「ワイス・ホテル(Wythe Hotel)」6階のルーフトップバー「アイデス(The Ides)」からの眺め − ニューヨーク旅行

March 07, 2020

ワイス・ホテル(Wythe Hotel)
ニューヨーク|ワイス・ホテル(Wythe Hotel)

「アイデス(The Ides)」は、「ワイス・ホテル(Wythe Hotel)」の6階にあるルーフトップバーです。

2度目のニューヨークでブルワリーとワイナリー三昧!シリーズ
今回は「アイデス(The Ides)」 です。


※2020年現在、バーは改装されイタリアの海岸をイメージした「レモンズ(Lemon’s)」となっています。
レモンズ(Lemon’s)
Web:https://www.lemonsbk.com/


ワイス・ホテル(Wythe Hotel)の外観

ワイス・ホテル(Wythe Hotel)
ワイス・ホテル(Wythe Hotel)
バーの入る「ワイス・ホテル(Wythe Hotel)」までベッドフォード・アベニューを歩いて向かうと
土曜の夜の本日は、多くの人で賑わっていて、道は車で渋滞し、クラクションが響いていました。

ホテルの前に到着すると、ホテル横に15人程の行列があり、
ホテルの前にいる係の人に「バー」に行きたい旨を伝えると「バーに入るには2・3分待って」と言われて、行列に並びました。


ワイス・ホテル(Wythe Hotel)
ワイス・ホテル(Wythe Hotel)
結局、10分程度待って、入り口で身分証明書を提示して
6階へ向かうエレベーターに乗りました。



6階のルーフトップバー「アイデス(The Ides)」

アイデス(The Ides)
アイデス(The Ides)
店に入ると、左手にバーカウンターがあり
カウンターの先には、マンハッタンの夜景が広がります。


アイデス(The Ides)
アイデス(The Ides)
店内右側には、テーブル席。
こちらは予約を受け付けているようですが、お腹は空いていないので
今回は、バーのみを利用。

ただ店内は、座る席もなく、立ちのみばかり


アイデス(The Ides)
アイデス(The Ides)
カウンターを抜けて左に進むと
マンハッタン方向に面した広いテラスと
テラス席があります。


アイデス(The Ides)
アイデス(The Ides)からの眺め
マンハッタンが少し遠くに感じました。


アイデス(The Ides)
アイデス(The Ides)からの眺め
お隣のホテル「ザ・ウィリアムズバーグ・ホテル(THE WILLIAMSBURG HOTEL)」が望めます。
今回は、あのホテルの下で「ブルックリン・フリー(BROOKLYN FLEA)」が開催されていました。

夏季のフリーマケット「ブルックリン・フリー(BROOKLYN FLEA)」

アイデス(The Ides)
アイデス(The Ides)からの眺め
ホテルの屋上には「ウォータータワー・バー(Watertower Bar)」があり、
あちらも賑わっている声が聞こえてきました。


アイデス(The Ides)
アイデス(The Ides)からの眺め
こちらも個性的な建物ですね。


おしゃれな店内に聞こえてきたのは、日本語の歌でした。
アプリで確認すると↑、1968年の作品だそうです。


アイデス(The Ides)
アイデス(The Ides)
しかし残念なことに、この季節のテラス席は
長時間座っていると、かなり冷えるので、早めに退散しました。

翌日は、居心地の良いカフェ「オスロ・コーヒー・ロースターズ(OSLO COFFEE ROASTERS)」に行ってみました。


【 Next 】オスロ・コーヒー・ロースターズ(OSLO COFFEE ROASTERS)に続く

【 Back 】2度目のニューヨークでブルワリーとワイナリー三昧!に戻る


2019年4月


ワイス・ホテル(Wythe Hotel)
Web: https://wythehotel.com/


地図




0 コメント