彫刻に圧倒される「クアドロ男爵邸(Palau del Baró de Quadras)」 − バルセロナ・メルセ祭旅行

2015年9月
クアドロ男爵邸(Palau del Baró de Quadras)
バルセロナ|クアドロ男爵邸(Palau del Baró de Quadras)

クアドロ男爵邸(Palau del Baró de Quadras)は、Manuel de Quadras男爵の依頼にを受け、1902年〜1903年にジュセップ・プッチ・イ・カダファルク(Josep Puig i Cadafalch)により改装されました。
この建物は、ディアゴナル通り(Avenida Diagonal)側から見た場合と、ルセリョ通り(Carrer del Rosselló)側から見た印象は全く違います。
今回は、残念ながら工事のため2ヶ月間(2015年7月20〜10月4日)一般公開中止中、 ディアゴナル通り(Avenida Diagonal)側からのみ見学しました。

メルセ祭(La Mercè)で賑わうバルセロナの旅行シリーズ
今回は「クアドロ男爵邸(Palau del Baró de Quadras)」です。

クアドロ男爵邸(Palau del Baró de Quadras)
クアドロ男爵邸(Palau del Baró de Quadras)
うどん屋さんを通り過ぎるとすぐです。
こちらもモデルニスモ様式(76)の建物。

ジュセップ・プッチ・イ・カダファルク(Josep Puig i Cadafalch)の作品
カサ・アマトリェール(Casa Amatller)
カサ・マルティ(Casa Martí)=クアトロ・ガッツ(Els Quatre Gats)
Casa Serra(Diputacion de Barcelona)
Casa Pich i Pon
ラス・プンシャス集合住宅(Casa de les Punxes)
・クアドロ男爵邸(Palau del Baró de Quadras)


クアドロ男爵邸(Palau del Baró de Quadras)
クアドロ男爵邸(Palau del Baró de Quadras)
カーゴイルがこれでもかと並んでいます。
それにしても柱は、人の彫刻が連なっていて凄いです。


クアドロ男爵邸(Palau del Baró de Quadras)
クアドロ男爵邸(Palau del Baró de Quadras)
入り口を見上げても、こんなところに


クアドロ男爵邸(Palau del Baró de Quadras)
クアドロ男爵邸(Palau del Baró de Quadras)
それぞれに、表情もポーズも違う彫刻です。
こちらは王冠をつけています。


クアドロ男爵邸(Palau del Baró de Quadras)
クアドロ男爵邸(Palau del Baró de Quadras)
花がモチーフの彫刻があるドア


クアドロ男爵邸(Palau del Baró de Quadras)
クアドロ男爵邸(Palau del Baró de Quadras)


クアドロ男爵邸(Palau del Baró de Quadras)
クアドロ男爵邸(Palau del Baró de Quadras)
これらの彫刻は、エウセビ・アルナウ(Eusebi Arnau)と アルフォンス・ジュジョル(Alfons Juyol)による作品。


クアドロ男爵邸(Palau del Baró de Quadras)
クアドロ男爵邸(Palau del Baró de Quadras)
これらの彫刻の感じもカサ・アマトリェール(Casa Amatller)を彷彿とさせます。


クアドロ男爵邸(Palau del Baró de Quadras)
クアドロ男爵邸(Palau del Baró de Quadras)
この窓は、カサ・アマトリェール(Casa Amatller)の娘さんの部屋の窓を連続させたような感じです。。


クアドロ男爵邸(Palau del Baró de Quadras)
クアドロ男爵邸(Palau del Baró de Quadras)
左の角には、カタルーニャ州の守護聖人サン・ジョルディの彫刻が見えます。
次回は是非、中を見学したいです。

この後、トンガリ屋根が印象的でお城のような建物ラス・プンシャス集合住宅(Casa de les Punxes)に向かいました。


【 Next 】ラス・プンシャス集合住宅(Casa de les Punxes)に続く

【 Back 】メルセ祭(La Mercè)で賑わうバルセロナの旅行シリーズに戻る


クアドロ男爵邸(Palau del Baró de Quadras)

Web: http://www.llull.cat/
メモ: 2003年〜2013年までは、Casa Asia(アジアの家)として使用されていましたが、2013年以降は、ラモン・リュイ研究所(Ramon Llull Institute)の所有となっています。


地図



スポンサーリンク


0 件のコメント: