「ショーディッチ(Shoreditch)②」の散歩 − ロンドン旅行

2016年9月
ロンドン|ショーディッチ(Shoreditch)② の散歩

「ショーディッチ(Shoreditch)①」に引き続き、散歩しました。

EU離脱前!? グローバル都市をゆったり歩くロンドン旅行シリーズ
今回は「ショーディッチ(Shoreditch)②」 です。

ショアディッチ・ハイ・ストリート(Shoreditch High Street)
ショアディッチ・ハイ・ストリート(Shoreditch High Street)
「Former Wells & Company Ironworks building」


ショアディッチ・ハイ・ストリート(Shoreditch High Street)
ショアディッチ・ハイ・ストリート(Shoreditch High Street)


ショアディッチ・ハイ・ストリート(Shoreditch High Street)
ショアディッチ・ハイ・ストリート(Shoreditch High Street)


エース・ホテル ロンドン・ショーディッチ(Ace Hotel London Shoreditch)
エース・ホテル ロンドン・ショーディッチ(Ace Hotel London Shoreditch)
エースホテル(Ace Hotel)は、ポートランドを本社として、ニューヨーク、パームスプリングス、パナマシティ、パナマ共和国、ロンドン、シアトル、ピッツバーグ、ロサンゼルス、ニューオーリンズのホテルも運営しています。
3月には、ポートランドのエースホテル(Ace Hotel)のロビーでひと休みしました。

エースホテル(Ace Hotel)※ポートランド
→訪問の様子は、こちら


ショアディッチ・ハイ・ストリート(Shoreditch High Street)
ショアディッチ・ハイ・ストリート(Shoreditch High Street)


レッド・チャーチ・ストリート(Redchurch Street)
レッド・チャーチ・ストリート(Redchurch Street)


エバー・ストリート(Ebor Street)
エバー・ストリート(Ebor Street)
Ben Eineの作品。

Ben Eine
Twetter:こちら


エバー・ストリート(Ebor Street)
エバー・ストリート(Ebor Street)
背後の作品もBen Eineの作品。


レッド・チャーチ・ストリート(Redchurch Street)
レッド・チャーチ・ストリート(Redchurch Street)
ブルックリン発のチョコレートブランドのロンドン一号店 「マストブラザーズチョコレート(Mast Brothers chocolate)」。
この後、行ってみました。


レッド・チャーチ・ストリート(Redchurch Street)
レッド・チャーチ・ストリート(Redchurch Street)


レッド・チャーチ・ストリート(Redchurch Street)
レッド・チャーチ・ストリート(Redchurch Street)


バーバー&パーラー(Barber and Parlour)
バーバー&パーラー(Barber and Parlour)
元倉庫の建物を使用しているそうです。

バーバー&パーラー(Barber and Parlour)
Web:http://www.barberandparlour.com/


バーバー&パーラー(Barber and Parlour)
バーバー&パーラー(Barber and Parlour)


バーバー&パーラー(Barber and Parlour)
バーバー&パーラー(Barber and Parlour)


レッド・チャーチ・ストリート(Redchurch Street)
レッド・チャーチ・ストリート(Redchurch Street)
木の陰になっていますが、ここはいつも絵が描かれているようです。


レッド・チャーチ・ストリート(Redchurch Street) レッド・チャーチ・ストリート(Redchurch Street)


レイバー・アンド・ウェイト(Labour and Wait)
レイバー・アンド・ウェイト(Labour and Wait)
こだわりの生活雑貨のお店。
外観から惹かれて入ってしまいました。

レイバー・アンド・ウェイト(Labour and Wait)
Web:https://www.labourandwait.co.uk/


レイバー・アンド・ウェイト(Labour and Wait)
レイバー・アンド・ウェイト(Labour and Wait)


レイバー・アンド・ウェイト(Labour and Wait)
レイバー・アンド・ウェイト(Labour and Wait)
この緑のタイルが綺麗で暫く眺めていたら
他にも写真を撮っている人がいて、親近感を持ちました。


レイバー・アンド・ウェイト(Labour and Wait)
レイバー・アンド・ウェイト(Labour and Wait)
店内の商品ももちろん素敵です。
日本製品もありました。


レイバー・アンド・ウェイト(Labour and Wait)
レイバー・アンド・ウェイト(Labour and Wait)


Vinti Andrews
Vinti Andrews

Vinti Andrews
Web:http://www.vintiandrews.com/


レッド・チャーチ・ストリート(Redchurch Street)
レッド・チャーチ・ストリート(Redchurch Street)


ブリック・レーン(Brick Lane)
ブリック・レーン(Brick Lane)


ブリック・レーン(Brick Lane)
ブリック・レーン(Brick Lane)


ローダ・ストリート(Rhoda Street)
ローダ・ストリート(Rhoda Street)


ローダ・ストリート(Rhoda Street)
ローダ・ストリート(Rhoda Street)


この後、ブルックリン発のチョコレートブランドのロンドン一号店 「マストブラザーズチョコレート(Mast Brothers chocolate)」に行きました。


【 Next 】マストブラザーズチョコレート(Mast Brothers chocolate)に続く

【 Back 】EU離脱前!? グローバル都市をゆったり歩くロンドン旅行シリーズに戻る


ショーディッチ(Shoreditch)



地図



スポンサーリンク


0 件のコメント: