求めて廣三SOGO百貨に向かいましたが、スタートが遅く。。着いてそうそう晩ごはん難民になりました、次回はそんな写真です。


【 Next 】コンビニのお弁当に続く

【 Back 】グルメとアートを堪能!!年末・台湾縦断旅行シリーズに戻る


2015年12月


飛狗機場巴士(Free Go Airport Bus)
Web:http://setter.southeastbus.com/b.html


地図 ※下車したバス停の位置です。


スポンサーリンク

You Might Also Like

0 コメント

Flickr Images