朝日が差し込む「ウスペンスキー寺院(Uspenskin katedraali)」で美しいクーポラを堪能!! - ヘルシンキ旅行

2015年5月
ウスペンスキー寺院(Uspenskin katedraali)
ヘルシンキ|ウスペンスキー寺院(Uspenskin katedraali)

ウスペンスキー寺院(Uspenskin katedraali)は、ロシア人建築家アレクセイ・ゴルノスタイッフにより設計され、1868年に完成した北欧最大規模のロシア正教会です。
赤レンガの質素な佇まいの外観と、豪華な内部とのギャップに驚かせられました。

Vappuでピクニック・タリンで世界遺産の旧市街散策シリーズ
今回は「ウスペンスキー寺院(Uspenskin katedraali)」 です。



ウスペンスキー寺院(Uspenskin katedraali)
ウスペンスキー寺院(Uspenskin katedraali)
ウスペンスキー寺院は
ヘルシンキ中心部と橋で繋がった
カタヤノッカ島(Katajanokka)の高台にあります。
島と言っても、ヘルシンキ中心部からあまりにも近いので徒歩圏内。
「島へ渡った」という感覚はありません。。


岩場の高台
岩場の高台
寺院に少し近づくと
岩場の上の高台に寺院があることがわかります。
ここから少し、急な登りが続きます。


Enson talo
Enson talo
「さあ、ウスペンスキー寺院(Uspenskin katedraali)に登ろう」と
後ろを振り返ったら
白い素敵な建物があったので写真を撮りました。
最近知ったのですが、こちらもアルヴァ・アアルト(Alvar Aalto)による作品(1962年)とのこと。

アルヴァ・アアルト(Alvar Aalto)の作品
アカデミア書店(Akateeminen Kirjakauppa)
フィンランディア・ホール(Finlandia-talo)
・Enson talo


ウスペンスキー寺院(Uspenskin katedraali)
ウスペンスキー寺院(Uspenskin katedraali) 階段
最後はこの階段を登り
手前右奥にある「出入り口」から入ります。
この角度から見るのも素敵です。


ウスペンスキー寺院(Uspenskin katedraali)
ウスペンスキー寺院(Uspenskin katedraali) 正面
この寺院正面は
「出入り口」としては使用できないようです。
実際の「出入り口」は、この写真の右横にあります。


ウスペンスキー寺院(Uspenskin katedraali)
ウスペンスキー寺院(Uspenskin katedraali)
赤レンガの上に、13個の金色のクーポラがあります。
この赤と青色と金色のコントラストが美しいです。

この赤レンガは、クリミア戦争で破壊された建物の赤レンガを再利用、
十字架はロシア正教独特のもの。


ウスペンスキー寺院(Uspenskin katedraali)
ウスペンスキー寺院(Uspenskin katedraali)の「出入り口」
寺院の「出入り口」は、この小さい木の扉でした。


ウスペンスキー寺院(Uspenskin katedraali)
ウスペンスキー寺院(Uspenskin katedraali)の祭壇
入口から左に進むと
寺院の中は外観の雰囲気と違って、綺羅びやかな印象。


ウスペンスキー寺院(Uspenskin katedraali)
ウスペンスキー寺院(Uspenskin katedraali)
クーポラを見上げる。


ウスペンスキー寺院(Uspenskin katedraali)
ウスペンスキー寺院(Uspenskin katedraali)クーポラ
クーポラの色と
金色の星が美しい色合いです。


ウスペンスキー寺院(Uspenskin katedraali)
ウスペンスキー寺院(Uspenskin katedraali)
タイミングよく窓から差し込んできた光が
寺院内の雰囲気を
一段と荘厳なものにしました。


ウスペンスキー寺院(Uspenskin katedraali)
ウスペンスキー寺院(Uspenskin katedraali) イコノスタシスと金色のシャンデリア
祭壇部と一般信者席とを分ける
聖像画で覆われた壁(イコノスタシス)だけでも豪華すぎて
正直何を見ていいかよくわからなくなります。


北港(Pohjoissatama)方面1
北港(Pohjoissatama)方面1
寺院の外に出て
高台から北港方向を眺めました。


北港(Pohjoissatama)方面2
北港(Pohjoissatama)方面2
ちょっと変わった建物がみえます。

左の建物の壁にあるのは
フィンランドの彫刻家Carl Wilhelmsが1951年に制作した
「Pietarin kalansaalis」という名前のレリーフです。


ヘルシンキ大聖堂方面
ヘルシンキ大聖堂(Helsingin tuomiokirkko)方面
こうみると
やっぱりヘルシンキ大聖堂(Helsingin tuomiokirkko)は
ヘルシンキのランドマークですね。


ウスペンスキー寺院(Uspenskin katedraali)
ウスペンスキー寺院(Uspenskin katedraali)
この後、ヘルシンキの新古典主義建築の立ち並ぶ
おとぎの国の様な住宅地
カタヤノッカ島 (Katajanokka)を散策しました。


【 Next 】カタヤノッカ島(Katajanokka)の散策に続く

【 Back 】Vappuでピクニック・タリンで世界遺産の旧市街散策シリーズに戻る



ウスペンスキー寺院(Uspenskin katedraali)

開館時間: 火~金 9:30~16:00
土曜10:00~15:00
日曜12:00~15:00
休館日 月曜
Web: http://hos.fi/fi/uspenskin-katedraali/
メモ: 上記開館時間中も、イベントにより
立ち寄り不可になることがあるそうです。


地図





スポンサーリンク


0 件のコメント: