2階からの眺めがお勧め、冬季の「ブルックリン・フリー(BROOKLYN FLEA)」 − ニューヨーク旅行

2017年3月
ブルックリン・フリー(BROOKLYN FLEA)
ニューヨーク|ブルックリン・フリー(BROOKLYN FLEA)

ブルックリン・フリー(BROOKLYN FLEA)は、有名なマーケットですが、冬季(12月〜3月)は「スカイライト・ワン・ハドソン(Skylight One Hanson)」で食のフリーマーケット「スモーガスバーグ (Smorgasberg)」と同時開催されます。
1階と中2階のマーケットをのぞいてみました。

春目前、まだ雪の残るニューヨークをふらっと観光シリーズ
今回は「ブルックリン・フリー(BROOKLYN FLEA)」 です。


地下鉄駅「14丁目駅 - 8番街(14th Street - Eighth Avenue)」
地下鉄駅「14丁目駅 - 8番街(14th Street - Eighth Avenue)」
地下鉄で向かいました。


サウス・ポートランド ・アベニュー(South Portland Avenue)
サウス・ポートランド ・アベニュー(South Portland Avenue)


スカイライト・ワン・ハドソン(Skylight One Hanson)
スカイライト・ワン・ハドソン(Skylight One Hanson)
「スカイライト・ワン・ハドソン(Skylight One Hanson)」の時計台が見えてきました。
この時計の直径は、設置時世界で一番大きいものだったそうです。


スカイライト・ワン・ハドソン(Skylight One Hanson)
スカイライト・ワン・ハドソン(Skylight One Hanson)
建物正面に到着。


スカイライト・ワン・ハドソン(Skylight One Hanson)
スカイライト・ワン・ハドソン(Skylight One Hanson)
ここはかつて1929年完成の「ウィリアムズバーグ貯蓄銀行(Williamsburgh Savings Bank)」という銀行の建物「Williamsburgh Savings Bank Tower」でした。
現在、高層階は高級マンションに改装されているそうです。


スカイライト・ワン・ハドソン(Skylight One Hanson)
入場料は1$。
入り口で支払うと、手の甲にペンで適当なマークが付けられます。


スカイライト・ワン・ハドソン(Skylight One Hanson)
スカイライト・ワン・ハドソン(Skylight One Hanson)
外観は動物の彫刻がたくさんありました。


ブルックリン・フリー(BROOKLYN FLEA)
ブルックリン・フリー(BROOKLYN FLEA)|1階
館内は、ロマネスク様式の柱、天井のモザイク画など、魅力のある雰囲気です。
暫く見上げていました。
これが現在も銀行なら、待ち時間も楽しめそうです。


ブルックリン・フリー(BROOKLYN FLEA)
ブルックリン・フリー(BROOKLYN FLEA)|1階
正面上部にある「ブルーケレン(Breuckelen)」のモザイク。
オランダ人入植者が多かったここ「ブルックリン(Brooklyn)」は、オランダの地名の一つ「ブルーケレン(Breuckelen)」にちなんで名付けられたそうです。
アーチの中央上部分には、正方形の扉があります。
ここは頭取の部屋になっており、銀行強盗が発生した場合に、ここからスナイパーが狙うとか。


ブルックリン・フリー(BROOKLYN FLEA)
ブルックリン・フリー(BROOKLYN FLEA)|1階
彫刻家「ルネ・ シャンベラン(Rene Chambellan)」の作品。

見覚えのある窓だと思ってたら、ドラマ「パーソン・オブ・インタレスト(Person of Interest)」のシーズン3の12話で貸金庫のある銀行のシーンで使用されていました。
しかもこの美しい窓が爆発するシーンまで。。


ブルックリン・フリー(BROOKLYN FLEA)
ブルックリン・フリー(BROOKLYN FLEA)|1階
窓はこのように開くのですね。


ブルックリン・フリー(BROOKLYN FLEA)
ブルックリン・フリー(BROOKLYN FLEA)|1階
入って右側にはカウンターがあり、ビールが販売されていました。


ブルックリン・フリー(BROOKLYN FLEA)
ブルックリン・フリー(BROOKLYN FLEA)|1階
本題に戻り
マーケットの様子。


ブルックリン・フリー(BROOKLYN FLEA)
ブルックリン・フリー(BROOKLYN FLEA)|1階


ブルックリン・フリー(BROOKLYN FLEA)|1階


ブルックリン・フリー(BROOKLYN FLEA)
ブルックリン・フリー(BROOKLYN FLEA)|1階


ブルックリン・フリー(BROOKLYN FLEA)
ブルックリン・フリー(BROOKLYN FLEA)|1階


ブルックリン・フリー(BROOKLYN FLEA)
ブルックリン・フリー(BROOKLYN FLEA)|1階


ブルックリン・フリー(BROOKLYN FLEA)
ブルックリン・フリー(BROOKLYN FLEA)|1階
一番奥から、入り口付近を眺めると


ブルックリン・フリー(BROOKLYN FLEA)
ブルックリン・フリー(BROOKLYN FLEA)|中2階(mezzanine)
出入口付近に、中2階への階段(写真右)を発見。
手前の彫刻も素敵です。


ブルックリン・フリー(BROOKLYN FLEA)
ブルックリン・フリー(BROOKLYN FLEA)|中2階(mezzanine)
中2階からの眺め。
手前にある円形の受付や床のモザイクがここからだと、よく見えます。


ブルックリン・フリー(BROOKLYN FLEA)
ブルックリン・フリー(BROOKLYN FLEA)|中2階(mezzanine)


ブルックリン・フリー(BROOKLYN FLEA)
ブルックリン・フリー(BROOKLYN FLEA)|中2階(mezzanine)
写真手前右のカウンターで、先程のビールが飲めます。


ブルックリン・フリー(BROOKLYN FLEA)
ブルックリン・フリー(BROOKLYN FLEA)|中2階(mezzanine)
ずっと眺めてられそうです。
左右には、銀行当時のガラス張りの窓口があります。


ブルックリン・フリー(BROOKLYN FLEA)
ブルックリン・フリー(BROOKLYN FLEA)|中2階(mezzanine)
マーケットは、奥にも続いていました。
地下では「スモーガスバーグ (Smorgasberg)」が開催されています。


ラファイエット・アベニュー(Lafayette Avenue)
ラファイエット・アベニュー(Lafayette Avenue)
壁画はアーティスト「カウズ(KAWS)」こと「ブライアン・ドネリー(Brian Donnelly)」の作品。
目の×マークが有名です。
手前にあるのは「David Byrne」のバイク・ラック。
周辺にも別のバイク・ラックの作品があります。



フルトン・ストリート駅(Fulton Street)
フルトン・ストリート駅(Fulton Street)


フルトン・ストリート駅(Fulton Street)
フルトン・ストリート駅(Fulton Street)
緑色のタイルが綺麗でした。

この後、「ウィリアムズバーグ(Williamsburg)の散歩」に行ってみました。


【 Next 】ウィリアムズバーグ(Williamsburg)の散歩に続く

【 Back 】春目前、まだ雪の残るニューヨークをふらっと観光に戻る


ブルックリン・フリー(BROOKLYN FLEA)

Web: https://www.smorgasburg.com/


地図



スポンサーリンク


0 件のコメント: