ポルト学生さんに親しまれているポルトで最も古いカフェのひとつ「Café Âncora D'Ouro(Piolho)」 − ポルトガル旅行

January 14, 2018

Café Âncora D'Ouro(Piolho)
ポルト|Café Âncora D'Ouro(Piolho)

「Café Âncora D'Ouro(Piolho)」は、1909年にオープン、ポルト大学の近くにあるため多くの学生さんや地元の方、そして観光客にも親しまれているカフェです。
少し早めにお昼ごはんを食べたくて、探し歩いている時に偶然気になって入ってみました。
カフェの愛称である「Piolho」とはポルトガル語で「シラミ」を意味します。

ポルトガルのベストシーズン到来!2大都市リスボンとポルトをゆる〜く散歩シリーズ
今回は「Café Âncora D'Ouro(Piolho)」 です。


本来は「Café Âncora D'Ouro」という素敵な名前だそうですが、、、
一説によると(諸説あり)、ポルト大学周辺に唯一あるカフェだったので、いつも学生で混雑し「それならシラミもいっぱいだよね??」的な名付け方で、呼ばれているとか。。


お店の外観

Café Âncora D'Ouro(Piolho)
Café Âncora D'Ouro(Piolho)
外が明るい分、店内が薄暗く、店内様子がわかりづらいですが
右側には雑誌やタバコを売る売店が併設してあります。


Café Âncora D'Ouro(Piolho)
Café Âncora D'Ouro(Piolho)
入口の壁には、100周年の記念版があります。
ここはポルトでも最も古いカフェのひとつ、ポルトで最初にテレビを設置(1957年)したカフェだそうです。


店内の様子

Café Âncora D'Ouro(Piolho)
Café Âncora D'Ouro(Piolho)
左側には、カウンター。


Café Âncora D'Ouro(Piolho)
Café Âncora D'Ouro(Piolho)
右側には、座席がずらっと並んでいます。
横のテーブルとの間隔は全くないので「常に両隣に相席の人」が入るみたいですね。
地元のお昼ごはんの時間には、ちょっと早かったので、入った時はまだまだ空席が目立ちましたが、暫くするとあっという間に埋まります。


Café Âncora D'Ouro(Piolho)
Café Âncora D'Ouro(Piolho)
写真右)に出入口、中央には売店があります。


Café Âncora D'Ouro(Piolho)
Café Âncora D'Ouro(Piolho)
ランチョンマットには「数独」がありました。


Café Âncora D'Ouro(Piolho)
Café Âncora D'Ouro(Piolho)
通常のメニュー以外に、本日のメニューを見つけて注文してみました。
日本で言う「ワンコインランチ」でしょうか。。


微発泡ワイン(ヴィーニョ・ヴェルデ)

Café Âncora D'Ouro(Piolho)
Café Âncora D'Ouro(Piolho)
まずは、微発泡ワイン(ヴィーニョ・ヴェルデ)。
これで、6.0€です。


スープ「カルド・ヴェルデ(Caldo verde)」

Café Âncora D'Ouro(Piolho)
Café Âncora D'Ouro(Piolho)|Caldo verde
前菜にスープ「カルド・ヴェルデ(Caldo verde)」を追加しました。
一般的にはじゃがいもとケールのスープです。
コンソメのようなサラッとしたスープではなく、少しとろみのあるじゃがいも味のポタージュです。
中にはサラミが一枚入っています。

このスープは、何と1.3€。


Café Âncora D'Ouro(Piolho)
Café Âncora D'Ouro(Piolho)
本日のお昼ごはんが出来上がりました。
こう見ると、ジャンク感が否めません。。


Café Âncora D'Ouro(Piolho)
Café Âncora D'Ouro(Piolho)|Bacalhau com Natas
「タラのクリームグラタン(Bacalhau com Natas)」です。


Café Âncora D'Ouro(Piolho)
Café Âncora D'Ouro(Piolho)|Hambúrguer com Ovo
ハンバーガーなのに、イメージと違う。。と思いました。
そうです、バンズがいないんです。どこに行ったのでしょう??
ただ、ポテトもいっぱいだし、パンがあるとお腹いっぱいになるので、無くてちょうどいいです!!

この写真、ポテトと目玉焼きしか見えないと思いますが。。
中に、焼かれただけのハンバーグは、隠れています。
味付けは殆んどなく、お店の人がケチャップとマスタードを持ってきてくれました。


Café Âncora D'Ouro(Piolho)
Café Âncora D'Ouro(Piolho)
食後のエスプレッソは、0.65€


Café Âncora D'Ouro(Piolho)
Café Âncora D'Ouro(Piolho)
お店の写真を撮っていると、上から視線が。。
お洒落な服装をしたおばあちゃんは、挨拶するとニコリと笑って、しっかりポーズを決めてくれました。
リスボンでもポルトでも、通り沿いの建物の窓辺にはおばちゃんやおばあちゃんが居て、挨拶すると、必ず挨拶を返してくれました。

この後、アズレージョに惹かれすぐ近くにある「カルモ教会(Igreja do Carmo)」に行ってみました。


【 Next 】カルモ教会(Igreja do Carmo)に続く

【 Back 】ポルトガルのベストシーズン到来!2大都市リスボンとポルトをゆる〜く散歩に戻る


2017年7月


Café Âncora D'Ouro(Piolho)
Web: http://www.cafepiolho.com/


地図


スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 コメント