「メトロポリタン美術館(The Metropolitan Museum of Art)①」 − ニューヨーク旅行

May 27, 2017

ニューヨーク|メトロポリタン美術館(The Metropolitan Museum of Art)①

「メトロポリタン美術館(The Metropolitan Museum of Art)」は、1870年に設立された世界最大級の美術館です。
美術館は天候に左右されない魅力的な場所なので、今回の旅行中で一番天候の悪い、雨の日の午前中に向かいました。
今回の旅の目的のひとつ、カバのウィリアム(のレプリカ)を連れて帰ることが、危うく失敗に終わりそうだったのですが、、、

春目前、まだ雪の残るニューヨークをふらっと観光シリーズ
今回は「メトロポリタン美術館(The Metropolitan Museum of Art)①」 です。



以下は、見たい展示物と展示場所を予め確認して、ミュージアムショップでの買い物を含めて、約3時間程の滞在の様子。
まずは「ギリシャ・ローマ美術(Greek and Roman Art)」と「エジプト美術(Egyptian Art)」です。

※【展示場所】の番号は、メトロポリタン美術館のフロアマップの番号を表示しています。



「メトロポリタン美術館」の外観



メトロポリタン美術館(The Metropolitan Museum of Art)の外観
入り口で、簡単な荷物のチェックがありました。



メトロポリタン美術館|グレートホール(The Great Hall)



グレートホール(The Great Hall)
メトロポリタン美術館(The Metropolitan Museum of Art)|グレートホール(The Great Hall)入り口とカウンター
クロークで上着や荷物を預け、チケットブースでチケットを購入。
チケット購入時、係員の人から丁寧に「入場料は任意の額です。$25が推奨価格ですが、これより少額でもかまいません、いくらにしますか?」と説明をうけました。
チケットを購入すると、一部がシールになっており「左胸あたりに貼って下さい」と言われます。
注意
※荷物は背負わずお持ち下さいと注意書きがあります。
※ペットボトルの水は持ち込めます(水以外の飲料と、食べ物は×)。


メトロポリタン美術館(The Metropolitan Museum of Art)
グレートホール(The Great Hall)
入ってすぐにカウンター(上写真)があり、そこで館内図を貰いました。
日本語の館内図もあります。


メトロポリタン美術館(The Metropolitan Museum of Art)|グレートホール(The Great Hall)
グレートホール(The Great Hall)


ギリシャ・ローマ美術(Greek and Roman Art)
ギリシャ・ローマ美術(Greek and Roman Art)
グレート・ホールからギリシャ・ローマ美術(Greek and Roman Art)【162】へ続く通路


Two bronze helmets
ギリシャ・ローマ美術(Greek and Roman Art)|Two bronze helmets
2つのブロンズのヘルメットのうち1つです。

【展示場所】152


ディアデュメノス額の周りに細い帯を付けた者(Fragments of a marble statue of the Diadoumenos(youth tying a fillet around his head))
ギリシャ・ローマ美術(Greek and Roman Art)|ディアデュメノス額の周りに細い帯を付けた者(Fragments of a marble statue of the Diadoumenos(youth tying a fillet around his head))
古代ギリシアのブロンズ像彫刻家「ポリュクレイトス(Polykleitos)」の作品のローマンコピー。
不思議なポーズと思っていましたが「額の周りに巻いた細い帯」両手で持っていると考えると納得できました。

【展示場所】153


傷ついたアマゾン像(Marble statue of a wounded Amazon)
ギリシャ・ローマ美術(Greek and Roman Art)|傷ついたアマゾン像(Marble statue of a wounded Amazon)
柱に寄りかかり、右腕を頭に載せているポーズは、眠りまたは死を意味するポーズとされています。
ローマ 紀元前1〜2世紀

【展示場所】153


ギリシャ・ローマ美術(Greek and Roman Art)|Marble statue of a woman
ギリシャ・ローマ美術(Greek and Roman Art)|Marble statue of a woman
衣装のシワシワ感からローマンコピーでなく、ギリシア彫刻とされているそうです。
紀元前4世紀後半

【展示場所】153


ギリシャ・ローマ美術(Greek and Roman Art)
ギリシャ・ローマ美術(Greek and Roman Art)


ギリシャ・ローマ美術(Greek and Roman Art)|Marble head of a Greek general

【展示場所】160


アルテミス神殿の柱(Marble column from the Temple of Artemis at Sardis)
ギリシャ・ローマ美術(Greek and Roman Art)|アルテミス神殿の柱(Marble column from the Temple of Artemis at Sardis)
イオニア式の柱。
ギリシャ、ヘレニズム時代
紀元前300年頃

【展示場所】160


ギリシャ・ローマ美術(Greek and Roman Art)
ギリシャ・ローマ美術(Greek and Roman Art)

【展示場所】162



「ベスビオ火山」の噴火によって埋もれていたベットルーム



Cubiculum(bedroom)from the Villa of P. Fannius Synistor at Boscoreale
ギリシャ・ローマ美術(Greek and Roman Art)|Cubiculum(bedroom)from the Villa of P. Fannius Synistor at Boscoreale
西暦79年のベスビオ火山の噴火によって埋もれていたベットルーム。

【展示場所】165


Cubiculum(bedroom)from the Villa of P. Fannius Synistor at Boscoreale
Cubiculum(bedroom)from the Villa of P. Fannius Synistor at Boscoreale


Cubiculum(bedroom)from the Villa of P. Fannius Synistor at Boscoreale
Cubiculum(bedroom)from the Villa of P. Fannius Synistor at Boscoreale
とても鮮やかな色合です。


Cubiculum(bedroom)from the Villa of P. Fannius Synistor at Boscoreale
Cubiculum(bedroom)from the Villa of P. Fannius Synistor at Boscoreale


グレートホール(The Great Hall)|Seated statue of Amenemhat II
グレートホール(The Great Hall)|Seated statue of Amenemhat II
「グレートホール(The Great Hall)」に戻ってきました。
ここから「エジプト美術(Egyptian Art)」の展示に向かいます。
紀元前1919〜1885年



お墓1基がまるごと展示「ペルネブの墓(Mastaba Tomb of Perneb)」



Recumbent Lion
エジプト美術(Egyptian Art)|Recumbent Lion
「ペルネブの墓(Mastaba Tomb of Perneb)」の前には、 尻尾を可愛く丸めたスフィンクスがいます。

【展示場所】100


エジプト美術(Egyptian Art)|ペルネブの墓(Mastaba Tomb of Perneb)
エジプト美術(Egyptian Art)|ペルネブの墓(Mastaba Tomb of Perneb)
国王の正装を担当した宮廷の役人「ペルネブ」のお墓です。
お墓1基がまるごと展示してあり、必見です。
紀元前2381年〜前2323年頃


エジプト美術(Egyptian Art)|ペルネブの墓(Mastaba Tomb of Perneb)
ペルネブの墓(Mastaba Tomb of Perneb)
中に入ることができます。
が、かなり狭いので、人が殺到します、気をつけてください。
他の人が左胸につけていた入館シールが、人の背中についていました。。


エジプト美術(Egyptian Art)|ペルネブの墓(Mastaba Tomb of Perneb)
ペルネブの墓(Mastaba Tomb of Perneb)
やはり皆横顔ですね。


エジプト美術(Egyptian Art)|ペルネブの墓(Mastaba Tomb of Perneb)
ペルネブの墓(Mastaba Tomb of Perneb)
偽扉(False doors)です。
偽扉(False doors)は、エジプトのお墓や神殿に設置され、死者は、この偽扉(False doors)を通って、死の世界からこの世に戻ることができると信じられていました。
大英博物館(British Museum)でも何点か単独の「偽扉(False doors)」は見学しましたが、お墓の構造体のひとつとして見るのは初めてだったので、嬉しかったです。


エジプト美術(Egyptian Art)|Name Panels from the Inner Wall of Senwosret I's Pyramid Complex Gallery
エジプト美術(Egyptian Art)|Name Panels from the Inner Wall of Senwosret I's Pyramid Complex Gallery
紀元前1961〜1917年

【展示場所】110


エジプト美術(Egyptian Art)

【展示場所】111


エジプト美術(Egyptian Art)

【展示場所】111


エジプト美術(Egyptian Art)
右)Lower Part of a Statue
中央)Seated Statue of Hatshepsut

【展示場所】115


エジプト美術(Egyptian Art)|カノプスの壺(Canopic Jar of Princess Sithathoryunet - Qebehsenuef)
ホルスの4人の息子(4柱の小神)の頭部の形状をした、蓋を持つカノプス壷です。
紀元前1887〜1813年

【展示場所】111



お土産にもぴったり!「ウィリアム」という愛称のカバの像



エジプト美術(Egyptian Art)|カバの像(Standing Hippopotamus)
初期、紀元前1981年〜前1885年頃
古代エジプトの人々はカバを尊んでいたそうです。
「大英博物館(British Museum)」や「ルーヴル美術館(Musée du Louvre)」にも同様にカバの像がありますが、ここ「メトロポリタン美術館(The Metropolitan Museum of Art)」の像のみ、ウィリアムという愛称がついています。
そして今回の私の目的は、この像のレプリカを家に連れて帰ること!!です。

【展示場所】111


エジプト美術(Egyptian Art)|アメンホテプ3世のスフィンクス(Sphinx of Amenhotep III, possibly from a Model of a Temple)
鮮やかな青い焼き物 「ファイアンス」製の小さなスフィンクスです。

【展示場所】119


エジプト美術(Egyptian Art)
ここにはミイラが数体あります。

【展示場所】112


エジプト美術(Egyptian Art)|Mummy of Ukhhotep, son of Hedjpu
エジプト美術(Egyptian Art)|Mummy of Ukhhotep, son of Hedjpu
紀元前1981–1802年

【展示場所】112


エジプト美術(Egyptian Art)|書記官ホルムヘブ(Haremhab as a Scribe of the King)
エジプト美術(Egyptian Art)|書記官ホルムヘブ(Haremhab as a Scribe of the King)
ホルムヘブは、ファラオになる前に将軍としてアヤ(Ay)とツタンカーメン(Tutankhamun)に仕えました。

【展示場所】121


エジプト政府から贈られた、紀元前15世紀の神殿「デンドゥール神殿」



エジプト美術(Egyptian Art)|デンドゥール神殿(The Temple of Dendur)
エジプト美術(Egyptian Art)|デンドゥール神殿(The Temple of Dendur)
ナイルをイメージした水の堀に囲まれた石の神殿は、紀元前15世紀にローマ皇帝アウグストゥスが建てた神殿。
アメリカ政府がヌビアの遺跡保護を支援した感謝のしるしとして、エジプト政府から贈られたものです。
神殿としては小型のようですが、神殿を構成する「門戸」「柱廊のある入口(プロナオス)」 「供物部屋」「至聖所」がすべて備わっています。

【展示場所】131


エジプト美術(Egyptian Art)|デンドゥール神殿(The Temple of Dendur)
デンドゥール神殿(The Temple of Dendur)
ここは手前から、見学することができます。
行列が出来ていました。


エジプト美術(Egyptian Art)|デンドゥール神殿(The Temple of Dendur)
デンドゥール神殿(The Temple of Dendur)
一番手前は「門戸」


デンドゥール神殿(The Temple of Dendur)
デンドゥール神殿(The Temple of Dendur)
柱廊のある「入口(プロナオス)」


エジプト美術(Egyptian Art)|デンドゥール神殿(The Temple of Dendur)
デンドゥール神殿(The Temple of Dendur)
柱廊のある「入口(プロナオス)」の左上端の彫刻


エジプト美術(Egyptian Art)|デンドゥール神殿(The Temple of Dendur)
デンドゥール神殿(The Temple of Dendur)
柱廊のある「入口(プロナオス)」の右上端の彫刻


エジプト美術(Egyptian Art)|デンドゥール神殿(The Temple of Dendur)
デンドゥール神殿(The Temple of Dendur)
柱廊のある「入口(プロナオス)」の右下端の彫刻


エジプト美術(Egyptian Art)|デンドゥール神殿(The Temple of Dendur)
デンドゥール神殿(The Temple of Dendur)
行列の先、 中央奥には「巫女の像(God's Wife Tagerem)」があります。


エジプト美術(Egyptian Art)|デンドゥール神殿(The Temple of Dendur)
デンドゥール神殿(The Temple of Dendur)
側面の彫刻。
先程の行列の先頭がみえます。


エジプト美術(Egyptian Art)|デンドゥール神殿(The Temple of Dendur)
デンドゥール神殿(The Temple of Dendur)


ハトシェプスト女王のスフィンクス(Sphinx of Hatshepsut)
エジプト美術(Egyptian Art)|ハトシェプスト女王のスフィンクス(Sphinx of Hatshepsut)
「デンドゥール神殿(The Temple of Dendur)」の横にあります。
対の片割れは、カイロにあるそうです。
紀元前1473年〜前1458年頃

【展示場所】131


ハトシェプスト女王のスフィンクス(Sphinx of Hatshepsut)
ハトシェプスト女王のスフィンクス(Sphinx of Hatshepsut)
どうしてもスフィンクスの尻尾が気になるので、、

この後、「メトロポリタン美術館(The Metropolitan Museum of Art)②」に続きます。

【 Next 】メトロポリタン美術館(The Metropolitan Museum of Art)②に続く

【 Back 】春目前、まだ雪の残るニューヨークをふらっと観光に戻る


2017年3月


メトロポリタン美術館(The Metropolitan Museum of Art)
開館時間:日〜木曜日:10:00〜17:30(17:15退館)
金・土曜日:10:00〜21:00(20:45退館)
Web:http://www.metmuseum.org/
メモ:休館日:11月第4木曜日(感謝際) 12月25日、1月1日、5月第1月曜日
入場料は任意の額($25が推奨)です。


地図


スポンサーリンク

You Might Also Like

0 コメント