ボリュームたっぷり、1934年開業の老舗レストラン「ラヴィントラ・シーホース(Ravintola Sea Horse)」 - ヘルシンキ旅行

October 05, 2015

ラヴィントラ・シーホース(Ravintola Sea Horse)
ヘルシンキ|ラヴィントラ・シーホース(Ravintola Sea Horse)

「ラヴィントラ・シーホース(Ravintola Sea Horse)」は、ガイドブックでもお馴染み1934年開業の老舗レストランです。
街の中心部であり、人々の憩いの場所「エスプラナーディ公園(Esplanadin puisto)」から歩いて、少し遅めのお昼を食べに行ってみました。

Vappuでピクニック・タリンで世界遺産の旧市街散策シリーズ
今回は「ラヴィントラ・シーホース(Ravintola Sea Horse)」 です。


※写真はサーモンのグリル焼き(PARILOITUA LOHTA)



近くにある「聖ジョンズ教会(Johanneksenkirkko)」

聖ジョンズ教会(Johanneksenkirkko)とジョン公園(Johanneksenpuisto)
聖ジョンズ教会(Johanneksenkirkko)とジョン公園(Johanneksenpuisto)
この教会の手前に、有名なレストラン「Ravintola Juuri」もあります。

Ravintola Juuri
Web:http://juuri.fi/



ラヴィントラ・シーホース(Ravintola Sea Horse)の外観

ラヴィントラ・シーホース(Ravintola Sea Horse)
ラヴィントラ・シーホース(Ravintola Sea Horse)



ラヴィントラ・シーホース(Ravintola Sea Horse)の店内

ラヴィントラ・シーホース(Ravintola Sea Horse)
ラヴィントラ・シーホース(Ravintola Sea Horse)
正面の壁に描かれたタツノオトシゴ(シーホース)については
様々な逸話があるそうです。
よくある貧乏な画家が借金の代わりに描いたとか。。。
とにかくこちらのお店は、料理も美味しく、店内は壁やソファーの色合いなど好みの空間でした。


ラヴィントラ・シーホース(Ravintola Sea Horse)
カルヤラ(KARJALA)
フィンランドビールです。



ラヴィントラ・シーホース(Ravintola Sea Horse)

ラヴィントラ・シーホース(Ravintola Sea Horse)
ラヴィントラ・シーホース(Ravintola Sea Horse)
2人で食べましたが
いっぱいいっぱいでした。



ロールキャベツ(KAALIKÄÄRYLEET)

ラヴィントラ・シーホース(Ravintola Sea Horse)
ラヴィントラ・シーホース(Ravintola Sea Horse)
ロールキャベツと言っても
中には牛ひき肉とご飯がはいっているので、見た目以上に重いです。
ベリーソースをつけて食べます。
これを食べると「ヘルシンキに来た!! 」という感じです。。



サーモンクリームスープ(KERMAINEN LOHIKEITTO)

ラヴィントラ・シーホース(Ravintola Sea Horse)
ラヴィントラ・シーホース(Ravintola Sea Horse)
これでもサイズは小です。
2人で分けても十分なサイズです。


この後、「デザインディストリクト」プロジェクトの中心地「プナヴオリ地区(Punavuori)とカンピ地区(Kamppi)の散策」をして帰りました。


【 Next 】プナヴオリ地区(Punavuori)とカンピ地区(Kamppi)に続く

【 Back 】Vappuでピクニック・タリンで世界遺産の旧市街散策シリーズに戻る


2015年5月


ラヴィントラ・シーホース(Ravintola Sea Horse)
Web:http://www.seahorse.fi/
営業時間:10:30〜21:000
定休日:土・日・祝日、12月24〜26日
メモ:Webにも日本語のメニューページがあります。
女性トイレはお店の右奥
男性トイレはお店の手前右


地図


スポンサーリンク
スポンサーリンク

0 コメント