ヤシの木が心地よく揺れる、19世紀の修道院を改造した「レイアール広場(Plaça Reial)」 - バルセロナ旅行

2014年12月
レイアール広場(Plaça Reial)
バルセロナ|レイアール広場(Plaça Reial)

レイアール広場(Plaça Reial)は、観光客で賑わう、ランブラス通り(La Rambla)沿いにありながら比較的静かな、19世紀の修道院を改造した広場。
広場にはヤシの木が植えられており、広場の周りが回廊になっています。
ヤシの木のせいかヨーロッパというより、少し南国の雰囲気を感じます。

2014〜2015年年越しヨーロッパ旅行(18泊21日+おまけ)シリーズ
今回は「レイアール広場(Plaça Reial)」です。




レイアール広場のクリスマス・イルミネーションと街灯
レイアール広場(Plaça Reial)の街灯
中央には噴水、そしてガウディが若いころデザインした街灯があります。


レイアール広場のクリスマス・イルミネーションと街灯
レイアール広場のクリスマス・イルミネーションと街灯
クリスマス・イルミネーションがなければ
もう少し街灯が目立つと思いますが。。
普段、治安が悪いと言われて有名なこの広場が、クリスマス・シーズンはいつもより明るくて少し安心できます。

もちろん油断はできませんが。。

この広場には
・オカニャ(OCAÑA)  おしゃれなカフェ
・マリスコ レイアール(MariscCo Reial) 魚介のお店
があります。

バルセロナ滞在最終日の夜は、このレイアール広場の周辺にある
おしゃれな家具と雰囲気のカフェ「オカニャ(OCAÑA)」に行きました。


【 Next 】オカニャ(OCAÑA)に続く

【 Back 】2014〜2015年年越しヨーロッパ旅行(18泊21日+おまけ)シリーズに戻る


レイアール広場(Plaça Reial)


メモ: 日曜の9:00〜14:00に切手とコインのマーケット開催。


地図



スポンサーリンク


0 件のコメント: