存在感のあるネオバロック様式の歌劇場「アリアーガ劇場(Teatro Arriaga)」 − バスク地方とバルセロナ旅行

November 01, 2018

アリアーガ劇場(Teatro Arriaga)
ビルバオ|アリアーガ劇場(Teatro Arriaga)

「アリアーガ劇場(Teatro Arriaga)」は、ビルバオの旧市街にあるネオバロック様式の歌劇場で、1890年に開場しました。
「ビルバオ市庁舎(Ayuntamiento de Bilbao)」と同じ建築家「ホアキン・ルコバ(Joaquín Rucoba)」がパリのオペラ座「ガルニエ宮(Palais Garnier)」に影響をうけ設計したそうです。
存在感があり、外観を眺めてみました。

美食の街サン・セバスティアンでピンチョス祭り!シリーズ
今回は「アリアーガ劇場(Teatro Arriaga)」 です。

ビルバオ市庁舎(Ayuntamiento de Bilbao) ガルニエ宮(Palais Garnier)


ビルバオの作曲家に敬意を表して名付けられました

アリアーガ劇場(Teatro Arriaga)
アリアーガ劇場(Teatro Arriaga)
道を挟んだ「アレナル公園(El Arenal)」側から見ても、存在感があります。
劇場に向かって、歩道からは階段になっています。

ちなみに、この劇場の名前はスペインのモーツァルトとして異名をもつビルバオの作曲家「ホアン・クリソストモ・アリアーガ(Juan Crisóstomo Arriaga)」に敬意を表してつけられたそうです。


アリアーガ劇場(Teatro Arriaga)
アリアーガ劇場(Teatro Arriaga)
正面に近づいてみました。


アリアーガ劇場(Teatro Arriaga)
アリアーガ劇場(Teatro Arriaga)


アリアーガ劇場(Teatro Arriaga)
アリアーガ劇場(Teatro Arriaga)


アリアーガ劇場(Teatro Arriaga)
アリアーガ劇場(Teatro Arriaga)
男性の彫像が柱を支えている「アトランテス(atlantes)」は、ちょっと楽しく談笑しているようにも見えますね。


見る角度で印象が違います

アリアーガ劇場(Teatro Arriaga)
アリアーガ劇場(Teatro Arriaga)
劇場の横には「ネルビオン川(Rio de Nervion)」が流れており
この劇場も1983年の川の氾濫によって、被害を受けたことがあるそうです。

こう見ると劇場の正面は、湾曲していますが、「ネルビオン川(Rio de Nervion)」沿いは直線的、全く印象が違います。


アリアーガ劇場(Teatro Arriaga)
アリアーガ劇場(Teatro Arriaga)
劇場の右(ネルビオン川の向こう側)に見える、特徴のある建物は「コンコルディア・デ・ビルバオ駅(Estación de La Concordia de Bilbao)」です。
そちらには、後日行ってみました。

この後、見どころいっぱい!ビルバオの「ネルビオン川(Rio de Nervion)」沿いの散歩に続きます。


【 Next 】「ネルビオン川(Rio de Nervion)」沿いの散歩に続く

【 Back 】美食の街サン・セバスティアンでピンチョス祭り!に戻る


2018年4月


アリアーガ劇場(Teatro Arriaga)


地図


スポンサーリンク

スポンサーリンク


You Might Also Like

0 コメント