美しいネオムデハル様式の闘牛場跡と闘牛博物館を見学「モヌメンタル闘牛場(Placa de Toros Monumental)」 − バスク地方とバルセロナ旅行

December 23, 2018

バルセロナ|モヌメンタル闘牛場(Placa de Toros Monumental)

「モヌメンタル闘牛場(Placa de Toros Monumental)」は、、1914年に開業された元闘技場です。
現在は「闘牛博物館(Museo Taurino)」として、またイベントスペースとして使用されています。
以前から前を通り、気にはなっていたのですが、今回ちょうど「闘牛博物館(Museo Taurino)」開館時間に通りかかったので、見学してみました。

美食の街サン・セバスティアンでピンチョス祭り!シリーズ
今回は「モヌメンタル闘牛場(Placa de Toros Monumental)」 です。


スペイン=闘牛というイメージがありますが、バルセロナでは、2012年1月1日から闘牛が禁止になりました。

こちらは、闘牛場跡をショッピングモールにした「ラス・アレナス(Las Arenas)」とは違います。

ラス・アレナス(Las Arenas)


モヌメンタル闘牛場(Placa de Toros Monumental)の外観

モヌメンタル闘牛場(Placa de Toros Monumental)の外観
アラブ的なネオムデハル様式がとても目立ちます。


モヌメンタル闘牛場(Placa de Toros Monumental)
モヌメンタル闘牛場(Placa de Toros Monumental)
当初は「ノウセンティズム(Noucentisme)」様式で「マヌエル・ジョアキン・ラスパル・イ・マヨール(Manuel Joaquim Raspall i Mayol)」の設計で建てられ、後に「Ignasi Mas i Morell」と「Domènec Sugrañes i Gras」によって、ネオムデハル様式部分に拡張されました。


モヌメンタル闘牛場(Placa de Toros Monumental)
モヌメンタル闘牛場(Placa de Toros Monumental)
太陽の日差しが、正面のタイルに反射して、眩しいです。



「闘牛博物館(Museo Taurino)」があります!

モヌメンタル闘牛場(Placa de Toros Monumental)
モヌメンタル闘牛場(Placa de Toros Monumental)
ちょうど午前中の入場時間に、間に合いそうだったので、入ってみました。

闘牛博物館(Museo Taurino)
営業時間:火〜土曜日: 10:00〜14:00(1:30迄に入場)
            16:00〜19:00(18:30迄に入場)
入場料:6€


モヌメンタル闘牛場(Placa de Toros Monumental)
中に入ると、イスに座って日光浴しているおじさんがポツンといたので、近所のおじさんかと思ったのですが、、
挨拶をして、話を聞いてみると、闘牛場の受付のおじさんでした。



闘牛場を囲む円形の通路

モヌメンタル闘牛場(Placa de Toros Monumental)
モヌメンタル闘牛場(Placa de Toros Monumental)
通路は、薄暗いですが、2011年までは闘牛場として使用されていたので、整備されています。

【トイレ】
トイレの表示はたくさんありますが、殆どドアが施錠されています、ので実際使用できるトイレは、入口付近(入って、右側)にあるトイレ(1個所)だけでした。


モヌメンタル闘牛場(Placa de Toros Monumental)
闘牛場を囲んで、円形の通路には、上の観客席か闘牛場へ続く、入口がたくさんあります。


モヌメンタル闘牛場(Placa de Toros Monumental)
こちらは観客席へ続く、階段。


青い空に映える闘牛場跡

モヌメンタル闘牛場(Placa de Toros Monumental)
ここは、カタルーニャ議会が闘牛を禁止する法律を可決して以来、カタルーニャで闘牛が開催された最後の場所でした。

こうしてみると、同じ「闘牛場」のためか、アルルで見た円形闘技場と似ています。

アルルの円形闘技場 L’Amphithéâtre(les arènes)



闘牛場「砂場(RUEDO)」に降りてみました

モヌメンタル闘牛場(Placa de Toros Monumental)


モヌメンタル闘牛場(Placa de Toros Monumental)
青空の下、広い闘牛場の中央に立つと、気分も上がります。
ただ実際の闘牛では、影の席の方が日向の席より高価らしいですね。


モヌメンタル闘牛場(Placa de Toros Monumental)
退避壁「burladero(ブルラデーロ)」まで遠いです。。


モヌメンタル闘牛場(Placa de Toros Monumental)
この闘牛場内壁は「タブラ(Tabla)」というらしいです。


モヌメンタル闘牛場(Placa de Toros Monumental)
この防壁の前の闘牛士の避難壁を「ブルラデーロ(Burladero)」ということすら知らなかったのですが、想像より狭いですね。



闘牛場には礼拝堂もあります!

モヌメンタル闘牛場(Placa de Toros Monumental)
闘牛場の会場横には、礼拝堂があります。
FCバルセロナの本拠地「カンプ・ノウ(Camp Nou)」を見学した際も、ピッチに入る直前の所に、礼拝堂がありました。


モヌメンタル闘牛場(Placa de Toros Monumental)
中には入れなかったので、窓から覗いてみました。



闘牛博物館(Museo Taurino)の建物

モヌメンタル闘牛場(Placa de Toros Monumental)
「GUADARNES」とは「馬具置き場」の事らしいです。
入口は、写真左にありますが、まずは階下部分を覗いてみました。


モヌメンタル闘牛場(Placa de Toros Monumental)
モヌメンタル闘牛場(Placa de Toros Monumental)


モヌメンタル闘牛場(Placa de Toros Monumental)
モヌメンタル闘牛場(Placa de Toros Monumental)
今度は、こちらを見てみます。


モヌメンタル闘牛場(Placa de Toros Monumental)
モヌメンタル闘牛場(Placa de Toros Monumental)
厩舎のようですね。



闘牛博物館(Museo Taurino)に入ってみました

モヌメンタル闘牛場(Placa de Toros Monumental)
モヌメンタル闘牛場(Placa de Toros Monumental)
この階段を上り「闘牛博物館(Museo Taurino)」に入ってみました。


闘牛博物館(Museo Taurino)
闘牛博物館(Museo Taurino)
博物館の中は、誰もいません。



「マノレーテ(Manolete)」として知られている「マヌエル ・ ロドリゲス(MANUEL RODRIGUEZ)」の像

闘牛博物館(Museo Taurino)
「マヌエル ・ ロドリゲス(MANUEL RODRIGUEZ)」の像



闘牛博物館(Museo Taurino)
闘牛博物館(Museo Taurino)
「モヌメンタル闘牛場(Placa de Toros Monumental)」の様子



闘牛博物館(Museo Taurino)
闘牛博物館(Museo Taurino)


闘牛博物館(Museo Taurino)
闘牛博物館(Museo Taurino)
当時のポスターを見ることができます。


闘牛博物館(Museo Taurino)
闘牛博物館(Museo Taurino)
もう一つ奥の建物へ行ってみることにしました。


闘牛博物館(Museo Taurino)
闘牛博物館(Museo Taurino)
通路の反対側には、こんな場所がみえました。


闘牛博物館(Museo Taurino)
闘牛博物館(Museo Taurino)
こちらは、闘牛士が使用した衣装がたくさん飾ってありました。



闘牛士「ドミンゴ・オルテガ(Domingo Ortega」が使用した衣装

闘牛博物館(Museo Taurino)
闘牛博物館(Museo Taurino)
1953年8月16日に、闘牛士「ドミンゴ・オルテガ(Domingo Ortega」が復帰した際、この闘牛場で使用したものだそうです。
闘牛は全く知らないので、詳しい方には、嬉しい衣装なのかもしれませんね。。


闘牛博物館(Museo Taurino)
闘牛博物館(Museo Taurino)
こんな、華奢な靴で闘っているのですね。

この後、直火で焼き上げた美味しいパエリア屋さん「チリンギート・エスクリバ(Xiringuito Escribà)」に行きました。


【 Next 】チリンギート・エスクリバ(Xiringuito Escribà)に続く

【 Back 】美食の街サン・セバスティアンでピンチョス祭り!に戻る


2018年5月


モヌメンタル闘牛場(Placa de Toros Monumental)


地図


スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 コメント