ブエリング航空VY2488(バルセロナ=エル・プラット空港ーサン・セバスティアン空港) − バスク地方とバルセロナ旅行

September 12, 2018

ブエリング航空VY2488
ブエリング航空VY2488(バルセロナ=エル・プラット空港ーサン・セバスティアン空港)
今回は、バルセロナからLCC「ブエリング航空(vueling)」で、サン・セバスティアン空港まで行き、空港からバスでサン・セバスティアンの旧市街まで移動しました。

美食の街サン・セバスティアンでピンチョス祭り!シリーズ
今回は「ブエリング航空VY2488(バルセロナ=エル・プラット空港ーサン・セバスティアン空港)」 です。


バルセロナ=エル・プラット空港(Aeropuerto de Barcelona-El Prat)
バルセロナ=エル・プラット空港(Aeropuerto de Barcelona-El Prat)
いつもなら、この空港からバルセロナ中心部へバスで移動するのですが
今回は、そのまま国内線に乗り換えて「サン・セバスティアン空港(Aeropuerto de San Sebastián)」を目指します。

到着(国際線)から離陸(国内線)までの流れは↓
1.入国審査(Control de Pasaporte)/2階
2.手荷物引取・税関/1階
3.到着ロビー/1階
4.スペイン国内の他都市への乗り継ぎ(Vuelos Regionales)/2階

とてもコンパクトな空港なので、移動は問題なく
入国審査の時間を心配していたのですが、これも難なくクリアしました。



ブエリング航空に初搭乗



概要 バルセロナ=エル・プラット空港(16:40発)→サン・セバスティアン空港 (17:50着)
乗り継ぎ時間 2:25
※実際の出発時刻は18:19、到着は19:28でした。

ブエリング航空(vueling)
ブエリング航空(vueling)
まずは、この専用の発行機で
手荷物用の「手荷物タグ」を発行し、手荷物に取り付けます。

搭乗券のバーコードを機械にかざして操作し、「手荷物タグ」の発行は簡単なのですが
スーツケースへ「手荷物タグ」を貼る作業は初めてなので
よく分からず。。。
近くの、お姉さん(お客さん)が教えてくれました。


ブエリング航空(vueling)
ブエリング航空(vueling)
カウンターには、係員は1人もいません。
荷物も自分で預けます。


ブエリング航空(vueling)
ブエリング航空(vueling)
預け荷物の手続方法は
映像で流れるので、見たままやりました。

この先、手荷物検査を終えて、ひと安心しました。



搭乗エリアでSIMカードを購入

CRYSTAL
CRYSTAL
時間に余裕ができたので
空港内の「CRYSTAL」というお店で、SIMカードを購入しました。


CRYSTALの場所
このお店は、到着エリアに1箇所、搭乗エリアに2箇所あるので、便利です。



ブエリング航空(vueling)の搭乗ゲート

ブエリング航空(vueling)
ブエリング航空(vueling)
搭乗ゲートの前には、行列ができていました。
もちろん(?)搭乗時刻になっても、搭乗の合図がでません。。
ここでかなり遅延しましたが
周囲の人々は慣れたもの。。


ブエリング航空(vueling)
ブエリング航空(vueling)
シンプルなデザインの機体。



ブエリング航空VY2488の機内

ブエリング航空VY2488
ブエリング航空VY2488
皆さん、本当に規定数以上の手荷物を持っているので
座席上の荷物入れは、パンパンです(帰りの飛行機は、大きな手荷物がある人はチェックされ、飛行機搭乗前に、預かり荷物に回されていました)。。。


ブエリング航空VY2488
ブエリング航空VY2488
LCCなので、機内購入用のメニューが置いてあります。


ブエリング航空VY2488
ブエリング航空VY2488



サン・セバスティアン空港に到着

サン・セバスティアン空港(Aeropuerto de San Sebastián)
サン・セバスティアン空港(Aeropuerto de San Sebastián)
飛行機からは、階段を降り
直接空港の建物まで歩いていけます。
今まで経験した中で、一番小さい空港でした。


サン・セバスティアン空港(Aeropuerto de San Sebastián)
サン・セバスティアン空港(Aeropuerto de San Sebastián)
空港内へ入って
預け荷物が出てくるのを待ちました。


