お土産にぴったり!メルボル発の茶葉専門店「ティーツー(T2)」 − メルボルン旅行

April 17, 2019

ティーツー(T2)
メルボルン|ティーツー(T2)

「ティーツー(T2)」は、1996年にフィッツロイで生まれたメルボル発の茶葉と茶器の専門店です。

紅茶を中心に、ハーブティー、緑茶、ウーロン茶など、オーストラリアで最も多くの種類を扱っており、オーストラリアをはじめニュージーランド、イギリス、アメリカ、シンガポールなど世界中で展開していますが、日本は未だ未上陸のようです。

世界一住みやすい都市メルボルンで年越のカウントダウンシリーズ
今回は「ティーツー(T2)」 です。


メルボルンはカフェの街として知られていますが、元々イギリスの植民地であったためか、朝カフェで紅茶を注文すると茶葉の入ったティーポットで提供されており、紅茶の文化はしっかり根付いているようです。

旅行先ではよくカフェに立ち寄るのですが、実はコーヒーより紅茶が好きなので、フィッツロイでたまたま店舗を見つけて行ってみました。



黒がベースのお洒落な店内

ティーツー(T2)
ティーツー(T2)
店内は、ベースが黒い壁や棚なのですが、カラフルなパケージの商品や茶器を引き立ててお洒落な雰囲気です。


ティーツー(T2)
ティーツー(T2)
たくさんの茶器もあります。
店内はセール中、本来「Boxing day」は12月26日ですが、、、本日は1月2日。
このゆるさがいいですね。


ティーツー(T2)
ティーツー(T2)
どれも可愛らしくて、しかも色合いが綺麗で
旅行でなかったら、連れて帰りたいくらいです。


ティーツー(T2)
ティーツー(T2)


ティーツー(T2)
ティーツー(T2)
いろいろ迷っていたら、両腕にすごい入れ墨のお姉さんが、親身になって相談に乗ってくれました。


ティーツー(T2)
ティーツー(T2)
購入すると「T2」のロゴの入ったオレンジ色のバックに入れてくれました。

私が絶対買いたいと思って実際に買ったのは、左の「メルボルン・ブレックファースト(Melbourne Breakfast)」というメルボルン限定の茶葉。
ベーシックな紅茶に、ヴァニラの甘い香りがするフレーバーティーです。
四角い箱「キューブ(Cube)」の商品は、茶葉かティーバッグのどちらか選択することができます。

下は友人へのお土産用に買った「Twenty Adventures Assorted Teabag Gift Pack」です。
煎茶も含め20種類の味が楽しめるセットです。



T2 Emporium

ティーツー(T2)
ティーツー(T2)
店舗はフィッツロイだけでなく、メルボルンの中心部にもありますので、どこかで出会える(最後は空港の売店)かも。。
↑は「エンポリウム・メルボルン(Emporium Melbourne)」の中にある店舗です。

この後、カフェ「インダストリー・ビーンズ(Industry Beans)」に行ってみました。


【 Next 】インダストリー・ビーンズ(Industry Beans)に続く

【 Back 】世界一住みやすい都市メルボルンで年越のカウントダウンに戻る


2019年1月


ティーツー(T2)
Web: https://www.t2tea.com/


地図


スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 コメント