マーケットと人で賑わう、日曜日の「ブリック・レーン(Brick Lane)」 − ロンドン旅行

2016年9月
ハンベリー・ストリート(Hanbury Street)
ロンドン|ブリック・レーン(Brick Lane)

ブリック・レーン(Brick Lane)は、地元の煉瓦土を使用した煉瓦やタイル工場が多くあったことから15世紀に名付けられた通りです。
かつては「ホワイトチャペル・レーン(Whitechapel Lane)」と呼ばれていたようです。
時代の移り変わりと共に、様々な移民を受け入れながら、変化している「ブリック・レーン(Brick Lane)」は、ロンドンにいながら、ロンドンではないような、、、カレーの匂いが漂う通りです。
日曜日に行ってみました。

EU離脱前!? グローバル都市をゆったり歩くロンドン旅行シリーズ
今回は「ブリック・レーン(Brick Lane)」 です。

ブリック・レーン(Brick Lane)
ブリック・レーン(Brick Lane)
19世紀にはアイルランド人やユダヤ人がこの地域に移住してきたのですが
20世紀後半、バングラディッシュ北東の都市シレットから多くの移民が移住し、
現在この辺りは、ロンドン最大のバングラデシュ・コミュニティがあるそうです。
プレートには、英語とベンガル語が併記してあります。


ブリック・レーン(Brick Lane)
ブリック・レーン(Brick Lane)
このあたりは、カレー屋さんが並んでいます。
呼び込みの人が軒先に立っていて、商売熱心です。


ファッション・ストリート(Fashion Street)
ファッション・ストリート(Fashion Street)


ヘンエッジ・ストリート(Heneage Street)
ヘンエッジ・ストリート(Heneage Street)
この通りは、趣のある石畳です。
少し進むと、パブ「ザ・プライド・オブ・スピタルフィールズ(The Pride of Spitalfields)」があります
帰りに寄ってみました。

ザ・プライド・オブ・スピタルフィールズ(The Pride of Spitalfields)
→訪問の様子は、こちら


ブリック・レーン(Brick Lane)
ブリック・レーン(Brick Lane)
「Suzzle」というお店のシャッターに描かれたAshes57の作品です。
下のWebページから、製作中の動画を見ることができます。

Ashes57
Web:http://ashes57.com/


ブリック・レーン(Brick Lane)
ブリック・レーン(Brick Lane)


ブリック・レーン(Brick Lane)
ブリック・レーン(Brick Lane)


ブリック・レーン(Brick Lane)
プリンセット・ストリート(Princelet Street)
左)スティック(Stik)の作品。
右中央) Otto Schadeの作品

スティック(Stik)
Web:http://stik.org/

Otto Schade
Web:http://ottoschade.com/


ブリック・レーン(Brick Lane)
ブリック・レーン(Brick Lane)


ダーク・シュガー・ココア・ハウス(Dark Sugars Cocoa House)
ダーク・シュガー・ココア・ハウス(Dark Sugars Cocoa House)
2013年にオープンした、ガーナ出身のオーナーが経営するチョコレート専門店です。

ダーク・シュガー・ココア・ハウス(Dark Sugars Cocoa House)
→訪問の様子は、こちら


ハンベリー・ストリート(Hanbury Street)
ハンベリー・ストリート(Hanbury Street)
Dale Grimshawの作品。

Dale Grimshaw
Web: http://www.dalegrimshaw.com/


ブリック・レーン(Brick Lane)
ハンベリー・ストリート(Hanbury Street)
こちらは、ストリート・アーティストROAによる作品

ROA
Facebook:こちら

ここでは、ストリート・アートを巡るツアーがあるそうです。

ショーディッチ・ストリート・アート・ツアー(Shoreditch Street Art Tours)
Web:http://www.shoreditchstreetarttours.co.uk/


ハンベリー・ストリート(Hanbury Street)
ハンベリー・ストリート(Hanbury Street)


ブリック・レーン(Brick Lane)
ブリック・レーン(Brick Lane)
ブリック・レーン(Brick Lane)を横切り、建物同士を繋ぐ「オールド・トゥルーマン・ビール醸造所(Old Truman Brewery)」の建物。
トルーマンのロゴが見えてきました。
このあたりから人がたくさんです。

オールド・トゥルーマン・ビール醸造所(Old Truman Brewery)
バックヤード・マーケット(Backyard Market)
→訪問の様子は、こちら

ヴィンテージ・マーケット(Vintage Market)
→訪問の様子は、こちら


ブリック・レーン(Brick Lane)
ブリック・レーン(Brick Lane)
車の中で演奏中。


ブリック・レーン(Brick Lane)
ブリック・レーン(Brick Lane)


バクストン・ストリート(Buxton Street)
バクストン・ストリート(Buxton Street)
「通り名」の看板の右にあるのは、Cytizen Kaneの作品。
右側には、ボーリング場「All Star Lanes」(1階がレストラン2階がボーリング場)があります。




バクストン・ストリート(Buxton Street)
バクストン・ストリート(Buxton Street)
顔がカラフルで独特な作品は、Ant Carverの作品。



ブリック・レーン・ブックショップ(Brick Lane Bookshop)
ブリック・レーン・ブックショップ(Brick Lane Bookshop)
本屋さん

ブリック・レーン・ブックショップ(Brick Lane Bookshop)
Web:http://www.bricklanebookshop.org/


ブリック・レーン・ブックショップ(Brick Lane Bookshop)
ブリック・レーン・ブックショップ(Brick Lane Bookshop)


ブリック・レーン(Brick Lane)
ブリック・レーン(Brick Lane)


ブリック・レーン(Brick Lane)
ブリック・レーン(Brick Lane)
この「ストリート・マーケット(Street Market)」は、鉄道の高架線付近から北上し
「ベスナル・グリーン・ロード(Bethnal Green Road)」までお店が点在しています。


ブリック・レーン(Brick Lane)
ブリック・レーン(Brick Lane)


ブリック・レーン(Brick Lane)
ブリック・レーン(Brick Lane)


ブリック・レーン(Brick Lane)
ブリック・レーン(Brick Lane)
高架の部分にもたくさんのストリート・アートがあります。


ブリック・レーン(Brick Lane)
ブリック・レーン(Brick Lane)


ブリック・レーン(Brick Lane)
ブリック・レーン(Brick Lane)
フランス出身で2012年からロンドンを拠点とする
ストリートアーティスト、イラストレータ、グラフィックデザイナー
Zabouによる作品(2015年)

Zabou
Web:http://zabou.me/


ブリック・レーン(Brick Lane)
ブリック・レーン(Brick Lane)
グラフィック・アートで埋め尽くされた歩行者通路「リーク・ストリート・トンネル(Leake Street Tunnel )」でも作品を観ることができます。

リーク・ストリート・トンネル(Leake Street Tunnel )
→訪問の様子は、こちら


ブリック・レーン(Brick Lane)
ブリック・レーン(Brick Lane)
木で造られたアート(?)もありました。
釘で打ち付けてありますが
回すと、顔や服装が変わります。


ブリック・レーン(Brick Lane)
ブリック・レーン(Brick Lane)


ブリック・レーン(Brick Lane)
ブリック・レーン(Brick Lane)
ここまでくると、散乱したゴミまでもアートに見えてきます。。。


チェシャー・ストリート(Cheshire Street)
チェシャー・ストリート(Cheshire Street)


チェシャー・ストリート(Cheshire Street)
チェシャー・ストリート(Cheshire Street)


ディス・ショップ・ロックス(This Shop Rocks)
ディス・ショップ・ロックス(This Shop Rocks)
アンティークのお店。

ディス・ショップ・ロックス(This Shop Rocks)
Facebook:こちら


ディス・ショップ・ロックス(This Shop Rocks)
ディス・ショップ・ロックス(This Shop Rocks)
店内はたくさんの商品があります。


ディス・ショップ・ロックス(This Shop Rocks)
ディス・ショップ・ロックス(This Shop Rocks)


ブリック・レーン(Brick Lane)
ブリック・レーン(Brick Lane)


ベーグル・ショップ(Beigel Shop)
ベーグル・ショップ(Beigel Shop)
1855年創業と歴史があります。

ベーグル・ショップ(Beigel Shop)
Tweeter:https://twitter.com/bricklanebeigel


ブリック・レーン(Brick Lane)
ブリック・レーン(Brick Lane)
ここは、1839年から1980年代まで「The Turk & Slave」というパブでした。
オランダの切妻屋根のような現在の建物は、1920年代にアーサー・エドワード・シューエル(Arthur Edward Sewell)によって設計され、装飾タイルにはビール醸造会社「Truman, Hanbury, Buxton & Company Limited」の彫刻があります。

Truman, Hanbury, Buxton & Company Limited
「Truman, Hanbury, Buxton & Company Limited」は、1666年まで遡る、歴史のあるビール醸造会社でした(1989年に閉鎖、2010年に再創立)。
1800年代の一時期は世界最大のビール醸造会社となり「インペリアル・スタウト(Imperial Stout)」が帝政ロシアに、「I.P.A.(India Pale Ale)」がイギリス領インド帝国に輸出されていたそうです。
今でも、ロンドン中に「Truman, Hanbury, Buxton & Company Limited」の装飾タイルや名前の残るパブや建物があります。

Web:http://www.trumansbeer.co.uk/


ブリック・レーン(Brick Lane)
ブリック・レーン(Brick Lane)


ベーグル・ベイク(Beigel Bake)
ベーグル・ベイク(Beigel Bake)
有名なベーグル屋さん
この後、寄ってみました。

ベーグル・ベイク(Beigel Bake)
→訪問の様子は、こちら


ブリック・レーン(Brick Lane)
ブリック・レーン(Brick Lane)
「ブリック・レーン(Brick Lane)」はもう少し続きますが
散策はこの交差点で終わりです。


ブリック・レーン(Brick Lane)
ブリック・レーン(Brick Lane)


The Verge Bar
The Verge Bar
バーでひと休みしました。
2つの通りに面した部分が、大きなガラス窓の開放的なバーで
人々が行き交う姿を見ているだけでも、楽しめます。

The Verge Bar
Web:http://thevergebar.com/


The Verge Bar
The Verge Bar


The Verge Bar
The Verge Bar
そして、お客さんも個性的な人が多いです。

この後、「ダーク・シュガー・ココア・ハウス(Dark Sugars Cocoa House)」に行きました。


【 Next 】ダーク・シュガー・ココア・ハウス(Dark Sugars Cocoa House)に続く

【 Back 】EU離脱前!? グローバル都市をゆったり歩くロンドン旅行シリーズに戻る


ブリック・レーン(Brick Lane)

Web: http://www.visitbricklane.org/


地図



スポンサーリンク


0 件のコメント: