円柱2本のみが残る、現役の世界遺産「アルルの古代劇場(Le Théâtre antique)」- アルル旅行

2014年12月
アルルの古代劇場(Le Théâtre antique)
アルル|アルルの古代劇場(Le Théâtre antique)

アルルの古代劇場(Le Théâtre antique)は、紀元前27~25年ごろに建設。
後に、大聖堂建設のための石切り場として利用されたり、住宅地となって埋まったため
今では舞台の壁にあった円柱が2本(写真右側)残るだけですが、現在でもアルルの映画祭などに実際に使用されているようです。

また、世界遺産「アルルのローマ遺跡とロマネスク様式建造物群」の一部として登録されています。

2014〜2015年年越しヨーロッパ旅行(18泊21日+おまけ)シリーズ今回は「アルルの古代劇場(Le Théâtre antique)」です。



この日も夜はイベントが行われていました。
ちなみに、このアルルの古代劇場の雰囲気は好きだったのですが
円柱2本のみが残っているだけなので
古代劇場の中には入らず、通りから覗くのみとなりました。

この後、ロマネスク様式の傑作として知られ、
こちらも世界遺産「サン・トロフィム教会(L’église de saint-Trophim)」に向かいました。


【 Next 】サン・トロフィム教会(L’église de saint-Trophim)に続く

【 Back 】2014〜2015年年越しヨーロッパ旅行(18泊21日+おまけ)シリーズに戻る


アルルの古代劇場(Le Théâtre antique)



地図



スポンサーリンク


0 件のコメント: