デュロック駅近くのこじんまりとしたカフェ「カフェ デュロック(Cafe Le DUROC)」 - パリ旅行

July 08, 2015

カフェ デュロック(Cafe Le DUROC)
パリ|カフェ・デュロック(Cafe Le DUROC)

本日は、カウントダウン(?)をエッフェル塔で過ごすために、エッフェル塔に移動しやすい「デュロック駅(DUROC)」の近くのホテルに移動日。

無事移動を終えて、お腹が空いたので、ホテルのすぐ近くにある、観光客いっぱいのブラッセリーを避けて探索していると 「モンパルナス大通(Boulevard de Montparnasse)」と「セーヴル通り(Rue de Sèvres)」の交差点近くにあるこじんまりとしたお店「カフェ・デュロック(Cafe Le DUROC)」を発見したので、入ってみました。

2014〜2015年年越しヨーロッパ旅行(18泊21日+おまけ)シリーズ
今回は「カフェ・デュロック(Cafe Le DUROC)」です。

※写真の料理はconfit de canard

エッフェル塔で迎える静かな年


カフェ・デュロック(Cafe Le DUROC)のレトロな雰囲気の店内

カフェ デュロック(Cafe Le DUROC)
カフェ・デュロック(Cafe Le DUROC)
店内はレトロな雰囲気で、想像したとおり店内には観光客らしき姿がなく、それだけでも満足です。


カフェ デュロック(Cafe Le DUROC)
カフェ・デュロック(Cafe Le DUROC)
ただでさえフランス語はわからないのに、黒板に書かれた「本日のメニュー」のお洒落文字過ぎて読みづらかったのですが、
決して笑顔を見せない、けれど人の良いお店のお兄さんが、本当に丁寧に英語で説明してくれました。


カフェ デュロック(Cafe Le DUROC)
カフェ・デュロック(Cafe Le DUROC)
本日のメインは「鴨のコンフィ(confit de canard)」と「Roti de porc a la moutarde et au miel」。
よくある料理ですが、この「ハニーマスタードソース」が好きです。


カフェ デュロック(Cafe Le DUROC)
カフェ・デュロック(Cafe Le DUROC)
料理が美味しかったので(決して笑顔を見せない)店員さんを呼び止め
「料理が美味しかったので、デザートも食べてみたい」とデザートを頼みました。
そして欲張って「チョコレート・ムース(mousse au chocolat)」と「クレームブリュレ(Crème brûlée)」
甘いものが苦手なはずなのに、フランスに来て、チョコレート・ムースとクレームブリュレの美味しさを知りました(疲れているのかも。。)。

お会計の際に「何処から来たの?」と訊かれ
「日本です、日本来たことある?」ときくと「このお店をしているから行けるわけないじゃん。。」的に言われ(嫌味ではなく)、最後まで笑顔はないけど、良い感じのお兄さんでした。

この後、ピンク色のコリント式の柱が印象的な「カルーゼル凱旋門(arc de triomphe du Carrousel)」まで歩いて行きました。


【 Next 】カルーゼル凱旋門(arc de triomphe du Carrousel)に続く

【 Back 】2014〜2015年年越しヨーロッパ旅行(18泊21日+おまけ)シリーズに戻る


2014年12月


カフェ・デュロック(Cafe Le DUROC)



地図

スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 コメント