ガウディ作品「グエル邸(Palau Guell)」の重厚で贅沢な空間を堪能 - バルセロナ旅行

2014年12月
グエル邸(Palau Guell)
バルセロナ|グエル邸(Palau Guell)

グエル邸(Palau Guell)は、ガウディのパトロンであるエウセビ・グエル氏(EUSEBI GUELL)氏の依頼によって、1886年から1890年にかけて建築された建物。
こんなに立派な建物ですが、家族の住まいとしての利用は、スペイン内戦(1936-1939)が始まる前までの数年間だけとのこと。

2014〜2015年年越しヨーロッパ旅行(18泊21日+おまけ)シリーズ
今回は「グエル邸(Palau Guell)」です。

その後はアナキストのCNT-FAIに没収され、兵舎や留置所として使用されました。


グエル邸(Palau Guell)
グエル邸(Palau Guell)へは、ランブラス通りを南下して、レイアール広場を通過し
右に入る通りを見つけて右折。
この巨大な建物が出現します。


グエル邸(Palau Guell)
■グエル邸(Palau Guell)のチケットの購入
チケットはこの建物20メートル程左(ランブラス通り方面)にある
「グエル邸入場券販売所」で購入できます。


グエル邸(Palau Guell)
グエル邸(Palau Guell)の1階正面
この2つのカテナリーアーチの扉の上には
「E」「G」(エウゼビ・グエル)のイニシャルがあります。
アーチの間には門番の小屋があり、上部には鷹がいます。


グエル邸(Palau Guell)の入口
見学には左の扉を使用しました。

パンフレットと音声ガイド(日本語)
日本語のパンフレット(配布)と音声ガイド(貸出)があり、見学の際に使用できます(無料)。

入り口中央は中二階へ続く階段になっていますが
ルートとしてはまず左側の馬車庫と地下に向かうことになります。


グエル邸(Palau Guell)
馬車庫
名前から考えると、馬車にのったままカテナリーアーチの扉から
ここに馬車を置いていたということです。
そして馬達は地下にある厩舎にいたようです。


グエル邸(Palau Guell)
馬車庫の天井
馬車を置く部屋の天井なのに。。綺麗。


グエル邸(Palau Guell)
地下へ向かうスロープから吹き抜け部分を見上げる
この吹き抜けが部分が
地下まで光を届けているようです。


グエル邸(Palau Guell)
地下の厩舎
地下は厩舎として使用。

先程の吹き抜け部分(右)から明るい光がはいってきます。
厩舎の構造が非常に凝っていて
ローマ時代の遺跡にいるようです。
ここだけでも楽しめます。


グエル邸(Palau Guell)
厩舎の柱
これはユニコーンがモチーフだとか。
その他にも動物をモチーフにしたものがありました。


グエル邸(Palau Guell)
中二階への通路
大理石の階段に赤い絨毯。。
この重厚感はやはり庶民の日常生活からかけ離れすぎています。

階段を登り切ったところにステンドグラスが見えます。


グエル邸(Palau Guell)
カタルーニャ州旗の色のステンドグラス
赤色が綺麗です。


グエル邸(Palau Guell)
中二階へ入るドア
ドアが木枠になりました。

このあたりから
レンガ→大理石、鉄の世界に
木材が追加されていきます。


グエル邸(Palau Guell)
中二階からは、入り口等見下ろせるようになっています。
続いてメインフロアに続く階段があります。
階段を登り切ったところが、木のベンチのある「待合室」。


グエル邸(Palau Guell)
階段途中のステンドグラスと天井
天井は木製の格天井で、2階はそれぞれの部屋に複雑な格天井があります。
ステンドグラスにはグエル氏のイニシャルが入っているようです。


グエル邸(Palau Guell)
メインフロア階
「待合室」(手前)と「失われた足跡の間」(奥)。


グエル邸(Palau Guell)
こちらのステンドグラスも
カラフルで綺麗です。


グエル邸(Palau Guell)
「失われた足跡の間」
名前の由来はわからず。。


グエル邸(Palau Guell)
「中央サロン」への入り口
庶民を寄せ付けないこの重厚感。。。


グエル邸(Palau Guell)
「中央サロン」の中
中央部分に開いているのが、「黄金の礼拝堂」の入口となる扉。
奥は金色のパネルで覆われた礼拝室があります。


グエル邸(Palau Guell)
「中央サロン」の天井
「中央サロン」は、2階から4階にかけて吹き抜けになっています。

上の階にも小さい窓があるので
皆さん色んなところから顔を出しています。


グエル邸(Palau Guell)
「中央サロン」の上
正面のパイオルガン。
30分毎にパイプオルガンの演奏が流れます。
天井には穴があいており、差し込む日の光が星空のようです。
屋上に上がると、この吹き抜けの部分の頂塔をみることができます。


グエル邸(Palau Guell)
客間と化粧室
赤い壁と、木材にゴールドで装飾された複雑な格天井が、不思議な空間を作り出していました。


グエル邸(Palau Guell)
壁の彫刻部分


グエル邸(Palau Guell)
「団欒の間と演台の間、あるいは喫煙室」
部屋にはグランドピアノがおいてあり、正面に磨りガラス装飾とステンドグラスの窓があります。
右側のブラインドのように見える部分の外側に「後面ファサード」があります。


グエル邸(Palau Guell)
「団欒の間と演台の間、あるいは喫煙室」から「食堂」(正面)を望む。
食堂は現在立ち入り禁止区域(ガラス越しに覗くだけ)。
右上は先程の吹き抜け部分。


グエル邸(Palau Guell)
後面ファサード
水平回転式のブラインドとなっており、当時は画期的だったそうです。
手前は「団欒の間と演台の間、あるいは喫煙室」の磨りガラス装飾とステンドグラスの窓の裏側。


グエル邸(Palau Guell)
「ビリヤード室と絵画と彫刻のアトリエ」へと続く通路から厩舎を見下ろす
下は最初にみた地下の厩舎。
ここから厩舎に光が降り注いているようです。


グエル邸(Palau Guell)
「ビリヤード室と絵画と彫刻のアトリエ」
他の部屋に比べるとシンプルに思えてきます。


グエル邸(Palau Guell)
「ビリヤード室と絵画と彫刻のアトリエ」
ですが、よくよくみると天井と照明、窓の部分は可愛らしい印象。


グエル邸(Palau Guell)
「居間」
ここから寝室階です。
緑色の壁と木の天井に比べて、暖炉の上の装飾が豪華で巨大すぎて圧倒されます。


グエル邸(Palau Guell)
「イザベル・ロペスの寝室」
重厚感漂う寝室です。
右奥には洗面台付きの暖炉があります。


グエル邸(Palau Guell)
イザベル・グエルの寝室と化粧台」
他の部屋が広ため、ここは比較的狭く感じました。


グエル邸(Palau Guell)
王冠のパターンがシェイクスピアのハムレットとマクベスを取り囲む絵柄のステンドグラス。
青色が綺麗でした。


グエル邸(Palau Guell)
寝室階から「吹き抜け」を望む1
先程より上の階から天井を見上げてみました。


グエル邸(Palau Guell)
寝室階から「吹き抜け」を望む2
上の階から下階を観ました。


グエル邸(Palau Guell)
屋上
煙突や採光塔、換気塔が19本、2階サロンへ続く吹き抜けの頂塔が1本あります。
こちらは1988〜1992年に修繕され、塔のひとつにはバルセロナオリンピック(1992年)のマスコットの犬「Cobi」が隠れています。


グエル邸(Palau Guell)
不思議な空間です。
キノコに羽が生えたようにも見えました。


グエル邸(Palau Guell)
食いしん坊で鼻が利く私。
どこかの塔から美味しい匂いがしてきて、お腹がすきました。


グエル邸(Palau Guell)
だんだん、美味しそうなお菓子にも見えてきます。


グエル邸(Palau Guell)
コウモリをモチーフにした風見のある頂塔
2階サロンへ続く吹き抜けの頂塔。
ここの穴から差し込む日の光が、星空に見えるようになっています。

この後、ディアゴナル通り(Avenida Diagonal)にあるうどん屋さん
宵宵祇園(YoI Yoi Gion)でお昼を食べました。


【 Next 】宵宵祇園(YoI Yoi Gion)に続く

【 Back 】2014〜2015年年越しヨーロッパ旅行(18泊21日+おまけ)シリーズに戻る


グエル邸(Palau Guell)

Web: http://palauguell.cat/
営業時間
(日本語):
http://palauguell.cat/come-palace-japanese
メモ: ルータ・デル・モデルニスモ(RUTA DEL MODERNISME)の 割引チケットを購入すると、見学料金が30%OFFになります。


地図



スポンサーリンク


0 件のコメント: