薪窯で焼き上げるモチモチのベーグル「マイル・エンド・ベーグルス(Mile End Bagels)」− メルボルン旅行

March 27, 2019

マイル・エンド・ベーグルス(Mile End Bagels)
メルボルン|マイル・エンド・ベーグルス(Mile End Bagels)

「マイル・エンド・ベーグルス(Mile End Bagels)」は、ベーグルが評判のお店です。

ベーグルと言えば、個人的には、ニューヨークやカナダを思い浮かべますが、ここのオーナーの2人はカナダで修行し、店内にはカナダの石工職人が手作業で製作したオーストラリアで最初の薪窯があり、この薪窯で焼き上げるベーグルが提供されています。

ロンドンでもニューヨークでもベーグルを食べ、そして自分でもベーグルを作る程のベーグル好きなので、お腹は空いていなかったのですが、薪窯で焼き上げるベーグルを試したくて、行ってみました。

世界一住みやすい都市メルボルンで年越のカウントダウンシリーズ
今回は「マイル・エンド・ベーグルス(Mile End Bagels)」 です。




マイル・エンド・ベーグルス(Mile End Bagels)の外観

マイル・エンド・ベーグルス(Mile End Bagels)
マイル・エンド・ベーグルス(Mile End Bagels)
看板はないに等しく、外観はこんな感じです。
近づくまで、入りづらいかと思っていましたが、、


マイル・エンド・ベーグルス(Mile End Bagels)の店内

マイル・エンド・ベーグルス(Mile End Bagels)
マイル・エンド・ベーグルス(Mile End Bagels)
店内はお洒落な雰囲気で、お客さんがたくさんいて
ちょっと安心しました。
入って右側にカウンターがあります。

カウンター奥では、どうやらベーグルを大きな鍋で、茹でているようでした。
ここでは、ベーグルを茹でる(ケトリング)際には、蜂蜜を使っているそうです(ケトリングの際に使用する素材として、モラセスor蜂蜜or砂糖などいろんなバージョンがあります)
私もケトリングの際には、蜂蜜を使用しているので、レシピは違うけれど、薪窯で焼き上げるベーグルがどう違っているのか興味がありました。


マイル・エンド・ベーグルス(Mile End Bagels)
マイル・エンド・ベーグルス(Mile End Bagels)
左側には、通りを見下ろすカウンター席と


マイル・エンド・ベーグルス(Mile End Bagels)
大きめのテーブル席もあります。


マイル・エンド・ベーグルス(Mile End Bagels)
マイル・エンド・ベーグルス(Mile End Bagels)
本当は店内でゆっくり食べたいところですが
先程クロワッサンを食べたばかりなので、持ち帰りにして
途中の公園「カールトン庭園(Carlton Garden)」で食べました。


マイル・エンド・ベーグルス(Mile End Bagels)
マイル・エンド・ベーグルス(Mile End Bagels)
外はゴマの香りと相俟って、いつもより香ばしいかおり。


マイル・エンド・ベーグルス(Mile End Bagels)
マイル・エンド・ベーグルス(Mile End Bagels)
中は、とてもモチモチ。
クリームチーズと一緒に食べました。

この後、歴史的建造物を活かしたショッピングセンター「メルボルン・セントラル(MELBOURNE CENTRAL)」に行ってみました。


【 Next 】メルボルン・セントラル(MELBOURNE CENTRAL)に続く

【 Back 】世界一住みやすい都市メルボルンで年越のカウントダウンに戻る


2019年1月


マイル・エンド・ベーグルス(Mile End Bagels)
Web: http://www.mile-end.com.au/


地図


スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 コメント