サン・セバスティアン空港(Aeropuerto de San Sebastián)
サン・セバスティアン空港(Aeropuerto de San Sebastián)
空港のトイレに行ったのですが
女性トイレ内に個室は2つ、1つ空いているのに行列ができていて
行列の前の女性に尋ねたら「うち、ひとつはシャワー室」とのこと「シャワー???(スペイン語でシャワーって言ってるよね。。。という感覚)」。。
「見てみる?」と言われて、一緒に見たら、本当にシャワー室でした。。

なので、空港の女性トイレの個室は実際には1つです!
到着後はそれなりに行列ができるので、お急ぎの場合は、到着前に機内のトイレを利用した方がいいかもしれませんね。



空港から旧市街へは、バス(E21)で移動

ekialdebus
ekialdebus
移動方法は、他の方のブログも確認して
バスは普通に遅れてくるという情報があったのですが
結果、15分も遅れてきました。

実は、飛行機の出発時刻がかなり遅れたのもあり
サン・セバスティアン空港の建物に到着=バスの出発予定時刻でした。

本来は、別のバス乗り場に行くのが普通なのかもしれませんが
どうせ遅れてくるだろう(それがスペイン!)と「Bus Stop A」で一番最初に待っていると。他の人々も、待ち始めました。

その間、バスを待っている人々の間では、当然のように会話が始まりました。
ひとりの女性が「ここの乗り場ではないんじゃない??もうこんな時間だし、次のバスは、Bus Stop Bから乗るんじゃない??あっちに移動しなきゃ」とか
中年男性は「大丈夫、きっと遅れてくるから、ここで待ってても大丈夫!!」とか

そう言っている間に、バスが15分遅れで見事にやってきました。



バス乗り場

サン・セバスティアン空港とバス乗り場
サン・セバスティアンの市街地へ行く最適なバスは「Bus StopA」乗り場で待ちます。
空港の建物の左側が到着ロビーなので、空港を出て右側にあります。

バス乗り場:Bus Stop A(路線E21)
※E20やE28にも乗車できますが、停車するバス停が多いようです。  
切符の購入方法:乗車の際に、行き先を告げて、運転手から直接購入(片道€2.45)。
経路:空港→サン・セバスティアン(注意:バスの表記は「DONOSTIA」ドノスティア)→ギプスコア広場(Plaza de Guipuzkoa)で下車
バス会社:ekialdebus(https://twitter.com/ekialdebus

ギプスコア広場(Plaza de Guipuzkoa)


バス時刻表(路線E21)

バスの時刻表
2018年4月時点の時刻表(ekialdebusより)です。
乗車したのは「Aireportua(Terminal 1)」18:55のバスです。
バスがやってきたのは19:10過ぎ。。
下車予定のバス停は「ギプスコア広場(Gipuzkoa Plaza)」です。


バスからの眺め
バスに乗ると、後はサン・セバスティアンの市街地まで連れて行ってもらうだけなので
町の景色を楽しみました。


バスからの眺め
バスからの眺め
表記されているバスク語が、分からなすぎます。。

友達のバスク地方出身者(スペイン側)によると
バスク語は、世界一難しい言語なので、小さい頃に教え込まれるそうです。
ちなみに、彼女の名前は、日本語のような響きで、すごく発音しやすいです。


バスからの眺め
長閑な景色から


バスからの眺め
自動車専用道路に入ると
ガンガン走ります。


バスからの眺め
車内には、「現在のバス停名」や、次に止まるバス停名が表示されるので便利です。
下車の際には、こちらのボタンを押して合図します。


オケンド広場(De Okendo Plaza)
サン・セバスティアンの市街地に到着しました。


サン・セバスティアン旧市街
サン・セバスティアン旧市街
この後、ホテルに無事チェックインして
よい時間になったので、いよいよサン・セバスティアンのバル巡りに繰り出しました。


この後、「海老の串焼き」が名物のバル「ゴイスアルギ(Goiz-Argi)」に行きました。


【 Next 】ゴイスアルギ(Goiz-Argi)に続く

【 Back 】美食の街サン・セバスティアンでピンチョス祭り!に戻る


2018年4月


サン・セバスティアン空港(Aeropuerto de San Sebastián)
Web: 空港の地図は、こちら


地図


スポンサーリンク

スポンサーリンク


You Might Also Like

0 コメント