素敵な建物が並ぶ通り「ライエタナ通り(Via Laietana)」の散歩 − バルセロナ・メルセ祭旅行

January 02, 2016

バルセロナ|ライエタナ通り(Via Laietana)

「ライエタナ通り(Via Laietana)」は、かつては「ランブラス通り(Las Ramblas)」と同じく小川だったようです。
今回は海の方「クロム通り(Passeig de Colom)」から山の方に向かって歩いてみました。

メルセ祭(La Mercè)で賑わうバルセロナの旅行シリーズ
今回は「ライエタナ通り(Via Laietana)」です。


バルセロナ中央郵便局(Correos Central Barcelona)
クロム通り(Passeig de Colom)から見ると、郵便局とは思えない存在感。

→バルセロナ中央郵便局(Correos Central Barcelona)
内部の様子は、こちら


Plaça de l'Àngel
地下鉄の駅「Jaume I」があります。
左右どちらの通りからも「サン・ジャウマ広場(Plaça de Sant Jaume)」に行くことができます。


ラモン・ベレンゲール3世広場(Plaça de Ramon Berenguer III)とCasa Valentí Soler(右)
Casa Valentí Solerは、Joan B. Serra Martínezによる設計。


ラモン・ベレンゲール・エル・グランデの像(Estàtua de Ramon Berenguer el Gran)
馬の尻尾の形が、いびつで有名な像です。。


ラモン・ベレンゲール3世広場(Plaça de Ramon Berenguer III)と
旧サンタ・アガタ教会(Santa Ágata Chapel)


Casal del Metge(左)


Plaça d'Antoni Maura


Plaça d'Antoni Maura


サンタ・カタリーナ市場(Mercat de Santa Caterina)
ここからだと、カラフルなモザイク屋根がよく見えます。

サンタ・カタリーナ市場(Mercat de Santa Caterina)
内部の様子は、こちら


Placita de la Seu
「サンタ・クレウ・イ・サンタ・エウラリア大聖堂(La Catedral de la Santa Creu i Santa Eulàlia)=バルセロナ大聖堂」の前の広場です。


改装されたばかりなのか、出窓だけが異様に目立っています。


右のお店、年末は営業していましたが、、もう看板もなくなっています。


Casa Francesc Moragas
中央にある建物は、エンリック・サニエ(Enric Sagnier)の設計。

エンリック・サニエ(Enric Sagnier)の作品
・Caixa de Pensions(la Caixa)
・Casa Dolors Vidal de Sagnier
・Casa Francesc Moragas
Casa Miquel A. Fargas
・Casa Pons i Pascual(Catalana Occidente)
Casa Rodolf Juncadella
・Casal de la Previsió
・カタルーニャモデル二スモ美術館
旧バルセロナ港税関(Aduana del Puerto de Barcelona)
バルセロナ高等裁判所(Palau de Justicia de Barcelona)
・ザグラット・コール教会(Temple Expiatori del Sagrat Cor)


Edifici del Col·legi d'Enginyers Industrials
振り返ると、Antoni Maria de Ferrater i Bofill設計の建物が見えます。


Casa del Gremi dels Velers
中央に見える、装飾「ズグラッフィート(Sgraffito)」の綺麗な建物は
Juan Garrido i Beltráの設計(1758年〜1763年)。
1555年からあったギルドの建物。
右側奥に見える煉瓦色の建物は「世界遺産カタルーニャ音楽堂(Palau de la Música Catalana)」です。


Casa del Gremi dels Velers
見上げても美しい「ズグラッフィート(Sgraffito)」

Casa del Gremi dels Velers
カタルーニャ音楽堂(Palau de la Música Catalana)側みるとこんな感じ。。


Casa Bulbena-Salas(ohla Hotel)
1924年〜1926年に、Joan A. Roigによる設計。
1935年にVilardellが建物を取得し、Eusebi Bonaによって改装されました。
現在は、5つ星の「ohla Hotel」が入っています。



Casa Bulbena-Salas(ohla Hotel)
知らなかったのですが、
実は建物の裏側も目玉がたくさんついているようです。。


Caixa de Pensions(la Caixa)
1913年〜1917年に、エンリック・サニエ(Enric Sagnier)の設計。
銀行の本部として建設されました。


Casal de la Previsió
右側の中世のお城の様な雰囲気の白い建物は、
先程と同じくエンリック・サニエ(Enric Sagnier)の設計。
彫刻は、Eusebi Arnauです。

この後、ランチセットのワインがグラスではなくボトル!!のレストラン「H3」に行ってみました。


【 Next 】レストラン「H3」に続く

【 Back 】メルセ祭(La Mercè)で賑わうバルセロナの旅行シリーズに戻る


ライエタナ通り(Via Laietana)



地図



スポンサーリンク

You Might Also Like

0 コメント

Flickr Images