ブルックリンで身体に染み込む味を堪能!「マーロウ&サンズ(Marlow & Sons)」 − ニューヨーク旅行

March 17, 2020

マーロウ&サンズ(Marlow & Sons)
ニューヨーク|マーロウ&サンズ(Marlow & Sons)

「マーロウ&サンズ(Marlow & Sons)」は、ブルックリンカルチャーの生みの親とも言われる「アンドリュー・ターロウ(Andrew Tarlow)」がオーナーのお店です。

今回の旅行中、同じオーナーのお店を2件訪れましたが、どちらも素敵で、美味しかったです。
なお、こちらは日本の食材を使用したものが多く、「新しい味」というより、「身体に馴染んでいる味」でした。

2度目のニューヨークでブルワリーとワイナリー三昧!シリーズ
今回は「マーロウ&サンズ(Marlow & Sons)」 です。


ウィリアムズバーグ橋(Williamsburg Bridge)
予約時間より少し前に到着したので、今回も周囲を歩いてみました。
以前、ちょっと歩いてみた橋です。

ウィリアムズバーグ橋(Williamsburg Bridge)


車のドアでアメリカの国旗柄を作っていますね。


ウィズ・アベニュー(Wythe Ave)
ウィズ・アベニュー(Wythe Ave)
一度、上になにか貼られたみたいですね。


South 6th Street
ウィリアムズバーグを代表する壁画「Mona Lisa of Williamsburg」


ブロードウェイ(Broadway)
ブロードウェイ(Broadway)



マーロウ&サンズ(Marlow & Sons)の外観

マーロウ&サンズ(Marlow & Sons)
マーロウ&サンズ(Marlow & Sons)
右隣に見えるのは、こちらも同じオーナーさんの「ダイナー(Diner)」



食堂車を再利用、ブルックリンの食を牽引するお店「ダイナー(DINER)」

ダイナー(Diner)
ダイナー(Diner)
1999年にオープン。
以前お世話になりましたが、店内の雰囲気も良く、ハンバーガーが美味しかったです。

ダイナー(Diner)


マーロウ&ドーターズ(Marlow & Daughters)

マーロウ&ドーターズ(Marlow & Daughters) マーロウ&ドーターズ(Marlow & Daughters)
こちらも同じオーナーが手がける食料品店「マーロウ&ドーターズ(Marlow & Daughters)」。



マーロウ&サンズ(Marlow & Sons)
マーロウ&サンズ(Marlow & Sons)
予約時間に近づいたので、入ってみました。



マーロウ&サンズ(Marlow & Sons)の店内

マーロウ&サンズ(Marlow & Sons)
マーロウ&サンズ(Marlow & Sons)
手間の食材店


マーロウ&サンズ(Marlow & Sons)
カフェのスペース。


マーロウ&サンズ(Marlow & Sons)
本日は、奥のバー、レストラン部分へ


奥のバー、レストラン空間

マーロウ&サンズ(Marlow & Sons)
マーロウ&サンズ(Marlow & Sons)
奥のカウンターも素敵な雰囲気。
皆さん話に熱が入っています。


マーロウ&サンズ(Marlow & Sons)
マーロウ&サンズ(Marlow & Sons)
こちらはテーブル席。
奥が先程入ってきた、カフェスペースです。


マーロウ&サンズ(Marlow & Sons)
マーロウ&サンズ(Marlow & Sons)
店内は、間接照明のみで
ちょっと薄暗いかも。


マーロウ&サンズ(Marlow & Sons)
マーロウ&サンズ(Marlow & Sons)
飲み物のメニュー。
ハイボール
お酒もあります。


マーロウ&サンズ(Marlow & Sons)
マーロウ&サンズ(Marlow & Sons)
こちらは食べ物のメニュー
現在はカツカレーもあるようで、かなり惹かれます。


マーロウ&サンズ(Marlow & Sons)
マーロウ&サンズ(Marlow & Sons)


マーロウ&サンズ(Marlow & Sons)
マーロウ&サンズ(Marlow & Sons)
Kombu-Cured Pork Shoulder Steak
with Butter Beans, Mustard Greens
昆布で締めた豚の肩肉は、旨味たっぷり。
表面はこんがりカリッとしていて、中は赤身が程よく残る焼き加減で柔らかくジューシー、口に入れた瞬間だけほんのりとマスタードの酸味を感じますが刺々しくはなく、昆布の旨味と豚肉の肉汁とこのほんのりマスタードの酸味が組み合わさって美味しい!

日本人ならなんの違和感もなく、一滴残らず身体に吸収される味でした。


マーロウ&サンズ(Marlow & Sons)
マーロウ&サンズ(Marlow & Sons)
ここの名物「ブリックチキン(Brick Chicken with Grilled Gems, Shiitakes, Koji Jus)」
表面はこんがりと香ばしく、中はしっとり柔らかい!
久々のネギのトッピング。

チキンは塩麹で漬けているので、塩けがきいていて、ソースはシイタケの代わりにマッシュルームがのっている和風パスタのソースのようなあじわい。
こちらも日本人には全く違和感なく食べ慣れている味。

チキンはボリュームも満点で食べ応えあり。日本で食べるローストチキンの倍くらいはありました。


マーロウ&サンズ(Marlow & Sons)
マーロウ&サンズ(Marlow & Sons)
付け合せの焼かれた(激しく焦げた?)ジェムレタス(Little Gem)は、焦げた部分を食べる勇気がなかったのでやめましたが、それ意外は完食してしました(もちろん骨は無理ですが、、)。


ダイナー(Diner)
ダイナー(Diner)

翌日は、窯焼きニューヨークピザを堪能!「ロベルタス・ピッツァ(ROBERTA’S PIZZA)」に行ってみました。


【 Next 】ロベルタス・ピッツァ(ROBERTA’S PIZZA)に続く

【 Back 】2度目のニューヨークでブルワリーとワイナリー三昧!に戻る


2019年4月


マーロウ&サンズ(Marlow & Sons)
Web: http://marlowandsons.com/


地図




0 コメント