ローマ植民地、ゴッホの「アルルの闘牛場」時代を経て、今なお現役「アルルの円形闘技場 L’Amphithéâtre(les arènes)」- アルル旅行

2014年12月
アルルの円形闘技場 L’Amphithéâtre (les arènes)
アルルの円形闘技場 L’Amphithéâtre(les arènes)

アルルの円形闘技場 L’Amphithéâtre(les arènes)は、
ローマ植民地時代、ローマのコロッセオより古い
推定紀元1世紀末に建造された円形闘技場。
世界遺産「アルルのローマ遺跡とロマネスク様式建造物群」の
一部として登録されています。

2014〜2015年年越しヨーロッパ旅行(18泊21日+おまけ)シリーズ
今回は「アルルの円形闘技場 L’Amphithéâtre(les arènes)」です。

円形闘技場の入口を見つけるまでは、
営業しているのか不安になるくらい周囲に人影なし。。
並ぶことなく入場できました。

アルルの円形闘技場 L’Amphithéâtre (les arènes)
アルルの円形闘技場 L’Amphithéâtre(les arènes)
周囲の住宅地には
巨大な円形闘技場に差し込んだ、アルル特有の強い太陽の光が創りだした
円形闘技場のアーチ型をした影ができていました。


アルルの円形闘技場 L’Amphithéâtre (les arènes)
アルルの円形闘技場 L’Amphithéâtre(les arènes)
円形劇場の周囲は高さ21m。
建築当時は3階建てだったようですが
現在は2階建て、60のアーケードが取り囲んでいます。

1階の柱は角で、2階の柱は丸みを帯びており
ローマのコロッセオ同様、階毎に柱の様式が違うようです。


アルルの円形闘技場 L’Amphithéâtre (les arènes)
アルルの円形闘技場 L’Amphithéâtre(les arènes)
資料写真が展示されている場所
奥には闘技場の広場が見えます。


アルルの円形闘技場 L’Amphithéâtre (les arènes)
アルルの円形闘技場 L’Amphithéâtre(les arènes)
画面右の階段から、客席に上がります。


アルルの円形闘技場 L’Amphithéâtre (les arènes)
アルルの円形闘技場 L’Amphithéâtre(les arènes) 客席からの眺め
アルルの円形闘技場は、ローマのコロッセオよりは小さいですが
ローマ植民地時代、ゴッホの「アルルの闘牛場」時代を経て
今現在も利用されている空間です。
この場所にどれだけの人が立ったのでしょうか。


アルルの円形闘技場 L’Amphithéâtre (les arènes)
アルルの円形闘技場 L’Amphithéâtre(les arènes)
中は自由に散策できます。
画面の中に人がいますので大きさが比較できると思います。
しかし日差しが強いです。。。


アルルの円形闘技場 L’Amphithéâtre (les arènes)
アルルの円形闘技場 L’Amphithéâtre(les arènes)
上部の客席はパイプと板で仮設の様な造り。
座席の板には席番号が振ってありました。

今の姿からは信じられないですが、この円形闘技場は、中世時代には要塞化され、1825年に改修されるまで場内には人々が住み、一時は200軒程の家や2つの礼拝堂があったそうです。
写真左の塔(中世に造られた監視塔)の周囲からアルルの町並みが見渡せます。


アルルの円形闘技場 L’Amphithéâtre (les arènes)
アルルの円形闘技場 L’Amphithéâtre(les arènes)
円形闘技場の上にある塔からのアルルの眺め。

この景色から、パラボラアンテナを消してしまうと
どの時代にいるのかかわからなくなりそうです。


アルルの円形闘技場 L’Amphithéâtre (les arènes)
アルルの円形闘技場 L’Amphithéâtre(les arènes) ローヌ川と町並み
円形闘技場を中心に放射線状に道路が伸びています。


アルルの円形闘技場 L’Amphithéâtre (les arènes)
アルルの円形闘技場 L’Amphithéâtre(les arènes)
木製の鎧戸は防犯対策というよりは、この土地独特の日差しを遮る重要な役割を果たしているようです。


アルルの円形闘技場 L’Amphithéâtre (les arènes)
アルルの円形闘技場 L’Amphithéâtre(les arènes)
塔から暫く町を眺めていると、日が傾きかけた静かな町に教会の鐘が鳴り始め、一段と中世に戻ったかのような雰囲気になりました。


アルルの円形闘技場 L’Amphithéâtre (les arènes)
アルルの円形闘技場 L’Amphithéâtre(les arènes) アーチの上
こんなに間近にアーチの上を見るのは初めてでした。
この先は手すりがないので。。アルルの周辺がよく見渡せます。


アルルの円形闘技場 L’Amphithéâtre (les arènes)
アルルの円形闘技場 L’Amphithéâtre(les arènes)
円形闘技場のアーチで切り取ったアルルの町の景色


アルルの円形闘技場 L’Amphithéâtre (les arènes)
アルルの円形闘技場 L’Amphithéâtre(les arènes) 2階部分のアーチと通路
アーチとアーチの間の石の積み重ね方が違っています。
アーチ構造は見た目の綺麗さだけではなく、巨大な建築物を支えられる程、構造的に優れているのですね。

完成当時は、この上に壁があり日除けの開閉式の天幕がはられていたようです。


アルルの円形闘技場 L’Amphithéâtre (les arènes)
アルルの円形闘技場 L’Amphithéâtre(les arènes)アーチと階段
客席と通路を行き来する階段が見えます。
2万人も収容したので、通路の確保は重要ですね。


アルルの円形闘技場 L’Amphithéâtre (les arènes)
アルルの円形闘技場 L’Amphithéâtre(les arènes)
2階部分から1階の通路部分を眺めたところ。
改修工事のせいか、一部はまだ新しく思えます。


アルルの円形闘技場 L’Amphithéâtre (les arènes)
アルルの円形闘技場 L’Amphithéâtre(les arènes) 地下通路
天井の曲線が綺麗ですが、薄暗さもあって少し怖い雰囲気です。

当時は今のようにアリーナから差し込む光がない中、この通路を剣闘士達が歩いたのだと思います。。


アルルの円形闘技場 L’Amphithéâtre (les arènes)
アルルの円形闘技場 L’Amphithéâtre(les arènes) 夜のコロッセオ
夜のコロッセオも綺麗ですが、アルル出発当日の朝のコロッセオも綺麗でした。

この後、ゴッホの「夜のカフェテラス」で有名なカフェのある「フォルム広場(Place du Foru)」に向かいました。


【 Next 】フォルム広場(Place du Foru)に続く

【 Back 】2014〜2015年年越しヨーロッパ旅行(18泊21日+おまけ)シリーズに戻る


アルルの円形闘技場 L’Amphithéâtre (les arènes)



地図



スポンサーリンク


0 件のコメント: