ビールを片手に「ブルックリン・ブルワリー(Brooklyn Brewery)」で大人の楽しい工場見学! − ニューヨーク旅行

September 22, 2019

ブルックリン・ブルワリー(Brooklyn Brewery)
ニューヨーク|ブルックリン・ブルワリー(Brooklyn Brewery)

「ブルックリン・ブルワリー(Brooklyn Brewery)」は、1988年に、スティーヴ・ヒンディ(Steve Hindy)と銀行家の「トム・ポッター(Tom Potter)」が創業したビール醸造所です。

今回は、誰でも入れるテイスティングルームと無料のツアーに参加してみました。

2度目のニューヨークでブルワリーとワイナリー三昧!シリーズ
今回は「ブルックリン・ブルワリー(Brooklyn Brewery)」 です。


日本では、2017年2月にキリンビールと合弁会社「ブルックリンブルワリー・ジャパン」を設立し販売等を行っているようです。

また「シェイク・シャック(SHAKE SHACK)」でも「ブルックリンブルワリー(Brooklyn Brewery)」がシェイク・シャックのために製造したビール「ShackMeister Ale(シャックマイスター・エール)」を飲むことができます。

シェイク・シャック(SHAKE SHACK)



ブルックリン・ブルワリー(Brooklyn Brewery)
ブルックリン・ブルワリー(Brooklyn Brewery)
この建物から右側に「ブルックリン・ブルワリー(Brooklyn Brewery)」の入り口があります(写真では大行列のところ)。

左にはボーリング場「ブルックリン・ボウル(Brooklyn Bowl)」があり、そちらには常時係員が立っていたので、ブルワリーの入り口を尋ねました、すると「赤いドアよ」と教えてくれました。

ブルックリン・ボウル(Brooklyn Bowl)
Web:https://www.brooklynbowl.com/



ブルックリン・ブルワリー(Brooklyn Brewery)の入り口は赤いドア

ブルックリン・ブルワリー(Brooklyn Brewery)
ブルックリン・ブルワリー(Brooklyn Brewery)
赤いドアの前に行くと、確かに営業時間が書いてありました。
2つのツアーがあるようですが、本日は予約不要の無料ツアー「TASTING ROOM,COMPANY STORE & FREE TOURS」に参加します。

TASTING ROOM,COMPANY STORE & SMALL BATCH TOURS(要予約)
月~木曜日:17:00〜23:00
金曜日:17:00〜24:00

TASTING ROOM,COMPANY STORE & FREE TOURS(予約不要)
土曜日:12:00〜24:00
日曜日:12:00〜20:00

ちなみに早めの時間(11:40)に行ったので、この日は行列がなく、一番乗りでしたが、営業時間(12:00)に近づくと、20人程の行列ができていました。

時間になると、この赤い巨大なドアが開きました。



フリー・ツアーの整理券

ブルックリン・ブルワリー(Brooklyn Brewery)
ブルックリン・ブルワリー(Brooklyn Brewery)
ドアが開いて、係員さんに「フリー・ツアーに参加しますか?」と尋ねられるので「はい」と答えると、この整理券がもらえました。
1回30分程のツアーで、開始時間は13:00からです。

開始時間までに余裕があったので、先にビールを飲むことにしました。
※入り口では、年齢等確認のためにパスポートを片手に握りしめていたのですが、詳細な確認はありませんでした



ブルックリン・ブルワリー(Brooklyn Brewery)の店内

ブルックリン・ブルワリー(Brooklyn Brewery)
店内に入ると、すぐ目の前に大きな発酵タンクが並んでいます。
左手前には、グッスやビールを買うことができる売店があり、、



テイスティングルーム

ブルックリン・ブルワリー(Brooklyn Brewery)
店内左奥には、ソファー席やテーブル席が広がっています。


ブルックリン・ブルワリー(Brooklyn Brewery)
オープンしたての時間は、まだ空いていましたが
そのうちどこも人でいっぱいになりました。


ブルックリン・ブルワリー(Brooklyn Brewery)
ブルックリン・ブルワリー(Brooklyn Brewery)
これはオープンしたて
トイレは一番奥に、男女別にあります。


ブルックリン・ブルワリー(Brooklyn Brewery)



おすすめは飲み比べができるテイスティング・セット「フライト(Fright)」

ブルックリン・ブルワリー(Brooklyn Brewery)
ブルックリン・ブルワリー(Brooklyn Brewery)
このように4種類のビールをテイスティングできるセットが2つ用意されています。
1セットで12ドルでした。


ブルックリン・ブルワリー(Brooklyn Brewery)
ブルックリン・ブルワリー(Brooklyn Brewery)
2つのテイスティングのセット内容はこちら。


ブルックリン・ブルワリー(Brooklyn Brewery)
ブルックリン・ブルワリー(Brooklyn Brewery)
酔っぱらいの味覚ですが。。
左から「ブルックリン・ラガー(Brooklyn Lager)」は日本のビールより苦味が強めで、しっかりとした味わい。色も濃いべっ甲色。
「ブラウン・エール(Brown Ale)」は、ポーターのような味、コーヒーのような香ばしい香り。
「ディフェンダーIPA(Defender IPA)」は、フルーティな香りで、苦味が強め。
「ベルエアー・サワー(Bel Air Sour)」は、爽やかな柑橘系の風味の印象でした。

BROOKLYN O.G.'s
1.Brooklyn Lager
2.Brown Ale
3.Defender IPA
4.Bel Air Sour


ブルックリン・ブルワリー(Brooklyn Brewery)
ブルックリン・ブルワリー(Brooklyn Brewery)
もちろんお気に入りのビールは、「パイント(Pint)」で注文しました。
こちらはサイダーと看板ビールの「Brooklyn Lager」。

ビールは全て12ozで6ドル


ブルックリン・ブルワリー(Brooklyn Brewery)
ブルックリン・ブルワリー(Brooklyn Brewery)
お昼すぎなので、店内ではパンが販売されはじめましたが
近くで開催されている野外フードマーケット「スモーガスバーグ(Smorgasburg)」で食べ物を調達してくるお客さんもチラホラ見かけました。

私達はこちらのツアーの後に、野外フードマーケット「スモーガスバーグ(Smorgasburg)」に行く予定だったので、空きっ腹にビールです。。



ツアー参加の行列

ブルックリン・ブルワリー(Brooklyn Brewery)
ブルックリン・ブルワリー(Brooklyn Brewery)


ブルックリン・ブルワリー(Brooklyn Brewery)
素敵な緑色のタイルの壁を抜けると


ブルックリン・ブルワリー(Brooklyn Brewery)


ブルックリン・ブルワリー(Brooklyn Brewery)
先程までカウンターにいた店員さんが、ビールの製造について説明しながらブルワリー内の2ヶ所を案内してくれました。


ブルックリン・ブルワリー(Brooklyn Brewery)
麦芽(モルト)。


ブルックリン・ブルワリー(Brooklyn Brewery)
ホップ・ペレット(Hop Pellets)
ツンとする匂いがしました。


ブルックリン・ブルワリー(Brooklyn Brewery)
主原料のひとつ「ホップ(hops)」。
ビール特有の香りや苦みづけ、泡立ちを良くしたり、殺菌効果もあるそうです。


ブルックリン・ブルワリー(Brooklyn Brewery)


ブルックリン・ブルワリー(Brooklyn Brewery)
場所を移動して、また説明が始まりました。


ブルックリン・ブルワリー(Brooklyn Brewery)
びん詰め用の機械。


ブルックリン・ブルワリー(Brooklyn Brewery)
13:30、ツアーとビールを堪能して、お店の外に出ると、こんなに行列が。。

この後、前回の冬バージョンとは違う場所で開催されている「ブルックリン・フリー(BROOKLYN FLEA)」に行ってみました。


【 Next 】ブルックリン・フリー(BROOKLYN FLEA)に続く

【 Back 】2度目のニューヨークでブルワリーとワイナリー三昧!に戻る


2019年5月


ブルックリン・ブルワリー(Brooklyn Brewery)
Web: https://brooklynbrewery.com/


地図


スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 コメント